シラバス参照

科目名 基礎化学 
担当者氏名

井藤 千裕

全開講対象学科 薬学部(6年)薬学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数 1.5 
必選区分 必修科目 
学期・曜日・時限  
部門 教養教育部門-薬学準備教育科目群 
備考  



準備学習・事後学習
・準備学習:本科目の内容は、高校の化学と大学の有機化学の橋渡しを兼ねているため、事前にシラバスの授業内容を確認し、高校化学の教科書、指定されたテキスト、および配布資料の該当する内容に目を通して授業に臨むこと。
・事後学習:その日に習った内容について、テキスト、配布資料等を総合して自分なりのノートを作成し、さらにテキスト等の練習問題を解き、知識の定着に努めること。
・毎回、講義時間の2倍以上の自学自習をすること。 
履修上の留意
・大学で学ぶ化学、特に有機化学は、高校で学ぶ化学とは異なり、理解を伴わない暗記に頼った学習はそぐわない。本科目ではそれを踏まえて、なぜそのように考えるのかといった理由付けや、他の事象との関連性を大事にし、テキストに書かれていない説明に時間を割く。したがって、テキストに書いてある内容については、自学自習を求める。
・生命現象を含む化学反応の多くは、原子や電子にまで立ち帰り、結合や構造の諸原理に基づいた説明が可能である。本質的な原理を学ぶことで、様々な有機分子の性質や反応を論理的に理解しようとする学問が有機化学である。有機化学は臨床につながる薬学の他の学問分野の基礎を成し、本科目ではその有機化学の基礎を学ぶため、受講生には高い習熟度が求められる。得た知識を必要に応じて使えることができる様、自分なりに整理し、テキストや資料の問題を解くことによって使い方を学ぶこと。
・授業計画と実際の進行度合は、前回授業の振り返りの度合により多少ズレることがある。 
授業の概要と目的
「基礎化学」では、化合物の成り立ちを理解する上で、改めて原子の構造や結合の様式を学び直す。その過程で、有機化合物や無機化合物の物理的性質及び化学的反応性が、それらの化学構造や電子的状況に基づいていることを理解する。
ここで学ぶ内容は医薬品の創生に関わる知識として必要不可欠であるとともに、臨床現場でも体内動態変化の考察や薬物の相互作用等の理解に繫がる。(科目ナンバリングコード:PP10303)
本授業はCP①およびDP②に該当する。 
サブタイトル
原子の電子配置から結合様式及び化学構造を理解し、分子の化学的性質を予測する。 
到達目標
・オクテット則に基づき、ルイス構造式を書くことができる。
・混成軌道の概念について、またそれに基づく分子の形について説明できる。
・真の構造を理解した上で共鳴構造を書くことができる。
・単純な構造の分子間で酸性度または塩基性度を比較することができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 構造と結合 (第1章)  周期表、結合、ルイス構造式、異性体、オクテット則およびその例外について習得する。テキストp1~p14
[C3(1)1-3] 
2. 構造と結合 (第1章)  分子の形の決定、有機分子の構造の書き方、混成(メタン)について習得する。テキストp21~p34
[C1(1)1-1][C1(1)1-2] 
3. 構造と結合 (第1章)  混成(エタン、エチレン、アセチレン)、結合の長さと結合の強さ、電気陰性度と結合の極性、分子の極性について習得する。 テキストp35~p49
[C1(1)1-2] 
4. 構造と結合 (第1章)  共鳴について習得する。  テキストp14~p21
[C1(1)1-3][C3(1)1-3,4] 
5. 酸と塩基(第2章)  酸と塩基の定義、カーブした矢印による反応の表し方、酸の強さとpkaについて習得する。  テキストp58~p66
[C3(1)1-5,9] 
6. 小試験および酸と塩基(第2章)  第1章に関する小試験
酸・塩基反応の結果の予測について習得する。  テキストp66~p71
[C3(1)1-4,5、C3(3)7-1] 
7. 酸と塩基(第2章)  酸の強さを決定する因子について習得する。  テキストp71~p78
[C3(1)1-4,5、C3(3)7-1] 
8. 酸と塩基(第2章)  一般的な酸と塩基、ルイス酸とルイス塩基について習得する。  テキストp78~p85
[C3(1)1-4,5、C3(3)7-1] 
9. 有機分子と官能基 (第3章)  官能基について習得する。  テキストp92~p102
[C1(1)2][C3(3)1-1] 
10. 有機分子と官能基 (第3章)  分子間力、物理的性質、溶解性の利用について習得する。  テキストp102~p117
[C1(1)2] 
11. 有機分子と官能基 (第3章)
および演習1 
細胞膜、官能基と反応性、生体分子について習得する。  テキストp117~p124
[C1(1)2] テキストの問題の演習を通して基礎化学の総復習を行う。 
12. 無機化合物  典型元素、オキソ酸、遷移元素
[C3(5)1] 
13. 演習2  テキストの問題の演習を通して基礎化学の総復習を行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. スミス基礎有機化学 上 第5版  山本尚、大嶌幸一郎 ほか  化学同人 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 困ったときの有機化学  D.R.クライン  化学同人 
2. ソロモンの新有機化学(第11版) I  池田正澄、上西潤一、奥山格ほか  廣川書店 
3. 無機化学  青木 伸  化学同人 
授業方法の形式
講義形式(演習を含む) 
成績評価方法及び評価基準
定期試験(90%)の結果に,レポート(10%)を加味して総合的に評価する。ただし、定期試験において6割以上とることが必須。また、2/3以上の出席がない場合は欠格とする。課題(レポート)については、授業内で継続的に解説、講評、質問対応などを行う。定期試験の講評は、薬学部ポートフォリオ、または、当該期の授業改善アンケート授業科目別報告書の教員のコメント欄に明記する。 
受講生へのメッセージ
「基礎化学」は1年次後期の「基礎有機化学」、2〜3年次の「有機薬化学1〜3」につながる導入部分の内容であるため、理解度が低いと後継科目の理解度に関わる。わからない点は後回しにせず、できる限り早い段階で問題点をクリアしておくこと。日頃の予習、復習が重要である。 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 10:59


PAGE TOP