シラバス参照

科目名 応用経済理論2 
担当者氏名

松尾 秀雄

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-理論経済部門 
備考  



準備学習・事後学習
松尾秀雄著『市場と共同体』(ナカニシヤ出版)の該当箇所を予習すること。大学の講義は、いわば「耳学問」であり、予習と復習は「目学問」である。ゼミでみんなで議論するのは、この例でいえば「口学問」であり、講義の後に、大学教授に、講義内容で、質問にいくのは、すべての総合で、耳学問、目学問、口学問の成果である。何のために大学に来て、高度な学問をしようとするのか、それは、自分の生きている時代と社会を理解するためである。毎回、授業時間の2倍の自学自習を必要とする。 
履修上の留意
講義がすべてであるが、自分の問題意識とこの講義の問題意識を一致させることが望ましい。



来年度の講義は、来年度の学問状況を踏まえて、講義する。ここでの予告はあくまでも予告である。 
授業の概要と目的
経済とは何か?それは人間が生きるという行為をさす。そこに普遍的な真理が隠されているはずである。宇野理論の基礎構造を理解する。さらに、それを応用して、新しい理論体系を、贈与と交換をキーワードに作り上げよう。(科目ナンバリングコード:経済EE31304、産社EI31304)本授業はDP2/CP2に関連する。 
サブタイトル
経済学は市場と共同体を接合することができるか。 
到達目標
市場経済の理論体系を狭義の経済学とするときに、どのような方法論を用いれば非市場までを射程にいれることができるかを理解することを到達目標とする。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. はしがき  広義の経済学・狭義の経済学 
2. 広義の経済学と狭義の経済学  市場の経済学は狭義の経済学であり、もっと広い視野で、環境問題などを取り込むと広義の経済学になる。 
3. 資本主義の経済とはなにか。  以下。資本主義と社会主義の対立構造を問題とする。 
4. 古典派の経済学とは何か。  アダムスミスとマルクスの経済理論を紹介する。 
5. 社会主義の経済学  社会主義の根本的欠陥がどこに存在したのかをみなで考えてみよう。 
6. 行動様式の経済理論  流通主体という考え方を紹介する。 
7. 金儲けの行動様式  交換の行動様式、利潤追求型の行動様式、などを素材にする。 
8. 多原理の経済学  原理はひとつではない。このような主張をした経済学者が存在する。馬場理論やポランニ―の議論を紹介する。 
9. 搾取論の展開  テキスト29ページ以降の階級社会論の解説おこなう。 
10. 個人と集団の経済理論  個人と個人は絆を形成することもあれば、他人のままでいることもある。個人と集団の経済理論を構築してみる。あくまでも、ひとつの試論である。 
11. 剰余と必要の経済理論  山口重克は、剰余の必要化という理論を展開した。このことをテキストクリティークを行いながら、講義してみたい。 
12. 商品と共同体  テキストの第5章をやさしく説明する。 
13. 貨幣と共同体  市場から貨幣は生まれた。これが通説である。この通説の問題点と、通説の説明、貨幣機能論を論じる。 
14. 貨幣と共同体  共同体由来の貨幣がありうる。ハリスの理論をみなで、知恵を絞って理解したい。 
15. 資本と共同体  渡辺は資本結合論を整理した。資本結合論と企業が共同体であるという理論を論じる。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 共同体の経済学  松尾 秀雄  ナカニシヤ出版 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
講義形式でこの授業を行なう。(対面授業/遠隔授業併用) 
成績評価方法及び評価基準
定期試験は70%の評価、レポートは30%の評価である。 
受講生へのメッセージ
毎回の出席が面白いように講義を工夫する。



面白いのが経済学である。しっかりと書物を読むように。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/10/10 15:45


PAGE TOP