シラバス参照

科目名 薬物動態学1 
担当者氏名

加藤 美紀

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数 1.5 
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門薬学教育部門 
備考  



準備学習・事後学習
1年次後期、2年次前期で受講した機能形態学、生化学、物理化学などの知識が必須であるので、これらの講義内容を十分に理解しておくこと。毎回、授業前に教科書をあらかじめ読んで要点をまとめると共に、授業後、教科書と講義用ノートを元に授業内容について自らまとめておくこと。毎回、講義時間の2倍以上の自学自習をすること。 
履修上の留意
薬物体内動態を理解するためには薬物の物理化学的性質、生体の構造と機能に関する知識を十分に習得しておく必要がある。また、講義中に出てくる薬物の薬理作用・副作用についても自ら調べ学習すること。
本講義ではグループワークや討論を実施することがあるが、積極的に参加する姿勢をもつこと。 
授業の概要と目的
生体に投与された薬物の効果・副作用の強度および持続時間は、血液によって作用部位に到達した薬物量(濃度)で決まることから、薬物の体内での動き(薬物動態)を理解することが必要である。本講義では薬物動態の基本である吸収、分布、代謝、排泄の過程についての知識を習得する。また、薬物動態に影響を及ぼす薬物の物理化学的性質や、疾患に伴う生理状態の変化、さらに臨床で問題となる薬物相互作用の発現機序を理解する。
本授業はCP②およびDP②、③に該当する。(科目ナンバリングコード:PP21505) 
サブタイトル
薬物体内動態(吸収、分布、代謝、排泄)とその影響因子について学ぶ。 
到達目標
基本的な薬物動態に関する知識を習得するとともに、薬物動態に影響を及ぼす因子や薬物相互作用について理解し、説明できる。薬剤師として安全かつ有効な薬物治療の実践に寄与できる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 薬物体内動態総論  薬物体内動態を知ることの重要性と薬物の生体内運命
[E4(1)2-1, E4(1)3-2, E4(1)3-4, E4(1)4-2, E4(1)5-1, E4(1)5-4] 
2. 薬物の吸収  薬物の膜透過機構、薬物の投与部位
[E4(1)1-1] 
3. 薬物の吸収  薬物の膜透過機構、初回通過効果
[E4(1)1-1, E4(1)1-2, E4(1)2-5] 
4. 薬物の吸収  消化管吸収に影響を及ぼす因子、消化管以外からの薬物吸収
[E4(1)2-1, 4(1)2-2, E4(1)2-3] 
5. 薬物の吸収  吸収過程における相互作用
[E4(1)2-4] 
6. 薬物の分布  薬物の生体内での分布と分布容積
[E4(1)3-2, E4(1)3-4, E4(1)3-5] 
7. 薬物の分布  薬物のタンパク結合、分布過程における相互作用
[E4(1)3-1, E4(1)3-2, E4(1)3-3, E4(1)3-6] 
8. 薬物の代謝  薬物代謝反応とプロドラッグ、活性代謝物
[E4(1)4-2, E4(1)4-4] 
9. 薬物の代謝  薬物代謝反応と薬物代謝酵素
[E4(1)4-1, E4(1)4-2, E4(1)4-3] 
10. 薬物の代謝  薬物代謝に影響を及ぼす生体側の因子
[E3(3)1-2, E3(3)2-1, E3(3)2-2] 
11. 薬物の代謝  代謝過程における相互作用
[E4(1)4-5] 
12. 薬物の排泄  薬物の尿中排泄、腎クリアランス
[E4(1)5-1, E4(1)5-2, E4(1)5-3] 
13. 薬物の排泄  薬物の尿中以外への排泄、腸肝循環、排泄過程における相互作用
[E4(1)5-4, E4(1)5-5] 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 薬物動態学 第2版  栄田敏之・山崎浩史・灘井雅行 編集  廣川書店 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 新しい図解薬剤学  森本雍憲 他  南山堂 
2. 新薬剤学  辻 彰 編集  南江堂 
3. 今日の治療薬  水島裕 編集  南江堂 
4. 常用医薬品情報集  辻 彰 編集  廣川書店 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法及び評価基準
中間試験(15%)、定期試験(75%)により評価する。
授業回数の3分の2以上の出席がない場合は欠格とする。
中間試験の講評は、授業中に実施する。
定期試験後に補講を実施し、定期試験の講評、解説等を行う。もしくは、当該期の授業改善アンケート授業科目別報告書の教員のコメント欄に明記する。 
受講生へのメッセージ
薬物治療を安全かつ有効に行うためには、薬物体内動態の理解と把握が必要である。薬剤師は「くすり」の専門家として、薬物動態や薬物相互作用に関する情報を医師やコメディカルに正確かつ有用なものとして提供しなければならない。このためには本講義の内容を完全に理解することが不可欠である。機能形態学、生化学の基礎知識を再確認後、受講すること。また、本講義は薬物動態学2、薬物投与設計の導入部分であることも認識しておいて欲しい。
[関連科目:薬物動態学2、薬物投与設計、薬剤学、製剤学1、製剤学2、薬物治療学] 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/03/04 17:54


PAGE TOP