シラバス参照

科目名 電気電子ゼミナール1 
担当者氏名

内田 儀一郎

太田 貴之

熊谷 慎也

児玉 哲司

竹田 圭吾

田崎 豪

中條 渉

都竹 愛一郎

平松 美根男

堀田 一弘

益田 泰輔

増山 岳人

村上 祐一

村田 英一

村本 裕二

山﨑 初夫

山中 三四郎

伊藤 昌文

小林 健太郎

全開講対象学科 理工学部電気電子工学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-電気電子工学専門科目 
備考 本授業はCP2・3・4およびDP3に該当する 



準備学習・事後学習
準備学習:「理科系の作文技術」「日本語の作文技術」「分かりやすい説明の技術」を読む.

事後学習:課題のレポートを作成し,提出すること.
毎回、ゼミ時間の半分の自学自習が求められます。 
履修上の留意
レポートは,Wordなどで作成する. 
授業の概要と目的
電気電子工学科において,それぞれが自ら学修計画を立て,主体的な学びを実践できることを目指し,カリキュラムの編成・実施の方針,それらと卒業後の進路との関係性を学ぶ.また,学修の実践の基本となる理科系の作文技術やプレゼンテーションの技術,技術者倫理を学ぶ.(科目ナンバリングコード:TE11401) 
サブタイトル
到達目標
それぞれが自ら学修計画を立て,主体的な学びを実践できる. 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  カリキュラムの編成・実施の方針 
2. 生活指導,教育相談1  能力・適性や学修に対する意欲,目的意識に応じた個別指導 
3. 理科系の作文技術1  準備作業(立案),文章の組立て,パラグラフ,文の構造と文章の流れ レベル:文の構造と文章の流れ等について理解し,レポートを作成できる. 
4. 理科系の作文技術2  はっきり言い切る姿勢,事実と意見,わかりやすく簡潔な表現 レベル:わかりやすく簡潔な表現等について理解し,レポートを作成できる. 
5. 日本語の作文技術  修飾する側とされる側,修飾の順序,句読点のうちかた,漢字とカナの心理,助詞の使い方 レベル:助詞の使い方等について理解し,レポートを作成できる. 
6. 生活指導,教育相談2  能力・適性や学修に対する意欲,目的意識に応じた個別指導 
7. 分かりやすい説明の技術1  「分かる」とはどういうことか,説明術・基礎編 レベル:説明術・基礎編等について理解し,レポートを作成できる. 
8. 分かりやすい説明の技術2  説明術・応用編,「分かりやすい説明」のチェックポイント レベル:「分かりやすい説明」のチェックポイント等について理解し,レポートを作成できる. 
9. 進路指導1  JEMA日本電機工業会との連携による進路指導 
10. 進路指導2  キャリアセンターとの連携による進路指導 
11. 生活指導,教育相談3  能力・適性や学修に対する意欲,目的意識に応じた個別指導 
12. TOEIC1  企業が期待するTOEICスコア,eラーニングシステム(ATR CALL BRIX) レベル:それぞれが自らの英語のレベルを理解する. 
13. TOEIC2  eラーニングシステム(ATR CALL BRIX) レベル:それぞれが自らの英語の学修計画を立てる. 
14. 技術者倫理  技術者の社会的責任と倫理,技術者の行動規範,研究倫理 レベル:研究倫理などについて理解し,レポートを作成できる. 
15. 進路指導3  卒業生との連携による進路指導 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 理科系の作文技術  木下是雄  中央公論社 
2. 日本語の作文技術  本多勝一  朝日新聞出版 
3. 分かりやすい説明の技術  藤沢晃治  講談社 
参考文献
授業方法の形式
講義 
成績評価方法及び評価基準
レポート 100%。ただし、出席回数が 3 分の 2 に満たない場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 11:12


PAGE TOP