シラバス参照

科目名 専門ゼミナール3(卒業研究) 
担当者氏名

佐土井 有里

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール部門 
備考  



準備学習・事後学習
卒業論文のテーマを考え、資料収集を始めておくこと。



毎回、授業時間の2倍の自学自習が必要です。授業期間中に行われた課題については、授業内において、継続的な解説、講評等を行う。
期末レポートについては、講評を行って、Campusmate-Jの「講義連絡登録」により、受講者に送信する。 
履修上の留意
自分の専門分野をつきつめ、論文に仕上げることは、大学生活の総括です。クリティカルシンキング、論理的に考えることを常に心がけてください。 
授業の概要と目的
ゼミナール1・2を発展させ、ゼミナール論文を作成する(科目ナンバリングコード:経済EE41101、産社EI41101)本授業はDP2/CP2、3に関連する。 
サブタイトル
アジア経済発展 
到達目標
自分で課題を見つけ、調査し、まとめあげる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. テーマ設定  卒業論文の書き方 1 
2. データ収集  卒業論文の書き方 2 
3. データ収集  卒業論文のデータ収集方法 1



  
4. テーマについて討論  卒業論文のデータ収集方法 2 
5. テーマについて討論  テーマ決定 
6. テーマについて討論  アウトライン作成 
7. テーマについて討論  アウトラインの検討 
8. テーマについて討論  個人報告1 
9. テーマについて討論  個人報告2 
10. テーマについて討論  個人報告3 
11. テーマについて討論  個人報告4 
12. テーマについて討論  個人報告5 
13. 中間報告会  グループ討議 
14. 1章執筆  内容検討 
15. 1章執筆  内容検討 
16. 調査  内容検討 
17. データ収集  内容検討 
18. データ収集  内容検討 
19. 論文執筆  内容検討 
20. 論文執筆  内容検討 
21. 論文執筆  個人報告 1



はじめにの書き方と報告 
22. 論文執筆  個人報告 2



3人の報告を聞き、内容検討 
23. 論文執筆  個人報告 3



3人の報告を聞き、内容討議 
24. 論文報告会  個人報告 4



プレゼンテーションで論文構想発表 
25. 論文報告会  個人報告 5



プレゼンテーションで論文構想発表 
26. プレゼンテーション  論文のプレゼンテーション 1 
27. プレゼンテーション  論文のプレゼンテーション 2 
28. プレゼンテーション  論文のプレゼンテーション 3 
29. まとめ  卒業論文内容確認 
30. まとめ  卒業論文内容確認 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 日本・台湾産業連携とイノベーション  佐土井有里  創成社 
2. 随時紹介     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 随時紹介     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
ゼミでの学習態度40% 卒業論文60% 



全体討議での貢献度を重要視します。 
受講生へのメッセージ
将来のため、自分の専門分野を持ち、自分の考えを持とう。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/02/10 17:56


PAGE TOP