シラバス参照

科目名 数学基礎演習1 
担当者氏名

土田 哲生

全開講対象学科 理工学部数学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-理工学基礎科目 
備考 本授業はCP1およびDP2に該当する 



準備学習・事後学習
予習として、各回の授業に関する情報を収集して読んでおくこと。

復習として、授業内容をレポート用紙などにまとめ理解を深めること。

課題(小テストやレポート等)については、授業内で継続的に解説、講評、質問対応等をおこなう。
毎回、講義時間の半分の自学自習が求められます。 
履修上の留意
受講者の高校数学の習熟状況,および前期の微積分1、線形代数1の習熟状況に応じて授業の進度を調節する.高校までの数学で理解しずらいとおもわれるところに重点を置いて学習する.与えられた問題で解けないものがあれば高校・大学の教科書に戻ってよく学習し直しておくこと.ほかにも理解が不十分と思う箇所があればあらかじめ学習し直しておくこと.それでもわからないところがあるときは質問して,理解不十分なままに放置しないこと. 
授業の概要と目的
大学の基礎数学科目である微積分学と線形代数学を理解するのに必要な内容を重点的に復習する.(科目ナンバリングコード:SS11017) 
サブタイトル
到達目標
大学レベルの数学を理解するのに十分な基礎力をつける. 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 微分法  直線の傾き,接線,微分係数,導関数 
2. 微分法  具体的な関数の導関数,微分可能性,極値 
3. 行列  計算法則,逆行列,一次変換 
4. 行列式  計算法則,連立一次方程式 
5. 行列とベクトル  固有値と固有ベクトル 
6. 平面図形と行列  一次変換,曲線の平行移動・回転移動 
7. 微分法  合成関数・逆関数の導関数,平均値の定理 
8. 微分法  高次導関数,関数の整級数展開 
9. 微分法  速度と加速度 
10. 微分法  2変数関数の導関数 
11. 積分法  不定積分 
12. 積分法  置換積分,部分積分 
13. 積分法  いろいろな関数の不定積分 
14. 積分法  定積分1 
15. 積分法  定積分2 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 解析学の基礎  鈴木紀明  学術図書出版 
2. 基礎線形代数学  硲野敏博,加藤芳文  学術図書出版 
参考文献
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
レポート100%、ただし出席回数が3分の2未満の場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
微分積分と線形代数は数学科で過ごす4年間の基礎となる科目ですから,確実に理解する必要があります.同時に,多くの演習問題にあたることにより必ず克服できる科目でもあります.頑張りましょう. 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 11:08


PAGE TOP