シラバス参照

科目名 電気化学 
担当者氏名

内田 儀一郎

全開講対象学科 理工学部電気電子工学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-電気電子工学専門科目 
備考 本授業はCP2・4およびDP2に該当する 



準備学習・事後学習
講義内容について復習すること。

講義前に教科書を読み、内容を予習すること。

試験・課題の解説は個別に対応する。
毎回、講義時間の2倍の自学自習が求められます。 
履修上の留意
化学1、化学2、電気電子物性論1、電気電子物性論2を履修していることが望ましい。 
授業の概要と目的
電気化学は、エネルギー問題や環境問題の解決に向けた社会的要請により、近年ますますその重要性を増しており、電池をはじめ、材料合成、エレクトロニクスなど、多岐にわたる分野で活かされている。本講義では、最初に電気化学の基礎理論について概説し、二次電池や燃料電池といったエネルギー貯蔵媒体や光電気化学などの話題を取り入れ、電気化学に関する技術を説明する。(科目ナンバリングコード:TE31210) 
サブタイトル
到達目標
電気化学の基礎から応用までを学び、現代社会における電気化学の有用性を理解する。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 電気化学の基礎  講義の進め方について、電気化学の概要、電解質溶液の性質

レベル:電気化学の歴史と電気化学の重要性、および電解質溶液について理解できる。 
2. 電池の起電力、電極電位  電気分解、起電力

レベル:電気分解、電池の起電力、ネルンストの式について説明できる。 
3. 電極と電解液界面構造  電気二重層  

レベル:電気二重層の基本概念、構造、モデルおよび界面動電現象について説明できる。 
4. 電極反応速度  ファラディの法則、電極反応速度

レベル:ファラディの法則を理解し、電極反応速度について説明できる。 
5. 光電気化学  光電気化学

レベル:半導体バンド構造および半導体光電極の光吸収について説明できる。 
6. 電解合成  電解合成の基礎と応用

レベル:電解合成の基礎を理解し、応用について説明できる。 
7. 一次電池、二次電池  一次電池、二次電池       

レベル:一次電池および二次電池の原理について説明することができる。 
8. 燃料電池、電気化学キャパシタ  燃料電池     

レベル:燃料電池および電気化学キャパシタの原理について説明することができる。 
9. 化学平衡、化学ポテンシャル  化学ポテンシャル、平衡電極電位   

レベル:電気化学系の平衡について説明することができる。 
10. 光電気化学応用  光触媒、湿式太陽電池

レベル:光触媒および湿式太陽電池の原理について説明することができる。 
11. 化学センサー  化学センサー  

レベル:化学センサーの原理について説明することができる。 
12. 金属の腐食と防食、表面処理  金属の腐食と防食、表面処理   

レベル:金属の腐食現象について理解し、防食および表面処理の原理について説明することができる。 
13. 電気化学測定法(1)  電気化学測定法の分類   

レベル:電気化学の測定法について具体的に例を挙げて説明できる。サイクリックボルタンメトリーの原理を理解できる。 
14. 電気化学測定法(2)  サイクリックボルタンメトリー、交流インピーダンス法   

レベル:電気化学の測定法について具体的に例を挙げて説明できる。 
15. 総括  全体まとめ  

レベル:電気化学の基礎を理解し、二次電池や燃料電池等の重要技術について説明することができる。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 電子移動の化学-電気化学入門  渡辺正,中林誠一郎  朝倉書店 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 電気化学 基礎と応用  大坂武男、岡島武義、松本太、北村房男(訳)  東京化学同人 
2. トコトンやさしい電気化学の本  石原顕光  日刊工業新聞社 
3. 電池がわかる電気化学入門  渡辺正、片山靖  オーム社 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法及び評価基準
中間試験(50%)と定期試験(50%)で評価する。 
受講生へのメッセージ
電気化学は、電気電子工学と化学の融合教科である。そのため、これまで履修してきた電気電子工学科の各教科の深い理解が前提となる。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/03/31 13:09


PAGE TOP