シラバス参照

科目名 専門ゼミナール3(卒業研究) 
担当者氏名

大瀧 真俊

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール部門 
備考  



準備学習・事後学習
・ゼミの時間以外に、各自で文献を読んだり、史料を探したりすることが活動の中心となります。



・毎回、授業時間の2倍の自学自習が必要です。



・本ゼミにおける各種の課題については、授業内で適時コメント・質問対応などを行なう。 
履修上の留意
・やむを得ない事情によって欠席する場合は、事前に連絡すること。



・文献や史料の探し方などについては、随時相談に乗ります。 
授業の概要と目的
このゼミでは、専門ゼミ1,2で培った問題意識と知識をもとに、資料収集やフィールドワークなどを行ない、日本経済史に関する卒業論文を作成することを目的とします。(科目ナンバリングコード:経済EE41101、産社EI41101)本授業はDP2/CP2、3に関連する。 
サブタイトル
日本経済史の卒業論文 
到達目標
自分の問題関心と1次史料をもとに、オリジナルな卒業論文を作成する。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 前期ガイダンス  このゼミの進め方について説明する。 
2. 課題設定  自分の問題関心と既存研究をもとに、卒業論文の課題を設定する。 
3. 課題設定  自分の問題関心と既存研究をもとに、卒業論文の課題を設定する。 
4. 課題設定  自分の問題関心と既存研究をもとに、卒業論文の課題を設定する。 
5. 課題設定  自分の問題関心と既存研究をもとに、卒業論文の課題を設定する。 
6. 史料の収集  設定した課題にそくした史料を収集する。 
7. 史料の収集  設定した課題にそくした史料を収集する。 
8. 史料の収集  設定した課題にそくした史料を収集する。 
9. 史料の収集  設定した課題にそくした史料を収集する。 
10. 史料の収集  設定した課題にそくした史料を収集する。 
11. 史料の分析  収集した史料の読み込みを行なう。 
12. 史料の分析  収集した史料の読み込みを行なう。 
13. 史料の分析  収集した史料の読み込みを行なう。 
14. 史料の分析  収集した史料の読み込みを行なう。 
15. 前期のまとめ  前期の総括と夏期休暇中の課題を確認する。 
16. 後期ガイダンス  後期のゼミの進め方について説明する。 
17. 中間報告  前期および夏期休暇までの成果を報告する。 
18. 中間報告  前期および夏期休暇までの成果を報告する。 
19. 中間報告  前期および夏期休暇までの成果を報告する。 
20. 中間報告  前期および夏期休暇までの成果を報告する。 
21. 追加調査  中間報告をもとに文献や史料を追加する。 
22. 追加調査  中間報告をもとに文献や史料を追加する。 
23. 追加調査  中間報告をもとに文献や史料を追加する。 
24. 追加調査  中間報告をもとに文献や史料を追加する。 
25. 追加調査  中間報告をもとに文献や史料を追加する。 
26. 最終稿の作成  卒業論文の提出原稿を作成する。 
27. 最終稿の作成  卒業論文の提出原稿を作成する。 
28. 最終稿の作成  卒業論文の提出原稿を作成する。 
29. 最終稿の作成  卒業論文の提出原稿を作成する。 
30. 最終稿の作成  卒業論文の提出原稿を作成する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 参加者の問題意識にそくして適宜紹介する。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 参加者の問題意識にそくして適宜紹介する。     
授業方法の形式
ゼミナール 
成績評価方法及び評価基準
授業態度50%・卒業論文50% 
受講生へのメッセージ
卒業論文を書くということは、4年間の大学生活の集大成です。是非ともチャレンジしてください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/03/16 12:09


PAGE TOP