シラバス参照

科目名 専門ゼミナール3(卒業研究) 
担当者氏名

新井 大輔

渋井 康弘

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール部門 
備考  



準備学習・事後学習
専門研究ですから、事前に入念な準備をした上で報告に臨んでください。毎回、授業時間の2倍の自習が必要です。授業期間内に行われた課題については、授業内において解説します。 
履修上の留意
授業の概要と目的
ゼミナール1、2で研究してきたことを踏まえた上でより専門的な研究を行います。授業期間内に行われた課題については、授業内において解説します。(科目ナンバリングコード:経済EE41101、産社EI41101)本授業はDP2/CP2、3に関連する。 
サブタイトル
到達目標
オリジナリティのある論文を執筆する。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. テーマの検討  問題意識を交流しながら、それに基づいて先行研究の調査を行う。 
2. テーマの検討  問題意識を交流しながら、それに基づいて先行研究の調査を行う。 
3. テーマの検討  問題意識を交流しながら、それに基づいて先行研究の調査を行う。 
4. 基本文献の検討  研究テーマに関わる基本文献の検討を通じて、卒業論文の課題を設定する。 
5. 基本文献の検討  研究テーマに関わる基本文献の検討を通じて、卒業論文の課題を設定する。 
6. 基本文献の検討  研究テーマに関わる基本文献の検討を通じて、卒業論文の課題を設定する。 
7. 基本文献の検討  研究テーマに関わる基本文献の検討を通じて、卒業論文の課題を設定する。 
8. 基本文献の検討  研究テーマに関わる基本文献の検討を通じて、卒業論文の課題を設定する。 
9. 卒業論文構想報告  卒業論文の課題と構成の発表、議論。 
10. 卒業論文構想報告  卒業論文の課題と構成の発表、議論。 
11. 卒業論文構想報告  卒業論文の課題と構成の発表、議論。 
12. 卒業論文構想報告  卒業論文の課題と構成の発表、議論。 
13. 卒業論文構想報告  卒業論文の課題と構成の発表、議論。 
14. 卒業論文構想報告  卒業論文の課題と構成の発表、議論。 
15. 卒業論文構想報告  卒業論文の課題と構成の発表、議論。 
16. 卒業論文中間報告  卒業論文の草稿の発表、議論。 
17. 卒業論文中間報告  卒業論文の草稿の発表、議論。 
18. 卒業論文中間報告  卒業論文の草稿の発表、議論。 
19. 卒業論文中間報告  卒業論文の草稿の発表、議論。 
20. 卒業論文中間報告  卒業論文の草稿の発表、議論。 
21. 卒業論文中間報告  卒業論文の草稿の発表、議論。 
22. 卒業論文中間報告  卒業論文の草稿の発表、議論。 
23. 卒業論文最終報告  卒業論文の最終原稿作成へ向けた発表、議論。 
24. 卒業論文最終報告  卒業論文の最終原稿作成へ向けた発表、議論。 
25. 卒業論文最終報告  卒業論文の最終原稿作成へ向けた発表、議論。 
26. 卒業論文最終報告  卒業論文の最終原稿作成へ向けた発表、議論。 
27. 卒業論文最終報告  卒業論文の最終原稿作成へ向けた発表、議論。 
28. 卒業論文最終報告  卒業論文の最終原稿作成へ向けた発表、議論。 
29. 卒業論文最終報告  卒業論文の最終原稿作成へ向けた発表、議論。 
30. 卒業論文最終報告  卒業論文の最終原稿作成へ向けた発表、議論。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 未定。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 必要に応じて紹介します。     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
ゼミでの発言30%、卒業論文70%。 
受講生へのメッセージ
大学での学びの集大成となるような卒業論文を作成できるよう一緒に頑張りましょう。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/02/10 17:56


PAGE TOP