シラバス参照

科目名 地方財政論1 
担当者氏名

山田 浩貴

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-歴史・政策・金融部門 
備考  



準備学習・事後学習
現代経済社会の動きについて,日ごろから関心をもつように心がけること。とくに地域経済や財政現象について,幅広く情報を集めておくこと。講義中に指定された参考文献について,講義関連項目を事前及び事後に学習すること。また,配布プリントについて,予・復習すること。したがって,毎回,授業時間の2倍以上の自学自習が必要になります。授業内で行う課題(小テスト,レポート等)については,授業内で継続的に解説,講評質問対応等を行う。また,定期試験,期末レポート等については,講評・解説等を,学生ポータルサイトの「講義連絡」により,追・再試験終了後に送信する。 
履修上の留意
現代資本主義論,財政学,公共政策論,地域政策論,環境経済論,日本国憲法等,関連科目の履修が望ましい。また,後期開講の地方財政論2と合わせて履修することが望ましい。 
授業の概要と目的
日本の地方財政システムは,中央集権的な性格を色濃く持ってきた。しかし,グローバリゼーションとローカリゼーションの流れのなかで,より分権的なシステムへの転換を迫られている。この講義では,日本の地方財政の制度と現状を概説し,転換期の地方財政の基本問題について考察する。(科目ナンバリングコード:経済EE31401、産社EI31401)本授業はDP2/CP2に関連する。 
サブタイトル
ローカリゼーションの進行は,グローバリゼーションとともに,現代社会の大きな流れである。転換期の地方財政の基本問題について検討する。 
到達目標
地域の社会問題を地方財政と関連づけて認識し,問題解決のための地域政策を具体的に構想していく能力を養う。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  講義の概要を説明する 
2. 日本の地方財政の概観と特質  現代日本の地方財政を概観しその国際的特質を考察する。 
3. 地方経費の歴史的傾向  地方経費の動向について歴史的に考察する。 
4. 地方経費分析の諸理論  地方経費分析の代表的な理論について検討する。 
5. 現代日本の地方経費  現代日本の地方経費構造について分析する。 
6. 地方税の原則  地方税の意義と課税原則について検討する。 
7. 日本の地方税  日本における地方税の発展と現状について検討する。 
8. 地方税と課税自主権  課税自主権と地方税改革の現代的課題について検討する。 
9. 国から地方への財政移転  集権と分権の関係について、財政移転の視点から検討する。 
10. 補助金制度と問題点  補助金の現状と問題点について検討する。 
11. 地方財政調整制度  現代的分権と地方財政調整制度の機能について検討する。 
12. 地方交付税制度と問題点  地方交付税制度の機能と問題点、改革の課題について検討する。 
13. 地方債の制度と問題点  地方債の制度、機能と問題点、改革の課題について検討する。 
14. 地方予算制度と予算制度改革  地方予算制度の現状と改革課題について検討する。 
15. 講義のまとめ  講義全体のまとめと理解度の確認を行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 資料を配布する。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. その都度指示する。     
授業方法の形式
講義。不定期に課題の提出を求めることがある。 
成績評価方法及び評価基準
平常点(30%),レポート(70%)。平常点は会議室への書き込頻度および内容等を総合的に判断する。なお,レポート未提出者は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
最近は、地域経済や地方財政に関するニュースがあふれている。メディアの情報を批判的にチェックしてください。現代社会の生きた現実に関心を持つことが、講義理解の近道です。 
参考URL
1. http://www.soumu.go.jp/ 総務省HP 
2. http://www.mof.go.jp/ 財務省HP 
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 11:06


PAGE TOP