シラバス参照

科目名 応用演習2(生化学1/2) 
担当者氏名

山田 修平

豊田 行康

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数 0.5 
必選区分 選択科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門薬学教育部門-アドバンスト演習科目群 
備考  



準備学習・事後学習
1年次後期の科目(生化学1、生化学2)について、教科書・講義内容をまとめたノートやプリントで復習し、とくに理解できなかった内容について予習をしておく。毎回、講義時間の1.5倍以上の自学自習をすること。課題を出すことがあるので、その場合は事前に解いておくこと。解けなかったり、間違えていた課題については、しっかりと復習をすること。 
履修上の留意
受講前に必ず、講義の教科書やノート、配布試料などを復習しておくこと。とくに理解できなかった内容については予習をしておくこと。 
授業の概要と目的
薬剤師として幅広い薬学の知識と技能を修得するためには、科学として薬学を理解するための基礎科目の一つである「生化学」を学ぶことが必須である。生命現象を分子レベルで理解しようとするのが生化学である。生化学1〜3を学ぶことにより、身体の仕組みは化学反応の積み重ねとしてとらえうることをわかってもらいたい。身体の仕組みを知り、病態や薬物治療を理解するには、生化学の知識が不可欠である。生化学1、生化学2では、新「薬学教育モデルコアカリキュラム」のC6にある、生命現象を担う分子、生命活動を担うタンパク質について学んだ。ここでは「生化学1」、「生化学2」の主要な項目について、どのように発展し、応用されるかを学ぶことで、この分野への興味をさらにかき立てることを目指す。そこで、より深い知識を習得するための演習を行う。(科目ナンバリングコード:PP21319)
本授業はCP②およびDP③に該当する。 
サブタイトル
生命現象を担う分子、生命活動を担うタンパク質に関する発展的な知識を、演習を通じて確認する。 
到達目標
演習を通じ、生命現象を担う分子、生命活動を担うタンパク質についての、深い知識を修得することを目標とする。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. タンパク質の取り扱い−1(生化学2)  タンパク質の定性と定量法[C6(2)8-1]
タンパク質の分離、精製法[アドバンスト]
授業時間の終わりに理解度を確認するための小テストを実施する。(山田) 
2. タンパク質の取り扱い−2(生化学2)  タンパク質の分子量測定法[アドバンスト]
授業時間の終わりに理解度を確認するための小テストを実施する。(山田) 
3. タンパク質の取り扱い−3(生化学2)  タンパク質のアミノ酸配列決定法[アドバンスト]
授業時間の終わりに理解度を確認するための小テストを実施する。(山田) 
4. (生化学1)  各生体成分(糖質、脂質、アミノ酸(タンパク質)、ビタミン、ミネラル)と健康との関わりー(1)(豊田) 
5. (生化学1)  各生体成分(糖質、脂質、アミノ酸(タンパク質)、ビタミン、ミネラル)と健康との関わりー(2)(豊田) 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. コンパス 生化学  前田正知・浅野真司 編  南江堂 
2. 生化学ガイドブック  遠藤克己,三輪一智  南江堂 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 新スタンダード薬学シリーズ4 生物系薬学 Ⅰ. 生命現象の基礎  日本薬学会編  東京化学同人 
2. ヴォート基礎生化学  D. Voet(田宮信雄 他訳)  東京化学同人 
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
1コマ毎に、20%ずつの評価とする。前半3回は、授業で実施する課題に基づいて評価する。後半2回も提出された課題に基づいて評価する。遅刻/早退は、3回で欠席1回と見なす。欠席2回もしくは欠席1回と遅刻/早退2回で欠格となる。
授業時間内に行った課題(小テストなど)については、授業内で継続的に、解説、講評、質問対応などを行う。 
受講生へのメッセージ
生化学は身体の仕組みを理解するために基本的な科目である。覚えることが多いが、しっかりと身につけるよう努力してほしい。 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 11:12


PAGE TOP