シラバス参照

科目名 専門ゼミナール3(卒業研究) 
担当者氏名

杉本 大三

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール部門 
備考  



準備学習・事後学習
日頃から学術論文を多く読み、「論文」という文章形式に慣れておくこと。また講義後は、講義中に提示した課題に取り組むこと。毎回,授業時間の2倍の自学自習が必要である。授業期間中に出した課題については,授業内において継続的な解説,講評等を行う。 
履修上の留意
何について研究して、どのような論文を執筆したいのか、自分でよく考えてから講義に臨むこと。 
授業の概要と目的
卒業論文の完成に向けて研究指導を行う。課題の発見、先行研究のサーベイ、調査の実施、論文の執筆という一連の作業を経験し、独りで研究を行うための総合的な力を養う。(科目ナンバリングコード:経済EE41101、産社EI41101)本授業はDP2/CP2、3に関連する。 
サブタイトル
卒業論文執筆指導 
到達目標
(1)経済学の知見を生かしながら論理的に思考することができる。



(2)オリジナリティと説得力を備えた論文を作成できる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  ゼミの進め方を受講生と相談する。 
2. 研究テーマの設定(1)  研究テーマを設定する。 
3. 研究テーマの設定(2)  研究テーマを設定する。 
4. 基本文献の検討(1)  研究テーマに関連する基本的な文献を検討する。 
5. 基本文献の検討(2)  研究テーマに関連する基本的な文献を検討する。 
6. 基本文献の検討(3)  研究テーマに関連する基本的な文献を検討する。 
7. 基本文献の検討(4)  研究テーマに関連する基本的な文献を検討する。 
8. 基本文献の検討(5)  研究テーマに関連する基本的な文献を検討する。 
9. 資料の収集と分析(1)  論文の執筆に必要な資料を収集し、その内容を分析する。  
10. 資料の収集と分析(2)  論文の執筆に必要な資料を収集し、その内容を分析する。  
11. 資料の収集と分析(3)  論文の執筆に必要な資料を収集し、その内容を分析する。  
12. 資料の収集と分析(4)  論文の執筆に必要な資料を収集し、その内容を分析する。  
13. 資料の収集と分析(5)  論文の執筆に必要な資料を収集し、その内容を分析する。  
14. 実地調査の計画(1)  先行研究や関連文献のサーベイを踏まえて、実地調査の課題を明確化し、その実施計画を作成する。 
15. 実地調査の計画(2)  先行研究や関連文献のサーベイを踏まえて、実地調査の課題を明確化し、その実施計画を作成する。 
16. 調査の実施と調査結果の整理(1)  論文執筆に必要な調査を実施し、その結果を整理する 
17. 調査の実施と調査結果の整理(2)  論文執筆に必要な調査を実施し、その結果を整理する 
18. 調査の実施と調査結果の整理(3)  論文執筆に必要な調査を実施し、その結果を整理する 
19. 中間報告(1)  文献調査と実地調査の結果を踏まえて、詳細な論文執筆構想を発表する。 
20. 中間報告(2)  文献調査と実地調査の結果を踏まえて、詳細な論文執筆構想を発表する。 
21. 論文執筆(1)  執筆中の論文の内容を検討する。 
22. 論文執筆(2)  執筆中の論文の内容を検討する。 
23. 論文執筆(3)  執筆中の論文の内容を検討する。 
24. 論文執筆(4)  執筆中の論文の内容を検討する。 
25. 論文執筆(5)  執筆中の論文の内容を検討する。 
26. 論文執筆(6)  執筆中の論文の内容を検討する。 
27. 論文修正(1)  完成した論文を詳細に検討し、必要な修正を加える。 
28. 論文修正(2)  完成した論文を詳細に検討し、必要な修正を加える。 
29. 論文修正(3)  完成した論文を詳細に検討し、必要な修正を加える。 
30. 授業のまとめ  これまでの授業で学んだことについて総括を行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜指示する。     
授業方法の形式
ゼミ形式 
成績評価方法及び評価基準
授業での研究報告 50%、卒業論文 50%。 
受講生へのメッセージ
自分が興味を持ったことをどんどん調べていって、いろいろなことがわかるようになるのはとても楽しいことです。論文がまとまらなくて苦しい思いをすることもあるかもしれませんが、必ず乗り越えられます。そして論文が完成したときには、自分が成長したことを実感できるはずです。また、調査や資料収集を通じて養われる行動力やコミュニケーション能力は、卒業して社会に出ても必ず役に立つはずです。しっかり取り組んでください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/02/10 17:56


PAGE TOP