シラバス参照

科目名 薬剤師の使命1 
担当者氏名

飯田 耕太郎

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数 1.5 
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 教養教育部門-薬学準備教育科目群 
備考  



準備学習・事後学習
事前に新聞やメディアから薬剤師活動、地域医療における健康管理、医療安全、薬害防止における薬剤師の使命・役割について情報を入手し、学生同士で学び合いができるよう準備しておきましょう。講義で新たに学んだ薬剤師の使命・役割について振返り学習、チーム学習で学び合い、理解を深めましょう。講義後は、毎回、講義時間の1.6倍以上の自学自習をすること。 
履修上の留意
この授業では講義、復習、振返り学習、チーム基盤型学習(TBL)、まとめ講義を組合せ、薬剤師の使命と役割について理解を深める。
1.授業の流れ:講義⇒復習⇒振返り学習⇒チーム基盤型学習(TBL)⇒まとめ講義
2.講義:社会で活躍している薬剤師から薬剤師の使命・役割について講義を受講する。
3.復習:講義で学んだ内容を自己学習する。不明な点は教科書や参考文献等で調べ内容を理解する。
4.振返り学習:講義で学んだ内容が理解できているかチームで振返り学習する。
5.チーム基盤型学習(TBL):講義内容について理解を深めるために5名のチームでディスカッションしながら学び合う。
6..まとめ講義:重要な点を中心に、まとめ講義で知識を補完する。 
授業の概要と目的
薬剤師を志して入学した1年次が、医療の担い手としての薬剤師の使命・役割を理解することで薬学を学ぶモチベーションを見出し、自ら学ぶ姿勢を身に付ける。本授業はCP①およびDP①、⑤に該当する。(科目ナンバリングコード:PP10109) 
サブタイトル
医療人として、薬剤師が果たすべき使命・役割についてチームで学び合い、ディスカッションすることができる。 
到達目標
医療の担い手として薬剤師の使命・役割を理解し、薬学を学ぶモチベーションの向上を目指す。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 薬剤師の使命Ⅰの講義について(飯田耕太郎)[A(1)②,③,④]  薬剤師の使命・役割および薬学の歴史と未来について理解を深めるための薬学教育プログラムの内容、学習方法として予習、講義、復習、振返り学習、チーム学習、まとめ講義についての学習概要を学ぶ。 
2. 医療の担い手としての病院薬剤師の使命・役割について(1)(野田幸裕)[A(1)②,③]  医療の担い手として患者中心の医療、医療安全において病院薬剤師が果たすべき使命・役割について学び、相応しい態度を醸成していく。 
3. 医療の担い手としての病院薬剤師の使命・役割について(2)(野田幸裕)[A(1)②,③]  医療の担い手として医薬品の適正使用において病院薬剤師が果たすべき使命・役割について事例を交えて学ぶ。 
4. 医療の担い手としての病院薬剤師の使命・役割について(3)(飯田耕太郎)[A(1)②,③]  医療の担い手として病院薬剤師の使命・役割について振返り学習し、その後、チーム学習・討議(TBL)により理解を深める。患者中心の医療、医療安全、医薬品の適正使用についてまとめ講義で補完する。 
5. 医療の担い手としての薬局薬剤師の使命・役割について(1)(堀 美智子)[A(1)②,③,B(4)①,②]  医療の担い手として、薬局薬剤師が果たすべき使命・役割およびファーマシューティカルケアについて学び、相応しい態度を醸成していく。 
6. 医療の担い手としての薬局薬剤師の使命・役割について(2)(堀 美智子)[A(1)②,③,B(4)①,②]  医療の担い手として、薬局薬剤師が果たすべき使命・役割およびセルフメディケーションについて学び、相応しい態度を醸成していく。 
7. 医療の担い手としての薬局薬剤師の使命・役割について(3)(飯田耕太郎)[A(1)②,③,B(4)①,②]  医療の担い手として薬局薬剤師の使命・役割について振返り学習し、その後チーム学習・討議(TBL)により理解を深める。ファーマシューティカルケア、セルフメディケーションについてまとめ講義で補完する。 
8. 多職種連携協働における薬剤師の使命・役割について(1)(水野紀子)[A(1)②,③,B(4)①,②]  医療の担い手としての薬剤師が多職種連携協働とチーム医療で果たすべき使命・役割について学ぶ。 
9. 多職種連携協働における薬剤師の使命・役割について(3)(飯田耕太郎)[A(1)②,③,B(4)①,②]  医療の担い手としての薬剤師が多職種連携協働とチーム医療で果たすべき使命・役割について、振返り学習し、その後チーム学習・討議(TBL)により理解を深める。医療における多職種連携協働とチーム医療についてまとめ講義で補完する。 
10. 健康管理、疾病予防における薬剤師の使命・役割について(1)(狭間研至)[A(1)②,③,④,B(4)①,②]  医療の担い手として、健康管理、疾病予防において薬剤師が果たすべき使命・役割について学び、薬剤師としての使命感を醸成していく。 
11. 健康管理、疾病予防における薬剤師の使命・役割について(2)(梅村紀匡)[A(1)②,③,④,B(4)①,②]  医療の担い手として、健康管理、疾病予防において薬剤師が果たすべき使命・役割について学び、患者・生活者の視点に立ち、相応しい態度を醸成していく。 
12. 健康管理、疾病予防における薬剤師の使命・役割について(3)(飯田耕太郎)[A(1)②,③,④,B(4)①,②]  医療の担い手として、健康管理、疾病予防において薬剤師が果たすべき使命・役割について振返り学習し、その後チーム学習・討議により理解を深める。健康管理、疾病予防についてまとめ講義で補完する。 
13. 医療の担い手として、患者安全と薬害防止に努める薬剤師の使命・役割についてまとめ講義(飯田耕太郎)[A(1)②,③,B(4)①,②]  医療の担い手として患者安全と薬害防止に努め、薬剤師が果たすべき使命・役割について自覚していくことで、相応しい態度を醸成していく。薬害被害者の講演を聞き、その原因と社会的背景及びその後の対応を学ぶ。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 薬学総論Ⅰ(スタンダード薬学シリーズ)Ⅱ1  日本薬学会編集  東京化学同人 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 薬学生・薬剤師のためのヒューマニズム  後藤恵子  羊土社 
2. 薬学生のためのヒューマニティ・コミュニケーション学習  小林静子  南江堂 
3. 薬学総論Ⅱ(薬学と社会)スタンダード薬学シリーズ第2巻  日本薬学会編集  東京化学同人 
4. ヒューマニズム・薬学入門  日本薬学会  東京化学同人 
授業方法の形式
予習、講義、復習、振返り学習、チーム学習、まとめ講義を組合せた形式 
成績評価方法及び評価基準
毎週提出する課題レポート90%、最終週のまとめの課題レポート10%、総合評価で60%以上を合格とする。3分の2以上の出席がない場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
薬学生には、医療現場で必要な知識・技能はもとより、豊かな人間性、高い倫理観、医療人としての教養とコミュニケーション能力、問題解決能力を身につけることが求められています。広い視野から薬剤師の医療と社会における使命を学び、医療の担い手としての薬剤師になることを認識する機会にしよう。薬学生としての自覚を持ち、薬剤師を取り巻く医療問題について積極的に学ぶ姿勢を身につけることを目指します。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 11:01


PAGE TOP