シラバス参照

科目名 専門ゼミナール3(卒業研究) 
担当者氏名

岸川 富士夫

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール部門 
備考  



準備学習・事後学習
毎回、授業時間の2倍の自学自習が必要です。ゼミレポート(卒業論文)作成のための著作・論文・資料等と読み、まとめること。さらに、毎回の授業内容を文章化すること。



授業期間中に行われた課題については、授業内に、継続的な解説、講評等を行う。



期末レポート(卒業論文)については、講評を行って、campusmate-Jの「講義連絡登録」により、受講者に送信する。 
履修上の留意
社会学、社会思想史、経済思想史を履修することが望ましい。 
授業の概要と目的
現代社会は、福祉国家型資本主義、男性中心社会、高度消費社会などさまざまに表現されてきたが、今日、それを支えてきた「大量生産ー大量雇用ー大量消費」のしくみが限界にぶつかり、福祉国家の動揺、格差社会化という問題が生じている。このような大きな転換の中にある現代社会について、2年間のゼミナールでの蓄積をふまえて、より深く切り込み、その成果を卒論としてまとめる。(科目ナンバリングコード:経済EE41101、産社EI41101)本授業はDP2/CP2、3に関連する。 
サブタイトル
現代社会を社会学と思想史の視点から解読する。 
到達目標
現代社会がかかえる問題点について論理的に思考し、それを解決するためにはどうすべきかを構想し、説得的に表現できるようになること。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  1年間のゼミナール活動の確認をおこなう。 
2. 論評と新たなテーマの決定  ゼミナール2のレポートに関する論評と、ゼミナール3のレポート(卒論)のテーマを決定する。 
3. 論評と新たなテーマの決定  ゼミナール2のレポートに関する論評と、ゼミナール3のレポート(卒論)のテーマを決定する。 
4. 論評と新たなテーマの決定  ゼミナール2のレポートに関する論評と、ゼミナール3のレポート(卒論)のテーマを決定する。 
5. 文献の精読と成果発表  現代社会論に関する文献の中から、卒論執筆にとって不可欠なものを確定し、各自、その精読をおこない、その成果を発表する。 
6. 文献の精読と成果発表  現代社会論に関する文献の中から、卒論執筆にとって不可欠なものを確定し、各自、その精読をおこない、その成果を発表する。 
7. 文献の精読と成果発表  現代社会論に関する文献の中から、卒論執筆にとって不可欠なものを確定し、各自、その精読をおこない、その成果を発表する。 
8. 文献の精読と成果発表  現代社会論に関する文献の中から、卒論執筆にとって不可欠なものを確定し、各自、その精読をおこない、その成果を発表する。 
9. 文献の精読と成果発表  現代社会論に関する文献の中から、卒論執筆にとって不可欠なものを確定し、各自、その精読をおこない、その成果を発表する。 
10. 文献の精読と成果発表  現代社会論に関する文献の中から、卒論執筆にとって不可欠なものを確定し、各自、その精読をおこない、その成果を発表する。 
11. 文献の精読と成果発表  現代社会論に関する文献の中から、卒論執筆にとって不可欠なものを確定し、各自、その精読をおこない、その成果を発表する。 
12. 文献の精読と成果発表  現代社会論に関する文献の中から、卒論執筆にとって不可欠なものを確定し、各自、その精読をおこない、その成果を発表する。 
13. 文献の精読と成果発表  現代社会論に関する文献の中から、卒論執筆にとって不可欠なものを確定し、各自、その精読をおこない、その成果を発表する。 
14. 卒論の要旨の作成  卒論の全体的構成、その要旨などについて報告をおこなう。 
15. 卒論の要旨の作成  卒論の全体的構成、その要旨などについて報告をおこなう。 
16. 卒論の完成へ向けて  全体の論理構成、論点、さらなる課題などの確認作業をおこないつつ、各自、卒論の執筆に取り組む。そして、その中間報告をおこなう。 
17. 卒論の完成へ向けて  全体の論理構成、論点、さらなる課題などの確認作業をおこないつつ、各自、卒論の執筆に取り組む。そして、その中間報告をおこなう。 
18. 卒論の完成へ向けて  全体の論理構成、論点、さらなる課題などの確認作業をおこないつつ、各自、卒論の執筆に取り組む。そして、その中間報告をおこなう。 
19. 卒論の完成へ向けて  全体の論理構成、論点、さらなる課題などの確認作業をおこないつつ、各自、卒論の執筆に取り組む。そして、その中間報告をおこなう。 
20. 卒論の完成へ向けて  全体の論理構成、論点、さらなる課題などの確認作業をおこないつつ、各自、卒論の執筆に取り組む。そして、その中間報告をおこなう。 
21. 卒論の完成へ向けて  全体の論理構成、論点、さらなる課題などの確認作業をおこないつつ、各自、卒論の執筆に取り組む。そして、その中間報告をおこなう。 
22. 卒論の完成へ向けて  全体の論理構成、論点、さらなる課題などの確認作業をおこないつつ、各自、卒論の執筆に取り組む。そして、その中間報告をおこなう。 
23. 卒論の完成へ向けて  全体の論理構成、論点、さらなる課題などの確認作業をおこないつつ、各自、卒論の執筆に取り組む。そして、その中間報告をおこなう。 
24. 卒論の完成へ向けて  全体の論理構成、論点、さらなる課題などの確認作業をおこないつつ、各自、卒論の執筆に取り組む。そして、その中間報告をおこなう。 
25. 卒論の完成へ向けて  全体の論理構成、論点、さらなる課題などの確認作業をおこないつつ、各自、卒論の執筆に取り組む。そして、その中間報告をおこなう。 
26. 卒論の完成へ向けて  全体の論理構成、論点、さらなる課題などの確認作業をおこないつつ、各自、卒論の執筆に取り組む。そして、その中間報告をおこなう。 
27. 卒論の完成と発表会  各自が執筆した卒論の発表会をおこなう。 
28. 卒論の完成と発表会  各自が執筆した卒論の発表会をおこなう。 
29. 卒論の完成と発表会  各自が執筆した卒論の発表会をおこなう。 
30. 卒論の完成と発表会  各自が執筆した卒論の発表会をおこなう。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 相談の上決定する。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜指摘する。     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
ゼミレポート(卒業論文)によって評価する。 
受講生へのメッセージ
いよいよ3年間のゼミナール活動の集大成です。卒業論文は皆さんの存在証明であり、拠り所です。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/02/10 17:56


PAGE TOP