シラバス参照

科目名 数学講究 
担当者氏名

内村 佳典

江尻 典雄

大西 良博

小澤 哲也

鍜治 俊輔

加藤 芳文

許斐 豊

齊藤 公明

鈴木 紀明

土田 哲生

冨田 耕史

長郷 文和

日比野 正樹

前野 俊昭

三町 祐子

村瀬 勇介

植松 哲也

全開講対象学科 理工学部数学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-数学専門教育科目 
備考 本授業はCP3およびDP3に該当する 



準備学習・事後学習
準備を怠らず自分のテーマに主体的に取り組むこと.ゼミ発表後は,指定された教科書だけでなく,関連する問題を図書館の文献などを利用して調べ,自分なりに理解を深めておくこと. 
履修上の留意
関連する分野の3年次までの講義内容については理解していることが前提とされる.よく復習しておくこと. 
授業の概要と目的
数学講究は4年間の数学の勉強の集大成である.1年間をかけ,各自の研究テーマにじっくり取り組んでほしい.(科目ナンバリングコード:SS41112) 
サブタイトル
卒業研究セミナー 
到達目標
3年次までの数学の内容についての理解の確認と応用 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 植松 哲也  四元数環と 2 次形式, 整数の分割などについて輪講形式で学び,理解を深める. 
2. 内村 佳典  機械学習・統計的アルゴリズム・グラフと関連する確率モデルについて学ぶ. 
3. 江尻 典雄  テキストを輪読する.分担箇所についてプレゼンテーションする. 
4. 大西 良博  代数的整数論を中心に,進んだ数学を学ぶ. 
5. 小澤 哲也  曲線と曲面の位相幾何と微分幾何について学ぶ. 
6. 鍜治 俊輔  測度論と確率論を中心に行う.学生諸君が望む分野でもよい. 
7. 加藤 芳文  キャンパス・ゼミを通して学ぶ, 数学の基礎と応用. 
8. 許斐 豊  輪講と計算機の実習を通し,数論についての知見を深める. 
9. 齊藤 公明  確率過程,超関数などを通じ,無限次元解析の基礎を修得する. 
10. 鈴木 紀明  複素関数論の応用として,調和関数の基礎理論を学ぶ. 
11. 土田 哲生  応用解析の復習と発展をセミナー形式で学ぶ. 
12. 冨田 耕史  素数判定の教材および数学と音楽の教材を輪読形式で学ぶ. 
13. 長郷 文和  位相幾何学的視点から多様体の性質を調べる. 
14. 橋本 英哉  射影幾何学の基礎を理解する. 
15. 日比野 正樹  複素関数論、常微分方程式論,差分方程式論を総合的に学習する. 
16. 前野 俊昭  母関数の手法を軸に,数え上げ問題の系統的な扱いを学ぶ. 
17. 三町 祐子  離散数学の初歩を輪講形式で学び,グラフと最適化問題を考える. 
18. 村瀬 勇介  解析学・数値計算・情報技術・数学教育などから各自テーマを選択して学習を行う. 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 各ゼミで指定されたテキストを使用する.     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 各ゼミで必要に応じて紹介する.     
授業方法の形式
研究 
成績評価方法及び評価基準
授業中の討論参加,プレゼンテーション,卒業論文等により総合的に評価する. 
受講生へのメッセージ
数学を楽しみつつ各自のテーマに積極的に取り組んでもらいたい.しかるべき理由の無い欠席は認めない. 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/01/17 09:25


PAGE TOP