シラバス参照

科目名 専門ゼミナール3(卒業研究) 
担当者氏名

渋井 康弘

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール部門 
備考  



準備学習・事後学習
専門ゼミナール1・2で学んだことを復習しておくこと。



毎回、授業時間の2倍の自学自習が必要です。

報告・卒論に対する講評、評価の根拠は卒業記念パーティーでお伝えします。 
履修上の留意
工業経済論、産業技術論、現代資本主義入門が、関連科目です。 
授業の概要と目的
後輩の指導をしつつ、自身の卒業論文を作成する。(科目ナンバリングコード:経済EE41101、産社EI41101)本授業はDP2/CP2、3に関連する。 
サブタイトル
現代資本主義の専門的分析 
到達目標
経済学の専門研究を行っている者として、現代資本主義に関する専門論文を作成し、自説を展開できるようになることが目標です。経済学士の称号を得るのに恥ずかしくない卒論を作成してください。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 研究テーマの確認  メンバー各自の研究テーマを紹介しあい、討論する。 
2. 下級生との質疑応答  現代資本主義に関する下級生からの質問に答えつつ、自身の研究テーマへの考察を深める。 
3. 下級生との質疑応答  現代資本主義に関する下級生からの質問に答えつつ、自身の研究テーマへの考察を深める。 
4. 下級生との質疑応答  現代資本主義に関する下級生からの質問に答えつつ、自身の研究テーマへの考察を深める。 
5. 下級生との質疑応答  現代資本主義に関する下級生からの質問に答えつつ、自身の研究テーマへの考察を深める。 
6. 下級生との質疑応答  現代資本主義に関する下級生からの質問に答えつつ、自身の研究テーマへの考察を深める。 
7. 下級生との質疑応答  現代資本主義に関する下級生からの質問に答えつつ、自身の研究テーマへの考察を深める。 
8. 下級生との質疑応答  現代資本主義に関する下級生からの質問に答えつつ、自身の研究テーマへの考察を深める。 
9. 卒業論文中間報告  卒業論文の課題と構成の発表、質疑応答。 
10. 卒業論文中間報告  卒業論文の課題と構成の発表、質疑応答。 
11. 卒業論文中間報告  卒業論文の課題と構成の発表、質疑応答。 
12. 卒業論文中間報告  卒業論文の課題と構成の発表、質疑応答。 
13. 卒業論文中間報告  卒業論文の課題と構成の発表、質疑応答。 
14. 卒業論文中間報告  卒業論文の課題と構成の発表、質疑応答。 
15. 卒業論文中間報告  卒業論文の課題と構成の発表、質疑応答。 
16. 卒業論文第2次報告  卒業論文の予稿作成、発表、質疑応答。 
17. 卒業論文第2次報告  卒業論文の予稿作成、発表、質疑応答。 
18. 卒業論文第2次報告  卒業論文の予稿作成、発表、質疑応答。 
19. 卒業論文第2次報告  卒業論文の予稿作成、発表、質疑応答。 
20. 卒業論文第2次報告  卒業論文の予稿作成、発表、質疑応答。 
21. 卒業論文第2次報告  卒業論文の予稿作成、発表、質疑応答。 
22. 卒業論文第2次報告  卒業論文の予稿作成、発表、質疑応答。 
23. 卒業論文最終報告  卒業論文の改訂版予稿発表、質疑応答、最終原稿作成。 
24. 卒業論文最終報告  卒業論文の改訂版予稿発表、質疑応答、最終原稿作成。 
25. 卒業論文最終報告  卒業論文の改訂版予稿発表、質疑応答、最終原稿作成。 
26. 卒業論文最終報告  卒業論文の改訂版予稿発表、質疑応答、最終原稿作成。 
27. 卒業論文最終報告  卒業論文の改訂版予稿発表、質疑応答、最終原稿作成。 
28. 卒業論文最終報告  卒業論文の改訂版予稿発表、質疑応答、最終原稿作成。 
29. 卒業論文最終報告  卒業論文の改訂版予稿発表、質疑応答、最終原稿作成。 
30. 卒業論文最終報告  卒業論文の改訂版予稿発表、質疑応答、最終原稿作成。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
卒業論文:70%。ゼミナールでの発言:30%。 
受講生へのメッセージ
ゼミ活動の柱は、毎回のゼミでの討論と論文作成です。ゼミ生同士積極的に批判しあい、またお互いの良さを認め合い、本当の信頼関係を築いてゆきましょう。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/02/10 17:56


PAGE TOP