シラバス参照

科目名 専門ゼミナール3(卒業研究) 
担当者氏名

西山 徹

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール部門 
備考  



準備学習・事後学習
各授業において予習課題および復習課題を課すので、毎回、授業時間の2倍の自学自習が必要です。課題(小テストやレポート等)については,授業内で継続的に解説,講評,質問対応等を行う 
履修上の留意
「書かれたもの」を題材として論じていただきます。



テーマとしては、文学作品の経済学的分析、経済学史などが望ましいです。



論文作成を目的としていますので、受講生の論文執筆進度に応じて授業を進めます。 
授業の概要と目的
前期は論じるとはどういうことなのか、またどのようにして論じていけばいいのかについて考えます。後期は前期で学んだことを実践して論文を作成します。(科目ナンバリングコード:経済EE41101、産社EI41101)本授業はDP2/CP2、3に関連する。 
サブタイトル
論文とは何か 
到達目標
論じるとはどういうことなのかを理解した上で論文を作成することを目標とします。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. イントロダクション  ゼミの概要などを説明します。 
2. 論じるとは何か  論じるとはどういうことなのかについて考えます。 
3. 論文分析  論文を書く立場に立って様々な論文を読んで分析します。 
4. 論文分析  論文を書く立場に立って様々な論文を読んで分析します。 
5. 論文分析  論文を書く立場に立って様々な論文を読んで分析します。 
6. 論文分析  論文を書く立場に立って様々な論文を読んで分析します。 
7. 受講者によるテーマ設定  論じる対象とテーマを設定します。 
8. 文献の扱い方について  文献の収集方法、表記方法などを指導します。 
9. アイディアの提示と分類  論じる対象に関して考えたことを発表します。 
10. 抽象化・具体化  具体的な情報を抽象的に総合してみます。また抽象的に書かれたことを具体的事象に当てはめてみます。 
11. 仮説を立てる  自分なりの仮説を立てます。 
12. 根拠の提示  仮説を証明する根拠を考えます。 
13. 仮説への反論  自分の仮説に対する反論を考えます。 
14. 結論の明確化  結論を明確化させて論文の要旨を書きます。 
15. 前期のまとめ  前期に学んだことについて総括を行います。 
16. 受講生による発表  前期に学んだことに基づいて書いた論文の草稿を発表していただきます。 
17. 受講生による発表  前期に学んだことに基づいて書いた論文の草稿を発表していただきます。 
18. 受講生による発表  前期に学んだことに基づいて書いた論文の草稿を発表していただきます。 
19. 受講生による発表  前期に学んだことに基づいて書いた論文の草稿を発表していただきます。 
20. 受講生による発表  前期に学んだことに基づいて書いた論文の草稿を発表していただきます。 
21. 受講生による発表  前期に学んだことに基づいて書いた論文の草稿を発表していただきます。 
22. 受講生による発表  前期に学んだことに基づいて書いた論文の草稿を発表していただきます。 
23. 受講生による発表  前期に学んだことに基づいて書いた論文の草稿を発表していただきます。 
24. 受講生による発表  前期に学んだことに基づいて書いた論文の草稿を発表していただきます。 
25. 受講生による発表  前期に学んだことに基づいて書いた論文の草稿を発表していただきます。 
26. 受講生による発表  前期に学んだことに基づいて書いた論文の草稿を発表していただきます。 
27. 受講生による発表  前期に学んだことに基づいて書いた論文の草稿を発表していただきます。 
28. 受講生による発表  前期に学んだことに基づいて書いた論文の草稿を発表していただきます。 
29. 受講生による発表  前期に学んだことに基づいて書いた論文の草稿を発表していただきます。 
30. まとめ  これまでの授業で学んだことについて総括を行います。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. プリント配布     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
演習形式 
成績評価方法及び評価基準
論文によって評価します。 
受講生へのメッセージ
この授業は論文作成を目的としたものですので、学生が主体的に動くことによって機能します。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/02/27 11:09


PAGE TOP