シラバス参照

科目名 専門ゼミナール3(卒業研究) 
担当者氏名

伊藤 健司

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール部門 
備考  



準備学習・事後学習
授業時に順番に発表・報告して段階的に進めていくため、準備学習として、資料や文献の収集、読み込み、分析、執筆をもとに、レジュメ、スライド、卒業論文の本文を作成し授業(卒論演習)に参加する。事後学習として、他の学生の発表をふまえて自分の研究に参考になることを考えて自分の研究に反映する。卒業論文については、卒論発表会の際に講評をおこなう。毎回、授業時間の2倍の自学自習が必要である。 
履修上の留意
地域経済論、中小企業論、産業集積論、経済地理学など地域の産業に関わる講義、また、フィールドワークに関連する授業も受けることが望ましい。 
授業の概要と目的
大学生としての学業のまとめとして卒業論文の作成に取り組む。研究テーマの設定から始まり、既存研究の整理、調査方法の検討・設計、調査を経て論文執筆へと進む。研究成果を卒業論文としてまとめることを目的とする。本授業はDP2/CP2、3に関連する。(科目ナンバリングコード:経済EE41101、産社EI41101) 
サブタイトル
経済地理学・地域経済論ゼミナール 
到達目標
専門ゼミナールI、専門ゼミナールIIで学んできたことをふまえて、完成度の高い卒業論文を作成する。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. オリエンテーション  オリエンテーション 
2. 卒論演習  卒論テーマ検討 
3. 卒論演習  関連文献・資料発表(1) 
4. 卒論演習  関連文献・資料発表(2) 
5. 卒論演習  テーマ、対象地域、調査方法等の検討(1) 
6. 卒論演習  テーマ、対象地域、調査方法等の検討(2) 
7. 卒論演習  分析手法・表現手法の研究(1) 
8. 卒論演習  分析手法・表現手法の研究(2) 
9. 卒論演習  卒論進捗状況の発表・検討(1) 
10. 卒論演習  卒論進捗状況の発表・検討(2) 
11. 卒論演習  卒論進捗状況の発表・検討(3) 
12. 卒論演習  卒論進捗状況の発表・検討(4) 
13. 卒論演習  卒論進捗状況の発表・検討(5) 
14. 卒論演習  卒論進捗状況の発表・検討(6) 
15. 卒論演習  卒論進捗状況の発表・検討(7) 
16. 卒論演習  夏休みの進捗状況を報告し、後期の展開を検討する。 
17. 卒論演習  卒論進捗状況の発表・検討(8) 
18. 卒論演習  卒論進捗状況の発表・検討(9) 
19. 卒論演習  卒論進捗状況の発表・検討(10) 
20. 卒論演習  卒論進捗状況の発表・検討(11) 
21. 卒論演習  卒論進捗状況の発表・検討(12) 
22. 卒論演習  卒論進捗状況の発表・検討(13) 
23. 卒論演習  卒論進捗状況の発表・検討(14) 
24. 卒論演習  卒論進捗状況の発表・検討(15) 
25. 卒論演習  卒論進捗状況の発表・検討(16) 
26. 卒論演習  卒論進捗状況の発表・検討(17) 
27. 卒論発表会の準備(1)  卒論発表会の準備(レジュメ作成・スライド作成) 
28. 卒論発表会の準備(2)  卒論発表会の準備(レジュメ作成・スライド作成) 
29. 卒論発表会の準備(3)  卒論発表会の準備(レジュメ作成・スライド作成) 
30. 卒業論文発表会  まとめとして、卒業論文を発表し、質疑応答を行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 『国際化時代の地域経済学(第3版)』  岡田知弘ほか  有斐閣 
2. 『フリーGISソフト MANDARA10入門』  谷謙二  古今書院 
3. 『フリーGISソフト MANDARA10パーフェクトマスター』  谷謙二  古今書院 
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
授業における平常点(発表、議論への参加)(70%)、卒業論文(30%)により評価する。 
受講生へのメッセージ
大学生生活の締めくくりとして、卒業論文の作成にしっかり取り組んでください。 
参考URL
1. 授業時に案内する。   
画像
ファイル
更新日時 2020/02/10 17:56


PAGE TOP