シラバス参照

科目名 電気電子工学基礎実験 
担当者氏名

伊藤 昌文

内田 儀一郎

中條 渉

平松 美根男

益田 泰輔

村田 英一

村本 裕二

全開講対象学科 理工学部電気電子工学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-電気電子工学専門科目 
備考 本授業はCP2・3・4およびDP2に該当する 



準備学習・事後学習
準備学習は,実験前にWebClass(電気電子基礎実験)にてテキストを印刷し,熟読して実験に望むこと。さらにテキストの更新が頻繁に実施されるので前日まで確認すること。また測定機器の使い方を調べておくこと。事後学習は,レポート作成に十分時間をつかうこと。報告書の解説は,追・再試験終了後に研究室で個別に対応する。
毎回、実験・実習の半分の自学自習が求められます。 
履修上の留意
全ての実験に参加し,到達目標を達成した報告書を提出することで,本科目の単位を修得できる。体調管理に十分気をつけ,休まないようにすることが必要である。本実験のテキストは,WebClass(電気電子基礎実験)より入手し,事前に学習すること。またWebClass(電気電子基礎実験)は頻繁に更新されるので常に確認をしておくことが重要である。全テーマ履修した上で成績を評価します。一つでも未履修のテーマがあれば,欠格となります。 
授業の概要と目的
電気電子工学分野の実験に必要となる基本的な実験装置の使い方と実験データのまとめ方を学ぶ。

電気電子の現象は肉眼では見えない。そのために観察・測定技術は不可欠である。この基礎実験では,測定器(直流電源と電圧計/電流計,ファンクションジェネレータとオシロスコープなど)の使い方を学び,電子部品(抵抗・コンデンサ・コイル・ダイオード・トランジスタ)を使った回路を作製する。また,実験報告書の書き方の訓練をする。(科目ナンバリングコード:TE21401) 
サブタイトル
電気電子工学の基本実験装置の使い方と実験報告書の作成方法の習得 
到達目標
1)表やグラフの書き方を修得する。

2)オシロスコープ,アナログテスター,デジタルマルチメータ,ファンクションジェネレータが使用できる。

3)誤差,最小二乗法,有効数字,標準偏差などを理解し,測定結果を定量的にを評価できる。

4)電気回路図が書ける。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. テスターの製作1 担当者:村本 裕二  電気電子の現象を測定するための簡単な計測器(アナログテスター)を製作する。抵抗器のカラーコードから抵抗値を読むことができる。 
2. テスターの製作2 担当者:村本 裕二  電気電子の現象を測定するための簡単な計測器(アナログテスター)を製作する。抵抗器のカラーコードから抵抗値を読むことができる。 
3. 長さの測定1 担当者:益田 泰輔  ものさし及びノギス(マイクロメーター)の使用法を理解し,物体の形状を測定し描画する。正しい表の書き方を学び,誤差,標準偏差を算出する。 
4. 長さの測定2 担当者:益田 泰輔  ものさし及びノギス(マイクロメーター)の使用法を理解し,物体の形状を測定し描画する。正しい表の書き方を学び,誤差,標準偏差を算出する。 
5. アナログ測定1 担当者:平松 美根男  アナログテスターの使用法を理解し,簡単な回路で電流,電圧,抵抗を測定する。また,グラフの作成方法を学ぶ  
6. アナログ測定2 担当者:平松 美根男  アナログテスターの使用法を理解し,簡単な回路で電流,電圧,抵抗を測定する。また,グラフの作成方法を学ぶ  
7. デジタル測定1 担当者:伊藤 昌文  簡単なデジタル計測器としてデジタルマルチメーターの使用法を理解する。簡単な回路で電流,電圧,抵抗を測定する。また,最小二乗法,有効数字を算出する。 
8. デジタル測定2 担当者:伊藤 昌文  簡単なデジタル計測器としてデジタルマルチメーターの使用法を理解する。簡単な回路で電流,電圧,抵抗を測定する。また,最小二乗法,有効数字を算出する。 
9. 交流電圧測定1 担当者:村田 英一  オシロスコープと発信器としてファンクションジェネレータの使用方法を理解する。簡単な回路で,交流電圧を測定する。電気信号の周波数や,時間遅延について理解する。 
10. 交流電圧測定2 担当者:村田 英一  オシロスコープと発信器としてファンクションジェネレータの使用方法を理解する。簡単な回路で,交流電圧を測定する。電気信号の周波数や,時間遅延について理解する。 
11. 交流・直流重畳電圧測定1 担当者:内田 儀一郎  直流電源の使用方法を理解する。簡単な回路で,直流交流重畳電圧電圧を測定する。 
12. 交流・直流重畳電圧測定2 担当者:内田 儀一郎  直流電源の使用方法を理解する。簡単な回路で,直流交流重畳電圧電圧を測定する。 
13. 赤外線リモコンの製作1 担当者:中條 渉  身近な装置として赤外線リモコンの製作をする。製作するリモコンの電気回路図を作成できる。 
14. 赤外線リモコンの製作2 担当者:中條 渉  身近な装置として赤外線リモコンの製作をする。製作するリモコンの電気回路図を作成できる。 
15. ゲルマラジオの作製 担当者:村本 裕二  電源不要なゲルマラジオの作製を実施する。グラフ,表の書き方を復習する。また,測定結果の評価方法を復習し,各テーマの実験報告書を加筆修正し,提出する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. WebClass(電気電子基礎実験)テキストをダウンロードしてください。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 各実験毎に適宜配布の場合もある。     
授業方法の形式
実験 
成績評価方法及び評価基準
1)作製する赤外線リモコン,アナログテスターが正常に動作する 

2)各テーマについて実験報告書を提出することが必要とされる。実験による評価(実験参加度,授業態度等)40%,報告書による評価(テスタ作製,赤外線リモコンの完成品評価も含む)60%で採点する。全テーマの実験実施,報告書の提出にて単位は認定される。一つでも未実験があれば欠格となり,来年度の再履修(全テーマ履修)となる。 
受講生へのメッセージ
電気電子工学分野の実験に必要となる実験装置の使い方と実験報告書(レポート)の書き方を学ぶ科目である。本科目は,電気電子工学実験1,2,3及び卒業研究などの科目と関連しており,研究者・技術者に必要とされる基本的なスキルを身につけるものである。実験ガイダンスは,コース分けセミナー時(在学生ガイダンス3月25日)に実施する。再履修者は特に注意すること。また実施予定等も随時変更の可能性があるため,掲示および教員等の指示に注視すること。 
参考URL
1. WebClass(電気電子基礎実験)   
画像
ファイル
更新日時 2020/10/10 15:58


PAGE TOP