シラバス参照

科目名 地域経済論 
担当者氏名

伊藤 健司

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-現代社会部門 
備考  



準備学習・事後学習
準備学習として、前回授業時に指示された課題について新聞などで情報を収集してまとめる。事後学習として、講義の際に分からなかった部分について文献等で調べて理解する。また、指示された文献を読むことにより、さらに理解を深める。定期試験について、学生ポータルサイトで講評をおこなう。毎回、授業時間の2倍の自学自習が必要である。 
履修上の留意
経済地理学、中小企業論、物流論、交通論など地域の産業に関わる講義、また、フィールドワークに関連する授業も受けることが望ましい。 
授業の概要と目的
私たちは、名古屋あるいは名古屋大都市圏といわれる地域で生活しているが、必ずしもその実態を十分に把握しているわけではない。そこで名古屋大都市圏・東海地方の産業と地域経済について、様々な視点から詳細にその特徴を講義していく。まずは地元の地域経済の理解を深めることを目的とする。本授業はDP2/CP2に関連する。(科目ナンバリングコード:経済EE21513、産社EI21513) 
サブタイトル
名古屋・東海地方の産業と地域経済 
到達目標
名古屋大都市圏・東海地方の特徴を、地域経済、産業という視点から理解する。また、経済活動を、企業の視点からだけではなく、地域の視点からも捉える感覚を身につけてもらいたい。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. オリエンテーション  半期の講義の概要について説明する。 
2. 名古屋市・名古屋大都市圏・東海地方の位置づけ  名古屋市、名古屋大都市圏、あるいは東海地方(静岡県、岐阜県、愛知県、三重県)の全国的な位置付けを理解する。 
3. 東海地方の産業構造とその変化  地域経済は、その地域の産業構造や地域構造を基盤としてなりたっている。ここでは、東海地方の産業構造の特徴と変化について基本的状況を理解する。 
4. 東海地方の経済の地域的差異  東海地方はその中に多様性を有する。経済活動に関する地域的差異を理解する。 
5. 名古屋の形成と発展  江戸時代に城下町としての名古屋が形成されて以来、近代、現代とどのように名古屋が発展してきたのか、その都市形成や産業の成長をたどる。 
6. 名古屋大都市圏の構造変化  名古屋大都市圏の発展と近年の構造変化について検討する。 
7. セントラルタワーズと名古屋都心部の変化  JR名古屋駅ビルとしてセントラルタワーズが開業して20年近くが経過し、都市の再開発も進展している。タワーズが地域経済に与えた影響を、商業機能、業務機能など様々な側面から検討する。 
8. 中心産業としての自動車産業  この地域の中心産業である自動車産業について、その基本的構造を踏まえるとともに、国内外での展開が進む中での、この地域の方向性を考える。 
9. 東海地方の航空宇宙産業  東海地方は自動車産業の中心地であるだけではなく、航空宇宙産業においても中心的な役割を果たしている。東海地方の航空宇宙産業の特徴や他産業とのつながりをみていく。 
10. 浜松地域の産業発展  楽器、オートバイ、自動車など特徴ある産業を有する浜松地域に着目し、 新しい産業を生み出す力、産業間のつながりをみる。 
11. 三重県の液晶関連産業  三重県の液晶関連産業について、現在の状況と課題を検討する。 
12. 東海地方の繊維産業  かつて東海地方の中心的な産業であった繊維産業について変化と現状を理解する。 
13. 東海地方の窯業  東海地方には、美濃焼、瀬戸焼、常滑焼、三州瓦などの生産地がある。特徴的な東海地方の窯業の動向について理解する。 
14. 東海地方の観光  東海地方の観光の特徴について理解する。 
15. まとめ  これまでの授業のまとめをおこなう。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. プリントを配布する     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 『基本ケースで学ぶ地域経済学』  中村剛治郎(編)  有斐閣 
2. 『地図で読む百年 中部1・2』  平岡昭利・野間晴雄(編)  古今書院 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法及び評価基準
レポート(3回):100% 
受講生へのメッセージ
授業は主に配布プリントと資料提示により進める。また、参考文献は、それぞれの授業時に関連するものを紹介していく。 
参考URL
1. 授業時に案内する。   
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 11:07


PAGE TOP