シラバス参照

科目名 専門ゼミナール3(卒業研究) 
担当者氏名

井内 尚樹

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール部門 
備考  



準備学習・事後学習
 毎日新聞、テレビ、ネットなどから日本の政治経済の学習を行う。「脱炭素社会」に向けて、「日本経済をどう新しくするのか」などの課題を整理する。 「自然エネルギー生産を基礎にした地域経済循環の構築」を課題とした学習。毎回、授業時間の2倍の自学自習が必要です。試験やレポート等に関するフィードバックについて、講義期間中での課題は継続的に解説、講評等を行います。定期試験についての講評は、ウェブクラス等で行います。 
履修上の留意
1、「3・11以後の日本経済をどう新しくするのか」を、問題関心の中心にすえると言うこと。日々、新しい地域経済の取り組みを意識的に文献学習、整理を行うこと。



2、「脱炭素社会」を構築するために、新しい域経済循環を検討すること。新しい地域資源の発掘を課題とする。



3、先進地域の自然エネルギー生産についての学習を地方自治体の取り組みを通して検討していく。



4,循環型地域経済、小規模生産と大規模生産の効率性について、「地産・地消」型産業構造などの学習を行うこと。 
授業の概要と目的
「脱炭素」の地域経済の構築を進めるために自然エネルギー生産に基礎を置く。そして、新しい循環型地域経済の構築を創造しながら新しい産業構造のビジョンを明確にする。(科目ナンバリングコード:経済EE41101、産社EI41101)本授業はDP2/CP2、3に関連する。 
サブタイトル
脱炭素社会と新しい地域経済循環 
到達目標
新しい地域経済を構築するための提案ができる人材として成長すること 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス(1)  脱炭素社会と日本経済のあり方について(1) 
2. ガイダンス(2)  脱炭素社会と日本経済のあり方について(2) 
3. 先進地域の自然エネルギー生産の学習(1)  ドイツの自然エネルギー生産についての学習と学生発表(1) 
4. 先進地域の自然エネルギー生産の学習(2)  ドイツの自然エネルギー生産についての学習と学生発表(2) 
5. 森林・林業の現状と課題について(1)  日本の最大エネルギー資源の学習と学生発表(1) 
6. 森林・林業の現状と課題について(2)  日本の最大エネルギー資源の学習と学生発表(2) 
7. フライブルクの街づくりについて(1)  自然エネルギー最先端地域のまちづくりの学習と学生報告(1) 
8. フライブルクの街づくりについて(2)  自然エネルギー最先端地域のまちづくりの学習と学生報告(2) 
9. 先進自治体の自然エネルギー生産について(1)  飯田市の自然エネルギーへの取り組み学習と報告 
10. 先進自治体の自然エネルギー生産について(2)  下川町の自然エネルギーへの取り組み学習と報告 
11. 先進自治体の自然エネルギー生産について(3)  真庭市の自然エネルギーへの取り組み学習と報告 
12. RESASによる地域経済の学習(1)  RESAのデータベース学習(1) 
13. RESASによる地域経済の学習(2)  RESASのデータベース学習(2) 
14. RESASによる地域経済の学習(3)  RESASのデータベースをもとに地方自治体学習(3) 
15. 先進地方自治体の調査(1)   新しい地域経済への取り組みを行っている地方自治体調査(1) 
16. 先進地方自治体の調査(2)  新しい地域経済への取り組みを行っている地方自治体調査(2) 
17. 先進地方自治体の調査(3)  新しい地域経済への取り組みを行っている地方自治体調査(3) 
18. 先進地方自治体の調査(4)  新しい地域経済への取り組みを行っている地方自治体調査(4) 
19. 地域資源の発掘(1)  自然エネルギーに利活用できる地域資源の学習と調査(1) 
20. 地域資源の発掘(2)  自然エネルギーに利活用できる地域資源の学習と調査(2) 
21. 地域資源の発掘(3)  自然エネルギーに利活用できる地域資源の学習と調査(3) 
22. 先進地方自治体報告書の作成(1)  合宿調査をもとにした報告書の作成と発表(1) 
23. 先進地方自治体報告書の作成(2)  合宿調査をもとにした報告書の作成と発表(2) 
24. 先進地方自治体報告書の作成(3)  合宿調査をもとにした報告書の作成と発表(3) 
25. 地域資源の利活用事例(1)  地域資源を利活用し新しい地域経済を構築している地方自治体の学習(1) 
26. 地域紙原理活用事例(2)  地域資源を利活用し新しい地域経済を構築している地方自治体の学習(2) 
27. 卒業論文の作成   地域資源の利活用と先進自治体をテーマとした卒業論文の作成(1) 
28. 卒業論文の作成   地域資源の利活用と先進自治体をテーマとした卒業論文の作成(2) 
29. 卒業論文の作成   地域資源の利活用と先進自治体をテーマとした卒業論文の作成(3) 
30. 卒業論文の作成   地域資源の利活用と先進自治体をテーマとした卒業論文の作成(4) 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. ゼミのなかで紹介します。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. ゼミの中で紹介します。     
授業方法の形式
演習とフィールドワーク調査 
成績評価方法及び評価基準
卒業論文の作成(100%) 
受講生へのメッセージ
自然エネルギー生産を基礎に新しい地域経済をつくろうとする積極的な研究を行う学生になってください。



フィールドワーク、現地実習が多いので、意欲的な学生を歓迎します。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/02/10 17:56


PAGE TOP