シラバス参照

科目名 キャリア形成 
担当者氏名

亀井 浩行

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 教養教育部門-薬学準備教育科目群 
備考  



準備学習・事後学習
薬学概論Ⅰ、薬剤師の使命Ⅰ、コミュニケーション基礎を復習しておくこと。
毎回、講義時間の2倍以上の自学自習をすること。 
履修上の留意
私語、遅刻、居眠りなど受講にふさわしくない行為は厳禁とする。 
授業の概要と目的
「キャリア=人生そのもの」という概念のもと、薬剤師としていかに生きるかはもちろんのこと、仕事を含む自分の人生(キャリア)をどうデザインしていくかについてじっくり考える。(科目ナンバリングコード:PP10115) 本授業はCP①およびDP①、⑤に該当する。 
サブタイトル
自己の将来設計について考える。 
到達目標
1年次の自分なりに、自分は将来、何がやりたいのか、自分がやりがいを持てるのは何か、自分をどのように変えていけばいいのかなどについて思い抱けるようになることを目標とする。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 「キャリア」とは  「キャリア」とは何か、「働く」とはどういうことか理解する。A(5)①A(5)③          日本の医療、介護の現状と将来像、医療業界全般について理解する。A(1)④ 
2. 「モチベーション」
ってなに? 
自己分析を行うと伴に、自分の価値観、成功体験や自信のつけ方について考える。A(5)① 
3. 病院薬剤師の話を聞く  キャリアに関わる意思決定のポイントを聞く。A(1)② 
4. 薬局薬剤師の話を聞く  キャリアに関わる意思決定のポイントを聞く。A(1)② 
5. 薬局薬剤師(在宅医療)の話を聞く  キャリアに関わる意思決定のポイントを聞く。A(1)② 
6. 企業人(製薬企業)の話を聞く  キャリアに関わる意思決定のポイントを聞く。A(1)② 
7. 企業人(治験)の話を聞く  キャリアに関わる意思決定のポイントを聞く。A(1)② 
8. 自分の生涯キャリアを考える
まとめ 
自分のキャリア形成のシートを作成する。A(1)①A(5)①A(5)③
「自分はこんな人、薬剤師になりたい」について、グループ内で自分の意見を発表する。A(1)①A(5)①A(5)③ 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. キャリアデザインブック  西鶴智香  薬事日報社 
参考文献
授業方法の形式
講義/グループディスカッション/発表 
成績評価方法及び評価基準
講義のレポート評価(100%)。
2/3以上の出席がない場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
この講義を通じて、自分自身のこと、人生でやりたいことを整理し、人生プランを描けるきっかけとしてください。 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2020/03/05 16:37


PAGE TOP