シラバス参照

科目名 公共経済学1 
担当者氏名

伊藤 志のぶ

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-理論経済部門 
備考  



準備学習・事後学習
『ミクロ経済学』『マクロ経済学』を履修して下さい。



自分の学力に合うテキストや参考文献に挙げたテキストを選び、該当する項目を事前によく読み準備学習(2時間程度)して下さい。授業では、数式よりも図示による理解を進めます。事後学習として、授業の内容を自分で図示してノートを作り復習して下さい(2時間程度)。



毎回、授業時間の2倍の自学自習が必要です。課題は1時間程度でできるものを想定しています。解説・講評は授業で行います。 
履修上の留意
 『ミクロ経済学』を基礎とする『公共経済学』の理論を学びます。実社会で起きている事柄を挙げながら進めますので、普段から新聞を読み時事問題に興味を持つようにして下さい。予習・復習を助ける目的で宿題を出します。所要時間1時間程度でできるように取組んで下さい。宿題の解説・講評は授業で行います。 
授業の概要と目的
「市場の失敗」、「政府の役割」を学びます。現実に起きている事柄を引き、理論との関連を挙げて、政府や政策の選択の意味や問題点を理解するのが目的です。思考・判断の観点から、市場経済と社会全体の厚生について問題点を指摘できるようになることが目標です。(科目ナンバリングコード:経済EE31305、産社EI31305)本授業はDP2/CP2に関連する。 
サブタイトル
「市場の失敗」と政府の役割 
到達目標
自分の目で見て、自分で考えて、政策や政府を選べるようになることを目標とする。そのための視点や、制度上の問題点などを学び、経済学の理論を使い、社会厚生の矛盾を指摘できるようになって下さい。時事問題を経済理論の枠組みで説明できることが到達目標です。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 序章 公共経済学の分析対象と方法  1 私的領域と公的領域



2 市場の失敗と政府の役割 
2. 序章 公共経済学の分析対象と方法   3 日本の所得分配



4.ジニ係数と貧困問題 
3. 第1章 市場



  ~配分と厚生~ 
1 純粋交換経済



2 生産と交換 
4. 第1章 市場



  ~配分と厚生~ 
3 ワルラスの法則



4 パレート効率性



     
5. 第1章 市場



  ~配分と厚生~ 
5 厚生経済学の第1・2定理 
6. 第1章 市場



  ~配分と厚生~ 
6 規範経済学と考え方 
7. 第2章 市場の失敗



~公共財供給~ 
1 公共財の性質 
8. 第3章 市場の失敗



~公共財供給~ 
2 公共財の最適供給 
9. 第2章 市場の失敗



~公共財供給~ 
3 リンダール均衡 



4 共有資源・環境問題 
10. 第3章 市場の失敗



~外部効果~ 
1 外部効果の発生



2 外部性の例 
11. 第3章 市場の失敗



~外部効果~ 
3 外部効果の解決



4 ピグ―税  
12. 第3章 市場の失敗



~外部効果~  
5 コースの定理 
13. 第4章 市場の失敗



~独占と取引の公正~  
1 公的独占



2 公共調達 
14. 第4章 市場の失敗



~独占と取引の公正~  
3 独占的競争



4 証券市場・労働市場 
15. 第5章 雇用と職場環境  1 雇用に関する基本データ



2 働き方と年金制度



3 ワークライフ・バランス



4 ペイ・イクィティ    
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 公共経済学  田中廣滋・御船洋ほか  東洋経済新報社 
2. 公共経済学  井堀利宏  新世社 
3. 格差社会と公共政策 格差社会と公共政策   森徹・鎌田繁則  勁草書房 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法及び評価基準
(いずれもWebClass)
第11回~第15回 掲示板のコメント・質問 30%
「テスト・アンケート」機能を用いた レポート 40% テスト 30% 
受講生へのメッセージ
市場経済はすぐれた分配システムですが、例えば所得格差問題の解決には再分配政策を必要とします。私達の経済社会をどのようなものにするのが良いかは、皆さん自身の価値判断によって決定されます。将来の自分が住む世界のために、客観的に観察し、論理的思考によって決定する能力を身につけて下さい。 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2020/07/06 09:02


PAGE TOP