シラバス参照

科目名 基礎ゼミナール1 
担当者氏名

早藤 英俊

全開講対象学科 理工学部数学科
理工学部情報工学科
理工学部電気電子工学科
理工学部材料機能工学科
理工学部応用化学科
理工学部機械工学科・機械システム工学科
理工学部交通機械工学科
理工学部メカトロニクス工学科
理工学部社会基盤デザイン工学科
理工学部環境創造工学科・環境創造学科
理工学部建築学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 総合基礎部門-総合基礎科目 
備考 本授業は、S科CP3 DP2、J科CP1・4 DP1、E科CP1・4 DP1、Z科CP1・4 DP1、O科CP1・4 DP3、M科CP1・4 DP3、T科CP3・4 DP2、R科CP1・4 DP1、C科CP1 DP1、K科CP1 DP1、A科CP1 DP1に該当する 



準備学習・事後学習
学習した内容を1時間またはそれ以上かけて整理し、次回の学習内容が容易に理解できるよう準備する。

授業中の課題、レポートについては授業内で解説、評価、質問対応を行う。最終レポートについては必要に応じて個別に対応する。 
履修上の留意
将来の職業としてエンジニアを志す人で、そのための準備学習として、公益社団法人自動車技術会が主催するものつくりコンペティション「学生フォーミュラ日本大会」に出場する車両(競走用自動車)の開発チームに参加を希望し、エンジニアリングのための学習活動を継続できる人を対象に開講します。 
授業の概要と目的
工学が「ものつくり」のため学問であることを実感できるようになるために、ものつくりの課題として、「学生フォーミュラ日本大会」に参加する車両を取り上げ、設計・製作における工学の役割を学ぶ。(科目ナンバリングコード:S科SS10015、J科TJ10015、E科TE10015、Z科TZ10015、O科TO10015、M科TM10015、T科TT10015、R科TR10015、C科TC10015、K科TK10015、A科TA10015) 
サブタイトル
エンジニアへの道を歩むために 
到達目標
競走用自動車の設計・製作にあたり、何を学ばねばならないかを理解する。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 学生フォーミュラ大会とは(1)  「全日本学生フォーミュラ大会」の概要

(1) 開催の趣旨について解説する。 
2. 学生フォーミュラ大会とは(2)  「全日本学生フォーミュラ大会」の概要

(2) 大会の歴史と名城大学 学生フォーミュラプロジェクトについて紹介する。 
3. 学生フォーミュラ大会とは(3)  「全日本学生フォーミュラ大会」の概要

(3) 静的イベントの審査内容について解説する。 
4. 学生フォーミュラ大会とは(4)  「全日本学生フォーミュラ大会」の概要

(4) 動的イベントの審査内容について解説する。 
5. 学生フォーミュラ大会とは(5)  「全日本学生フォーミュラ大会」の概要

(5) 設計・製作における規則(regulation)を理解することの重要性を解説する。

○ 学生フォーミュラ大会について理解する 
6. 力学の基礎(1)  物体に作用する力とモーメント

 圧縮力、引っ張り力、曲げモーメント、ねじりモーメントについて演習する。 
7. 力学の基礎(2)  物体の運動

 力と加速度、速度の関係について演習する。

○ 力学の基礎的内容を理解する。 
8. 自動車の基本的要件(1)  自動車が自動車であるために必要なこと

「走る」、「曲がる」、「止まる」について概説する。 
9. 自動車の基本的要件(2)  「走る」ための装置

(1) エンジンの働きについて解説する。 
10. 自動車の基本的要件(3)  「走る」ための装置

(2) 変速機、駆動装置、タイヤについて解説する。 
11. 自動車の基本的要件(4)  「曲がる」ための装置

操舵装置について解説する。 
12. 自動車の基本的要件(5)  「止まる」ための装置

 制動装置について解説する。

○ 自動車の運動に必要な基本要素を理解する 
13. 競技用自動車の車体構造(1)  パイプフレーム構造

 パイプ材で構成された車体について解説する。 
14. 競技用自動車の車体構造(2)  安全のための構造

 クラッシュエリア、ファイアーウォールなど、運転者を保護する機能部材について解説する。

○ 競技用自動車の車体構造の概要を理解する。 
15. まとめ  「学生フォーミュラ大会」に出場する車両に関する要件を整理する。

○ 競技用自動車の概要を理解する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
授業方法の形式
ゼミナール 
成績評価方法及び評価基準
レポート(100%) 
受講生へのメッセージ
将来エンジニアになりたい人で、実践的な学習経験をしたい人は、ぜひ、「学生フォーミュラ大会」に挑戦してください。この大学で何を学ばねばならないかが見えてくるはずです。 
参考URL
1. 学生フォーミュラ大会2019  
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 11:11


PAGE TOP