シラバス参照

科目名 生物系基礎実習(生理学) 
担当者氏名

川村 智子

湯川 和典

根岸 隆之

都築 孝允

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数 0.5 
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門薬学教育部門-実習科目群 
備考  



準備学習・事後学習
身体の基本的な構造、機能を教科書等で確認しておく。代表的な臓器・組織・骨格などの具体的な配置や役割を理解して、バイタルサインと関連付けて復習する。毎回、実習時間の半分の自学自習(予習・復習)が必要である。 
履修上の留意
遅刻・欠席は原則認めない。
本実習では機能形態学の履修が必要である。採血を伴う実験もあり、安全性と衛生面に注意が必要である。身体機能測定では脱着し易い服装で受講する。身体機能の基本事項、正常値(範囲)を確認しておく。正常値(範囲)からの逸脱と疾病との関連を理解する。
顕微鏡観察を行うため、細胞組織図等を事前に準備しておくことが望ましい。 
授業の概要と目的
身体の成り立ちと身体機能を骨格標本模型、人体解剖模型を観察して理解する。正常なバイタルサインを理解して測定する。基本的な臓器・組織の構造・構成を理解する。4名または8名のグループワーク。本授業はCP②およびDP②に該当する。(科目ナンバリングコード:PP21353) 
サブタイトル
人体の成り立ちを個体、器官、組織、細胞の各レベルで理解する。 
到達目標
人体の基本構造と位置、代表的な器官・組織、身体機能調節・バイタルサインを列挙できる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 生理学(1)
人体の基本構造
人体解剖模型、骨格標本模型の観察 
ヒトの身体を構成する器官、その名称、形態、体内での位置、役割分担、代表的な骨・関節・骨格筋の名称、位置を確認する。
[C7(1)③-1,C7(1)③-3,C7(1)⑤-1,C7(1)⑤-2] 
2. 生理学(2)
細胞・組織観察1
組織標本の顕微鏡観察 
代表的な人体組織・細胞を顕微鏡で確認する。薬の吸収・代謝・排泄に関連する組織構造を学ぶ。
[C7(1)③-2,C7(1)③-4] 
3. 生理学(3)
細胞・組織観察2
血球の観察と測定 
血球の役割を理解して観察する。血中の赤血球・白血球の測定法を理解して測定する。
[C7(1)③-4,C7(1)⑭-1,C7(2)⑨-1] 
4. 生理学(4)
身体機能の測定1
心電図と心臓機能、神経学的検査 
心電図の波形の意味を理解して解析する。対光反射・腱反射の仕組みを理解して測定する。
[E1(2)②-6,C7(1)⑦-1,C7(1)④-2] 
5. 生理学(5)
生体機能の測定2
バイタルサインの測定 
バイタルサインを確認して、正常値を理解する。運動負荷による変動を測定する。
[E1(2)②-6,E1(2)②-8,C7(2)⑤-1,C7(2)⑧-1] 
6. 生理学(6)
生体機能の測定3
肺機能検査
総括と試験 
肺機能の検査方法を理解して測定する。異常値と呼吸器疾患を理解する。
人体の成り立ちと身体機能の理解度を確認する。[E1(2)②-6,E1(2)②-8,C7(1)⑧-1] 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 生物系基礎実習(生理学)実習テキスト  実習担当者  薬学教育開発センター・実習部門 
2. 入門人体解剖学 改訂第5版  藤田恒夫  南江堂 
3. グラフィカル機能形態学  馬場広子  京都廣川書店 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 解剖ワークBOOK  竹内修二  西東社 
2. 入門組織学  牛木辰男  南江堂 
3. グラフィカル機能形態学確認問題演習  馬場広子  京都廣川書店 
授業方法の形式
実験実習 
成績評価方法及び評価基準
確認試験(技能に関する筆記試験)60%、実験ノート15%、実習態度(実験への取り組み姿勢)25%で評価する。レポートにはコメントを加えて返却する。出席は加点要素とはしない。授業回数の2/3以上の出席がない場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
医療人として人体の基本構造や機能を知っておくことは必須である。細胞・組織の知識が薬の作用に重要である。[関連科目:機能形態学I,機能形態学II,機能形態学III,身体変化のメカニズム,異常値のメカニズム] 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2020/03/05 21:17


PAGE TOP