シラバス参照

科目名 物理化学2 
担当者氏名

小田 彰史

丹羽 敏幸

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数 1.5 
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 専門薬学教育部門 
備考  



準備学習・事後学習
準備学習:各回の授業計画で示した範囲の教科書の内容を事前に読んでおくこと.
事後学習:講義内容に関する問題を課題として与えるので,講義内容を復習しつつ次回の講義までに問題の解答を作成しておくこと.
毎回,講義時間以上の2倍以上の自学自習をすること. 
履修上の留意
本講義を履修するためには,物理化学1の知識が必要である.本講義では,物質の物理的性質に関する基礎知識を広く習得する.なかでも物質の状態と変化について学習する.物質の状態については,1)相平衡 2)溶液の化学 3)電気化学 4)化学平衡を,物質の変化については,5)反応速度 6)物質の移動について学ぶ.したがって,物理化学1における自由エネルギー,エンタルピー/エントロピーなど物質の基礎的な理論に関する知識を習得しておく必要がある.また本講義は,製剤学1を学ぶ上でも重要な科目である. 
授業の概要と目的
まず物理化学の基礎である気相・液相・固相平衡について学び,次いで束一性や電解質溶液の性質,電気化学,化学平衡について学ぶ.後半には反応速度論および物質の溶解過程について学ぶ.この講義を通じて,薬物の物理化学的性質の基礎知識を習得し,臨床現場で応用できる技能を身につける.(科目ナンバリングコード:PP21321)
本授業はCP②およびDP②に該当する. 
サブタイトル
物理化学系薬学のステップ(ホップ・ステップ・ジャンプのうち) 
到達目標
薬学生の多くが苦手な物理化学系科目全般に慣れ親しむことができるよう基礎的な知識や理論を低学年のうちに身につけておく. 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 相平衡(1)小田  純物質の相平衡,相律と化学ポテンシャル
[C1(2)5-1] 
2. 相平衡(2)小田  二成分系相図(理想溶液の気相-液相平衡)
[C1(2)5-2,3] 
3. 相平衡(3)小田  二成分系相図(非理想溶液の気相-液相平衡,液相-液相平衡)
[C1(2)5-2,3] 
4. 溶液の化学(1)小田  物質の溶解平衡,溶解度と溶解熱
[C1(2)4-3,4] 
5. 溶液の化学(2)小田  溶液の束一的性質(浸透圧,沸点上昇,凝固点降下)
[C1(2)6-1] 
6. 溶液の化学(3)小田  化学ポテンシャル,活量,活量係数
[C1(2)6-2] 
7. 電気化学 小田  電解質溶液の電気伝導性,化学電池,標準電極電位と起電力
[C1(2)6-3,4][C1(2)7-1,2] 
8. 化学平衡(1)丹羽  酸・塩基平衡,解離定数
[C2(2)1-1,2] 
9. 化学平衡(2)丹羽  pHと電解質の解離,緩衝作用
[C2(2)1-3,4] 
10. 化学平衡(3)丹羽  各種化学平衡(錯体平衡,沈殿平衡,分配平衡)
[C2(2)2-1,2,3,4] 
11. 反応速度論(1)丹羽  反応速度と反応次数,反応速度式(0次,1次,2次反応)[C1(3)1-1,2,3,4] 
12. 反応速度論(2)丹羽  反応速度式の医薬品での応用
[C1(3)1-1,2,3,4] 
13. 反応速度論(3)丹羽  複合反応(可逆反応,平行反応,逐次反応,酵素反応)
[C1(3)1-5]
反応速度の温度依存性,触媒反応
[C1(3)1-6,7] 
14. 補講  14回目の講義を行う場合がある.別途,アナウンスする. 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. コンパス 物理化学(改訂第2版)  遠藤和豊,輿石一郎,日野知証 編  南江堂 
2. 配布プリント     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 物理化学大義 -事象と理論の融合-  青木宏光,長田俊治,橋本直文,三輪嘉尚  京都廣川書店 
2. ベーシック薬学教科書シリーズ 物理化学  石田寿昌  化学同人 
3. 基礎薬学 分析化学(名城版)  中村 洋 (編)  廣川書店 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法及び評価基準
定期試験成績(90%)及び勉学意欲や受講態度(10%)にて評価する.なお,授業回数の3分の2以上の出席がない場合は,欠格として定期試験の受験資格を認めない.
定期試験の講評は,当該期の授業改善アンケート授業科目別報告書の教員のコメント欄に明記する. 
受講生へのメッセージ
物理化学2の学習範囲は,化学物質としての医薬品化合物の物理化学的性質を理解する際に必要となる基本的な知識・技能を身につけることである.ここで得た知識が製剤学1,及び製剤学2を学ぶ上で必要となるので,十分理解しておくことが大切である.
[関連科目:物理化学1,製剤学1,製剤学2,薬物動態学] 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 10:59


PAGE TOP