シラバス参照

科目名 専門ゼミナール3(卒業研究) 
担当者氏名

松尾 秀雄

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール部門 
備考  



準備学習・事後学習
卒業研究(論文)の作成指導をおこなう。



通常は論文作成に必要な著書を選んで、講読していく。



毎回、授業時間の2倍の自学自習が必要です。 
履修上の留意
自分の研究テーマを志望してからこの演習に臨んでください。 
授業の概要と目的
卒業研究・論文作成を指導する。(科目ナンバリングコード:経済EE41101、産社EI41101)本授業はDP2/CP2、3に関連する。 
サブタイトル
経済理論およびその周辺領域での研究の指導。 
到達目標
卒業レポートもしくは論文が提出できるようにいくつかの著作を中心に研究する。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ゼミ生の研究テーマの検討  研究領域について話し合う 
2. 文献の確認  基本文献についての候補を挙げる。 
3. 引用についてのルール  先行研究の引用の仕方を教授する 
4. 引用についてのルール  引用する場合には出典を明記するが、参考文献表記にはルールがあり、表記法について指導。 
5. 基本文献を入手し、読み進める。  基本文献を入手し、読み進める。 
6. 基本文献を入手し、読み進める。  基本文献を入手し、読み進める。 
7. 研究の方法の検討  どの理論を使うか、検討。 
8. 論文作成の手引き  研究方法には理論とその有効性の比較考量が不可欠である。 
9. 宇野弘藏の原論体系  既成のマルクス経済学の代表的な理論をまなぶ。 
10. 宇野弘藏の原論体系  既成のマルクス経済学の代表的な理論をまなぶ。 
11. 宇野弘藏の原論体系  論文作成の手引き 
12. 宇野弘藏の原論体系  論文作成の手引き 
13. 宇野弘藏の原論体系  宇野弘藏の原論体系 
14. マルクス『資本論』の検討  マルクス『資本論』の検討 
15. マルクス『資本論』の検討  マルクス『資本論』の検討 
16. マルクス『資本論』の検討  マルクス『資本論』の検討 
17. マルクス『資本論』の検討  マルクス『資本論』の検討 
18. マルクス『資本論』の検討  マルクス『資本論』の検討 
19. マルクス『資本論』の検討  マルクス『資本論』の検討 
20. マルクス『資本論』の検討  マルクス『資本論』の検討 
21. マルクス『資本論』の検討  論文作成の手引き 
22. マルクス『資本論』の検討  マルクス『資本論』の検討 
23. マルクス『資本論』の検討  マルクス『資本論』の検討 
24. マルクス『資本論』の検討  マルクス『資本論』の検討 
25. マルクス『資本論』の検討  マルクス『資本論』の検討 
26. マルクス『資本論』の検討  マルクス『資本論』の検討 
27. 学生の原稿を検討する  添削の開始 
28. 学生の原稿を検討する  添削の開始 
29. 学生の原稿を検討する  添削の開始 
30. 学生の原稿を検討する  添削の開始 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 経済原論講義  山口重克  東大出版会 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 使用しない     
授業方法の形式
論文を完成させる作業を行う。 
成績評価方法及び評価基準
提出された卒業レポートを審査する。この割合は、100%である。 
受講生へのメッセージ
自分の研究の領域を決定し、文献を渉猟する。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/03/03 16:41


PAGE TOP