シラバス参照

科目名 化学系基礎実習(有機化学1) 
担当者氏名

武永 尚子

井藤 千裕

髙谷 芳明

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数 0.5 
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門薬学教育部門-実習科目群 
備考  



準備学習・事後学習
・冊子「学生実習における学習上の注意事項」を事前に読んでおくこと。
・「化学系基礎実習テキスト」を読み、実習内容を把握しておくこと。
・本実習は、講義科目「基礎有機化学」および「有機薬化学Ⅰ」の関連科目として予復習に有用である。実習内容に関する事項を教科書等で確認し、理解を深めること。
・日本薬局方の実習に関連した事項を読み、理解すること。
・毎回、実習時間の半分の自学自習(予習・復習)が必要である。 
履修上の留意
・実習は全出席を単位認定の資格要件とする。病気・けが・不慮の事故などによって出席できないときには、その旨を教員に速やかに連絡し、指示を仰ぐこと。
・初めての本格的な有機化学実験のため、実験器具や使用薬品の安全な取り扱いに特に注意する。予習を行い、体調を整えて実習に臨むこと。 
授業の概要と目的
化学系基礎実験の基本操作として、ガラス細工、有機溶媒の性質と取り扱い、エステル化の実習を行い、生成物の再結晶やクロマトグラフィーによる分離精製法を理解する。本実習を通して、実験器具の基本的取り扱い方および講義科目で習得した有機化学の知識を深めることを目的とする。(科目ナンバリングコード:PP21332)

本授業はCP②及びDP②に該当する。

【基礎と臨床の関連】薬剤師に求められる基礎的な科学力を醸成すべく、本実習を通して化学物質の適切な取り扱いを修得する。 
サブタイトル
安全な実験、基本的な実験操作法、簡単な有機反応と分離方法 
到達目標
実験器具の取扱い、ガラス細工などの基本操作を習得する。
エステル合成反応を行い、生成物の分離・精製ができる。
協力して実習に取り組み、実験結果について討議できる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 実習講義(総論)
有機溶媒の性質と取り扱い 
実習の概要、目的、レポートの書き方、諸注意事項。化学実験器具の種類と名称、取り扱い方、有機溶媒の性質と取り扱い。 
2. ガラス細工  ガラス細工のビデオ見学、ガラス細工の実習。 
3. エステルの合成と性質
[C3(3)④2] 
p-ニトロ安息香酸エチルの合成、エステル類の香りの違いと構造式。 
4. 再結晶による精製
[C2(5)①1, 2] 
p-ニトロ安息香酸エチルの再結晶による精製。
o-,p-ニトロフェノールの薄層クロマトグラフィー(TLC)による分離。 
5. 有機化合物の分離(1)
[C2(5)①5] 
o-ニトロフェノールとp-ニトロフェノールのカラムクロマトグラフィーによる分離(その1)。 
6. 有機化合物の分離(2)
[C2(5)①5] 
o-ニトロフェノールとp-ニトロフェノールのカラムクロマトグラフィーによる分離(その2)。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 化学系基礎実習テキスト  化学系基礎実習担当者   
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. フィーザー/ウイリアムソン有機化学実験原書8版  フィーザー/ウイリアムソン  丸善 
2. 新有機化学実験  浅田誠一(他二名)  技報堂出版 
3. スミス基礎有機化学  J. S. Smith  化学同人 
授業方法の形式
実習 
成績評価方法及び評価基準
実習レポートの提出は、必須である。
実習レポート評価点(50%)、実習態度(50%)。

実習態度(実習注意の遵守、実験技能や取り組み姿勢など)に関しては、チェックリストに基づき、実習時間中に評価する。

レポートに関する質問には適宜対応する。 
受講生へのメッセージ
予め実習テキストを読んで実習内容を理解、把握しておくことが大切である。 実験には、常に危険が伴うので、安全を心がけた実習態度が必要である。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 11:00


PAGE TOP