シラバス参照

科目名 化学実験1 
担当者氏名

木全 梨加

神藤 定生

全開講対象学科 理工学部材料機能工学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-理工学基礎科目 
備考 本授業では、100点満点中60点以上を合格とする。本授業の対応する学習・教育到達目標 F4 A0
本授業はCP2・4およびDP2に該当する 



準備学習・事後学習
準備学習:各回の授業計画で指定された部分のテキストを事前に読み、実験の原理・目的を理解しておくこと。

事後学習:各回の実験内容を復習し、実験ノートを整理すること。

毎回、実験時間の半分程度を目安に課題に取り組み、実験結果について考察を行うこと。

報告書ついては、提出時に講評する。

実験ノートについては、採点の際に内容についてコメントする。 
履修上の留意
化学1、化学2、化学実験1、化学実験2は化学を専門としない理工系の学生も履修することが望ましい。 
授業の概要と目的
種々の化学現象を理解するためには、実際に物質に触れ、現象を観察する実験を体験することが重要である。化学実験1では、化学実験2とともに、初心者にとってもやさしく、かつ身近なテーマを選択するよう配慮した。各操作の意味や目的、あるいは原理を十分考えることにより、化学の本質に迫ることが可能である。将来、理工学系の専門を修得しようとする学生にとってはこの程度の実験を学習しておく必要がある。本実験では、毎回2~3人のグループに分かれて実験を進め、実験結果についてディスカッションをした後に報告書を提出する。(科目ナンバリングコード:J科TJ11012、E科TE11012、Z科TZ11012、O科TO11012、M科TM11012、T科TT11012、R科TR11012、C科TC11012、K科TK11012、A科TA11012) 
サブタイトル
体験して知る化学の面白さ 
到達目標
定性分析・容量分析の原理と実験方法の理解および習得ができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 実験のガイダンス  実験室における心得、化学実験のスケジュールと成績評価,化学実験の進め方とまとめ方 
2. 金属イオンの各個反応  第1属~第3属(Ag(+), Hg(2)(2+), Cd(2+), Cu(2+), Fe(3+), Cr(3+))

(レベル:第1属~第3属の金属イオン固有の呈色反応を理解する。) 
3. 金属イオンの各個反応  第4属~第6属(Ni(2+), Zn(2+), Ca(2+), Ba(2+), K(+))

(レベル:第4属~第6属の金属イオン固有の呈色反応を理解する。) 
4. 金属イオンの系統分析  Ag(+), Cu(2+), Fe(3+),Cr(3+), Ni(2+), Ca(2+), K(+) 混合試料からの分離・検出

(レベル:沈殿生成反応による金属イオンの分離と固有反応による検出法を理解する。) 
5. 中和滴定  水酸化ナトリウム溶液の濃度の測定,水酸化ナトリウムと炭酸ナトリウムの混合溶液中のそれぞれの濃度の測定

(レベル:酸・塩基反応の化学量論を理解する。) 
6. 酸化還元滴定  天白川のCODの測定

(レベル:酸化還元反応の実用例を理解する。) 
7. キレート滴定  名古屋市水と名城大学井戸水のCa(2+),Mg(2+)の定量

(レベル:キレート形成反応の利用例を理解する。) 
8. レポート(実験ノート)の作成  レポート(実験ノート)を作成する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 基礎化学実験  名城大学理工学部化学教室  学術図書出版社 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
実験 
成績評価方法及び評価基準
ガイダンスの理解確認 10%
レポートの提出と評価 90% 
受講生へのメッセージ
化学実験1では、化学実験2とともに、初心者にとってもやさしく、かつ身近なテーマを選択するよう配慮した。高等学校までの化学の得意・不得意にかかわらず新しい気持ちで取り組むことができるよう配慮している。 
参考URL
1. 特に無し   
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 11:06


PAGE TOP