シラバス参照

科目名 専門ゼミナール2 
担当者氏名

蓑輪 明子

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール・実習部門 
備考  



準備学習・事後学習
事前学習:指定された課題を必ず行うこと



事後学習:そのゼミで学習した内容を復習すること



事前・事後学習を合わせて、授業時間の2倍の自学自習時間が必要である。



授業全体の講評は最終日に行う。 
履修上の留意
ゼミは受講者が活発に参加すればするほど学習効果が高まるので、よく準備をして、ゼミ中にも積極的に発言すること。 
授業の概要と目的
現代経済と社会に関する基本的な知識を得つつ、自らの考えを深める。特に専門ゼミナールゼミⅡでは、特に自ら研究を進め、構築する力を身につける。(科目ナンバリングコード:経済EE31101、産社EI31101)本授業はDP2/CP2、3に関連する。 
サブタイトル
現代日本の諸問題 
到達目標
現代経済と社会に関する基本的な知識を身につける



自らの考えを深める 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  ゼミナールの運営方法の説明 
2. 文献購読  指定された文献を購読する 
3. 文献購読  指定された文献を購読する 
4. 文献購読  指定された文献を購読する 
5. 文献購読  指定された文献を購読する 
6. 文献購読  指定された文献を購読する 
7. 文献購読  指定された文献を購読する 
8. 文献購読  指定された文献を購読する 
9. 文献購読  指定された文献を購読する 
10. 文献購読  指定された文献を購読する 
11. ゼミ研究に向けた検討  学期末に完成させるゼミ研究に向け、研究計画作成および準備を進める 
12. ゼミ研究に向けた検討  学期末に完成させるゼミ研究に向け、研究計画作成および準備を進める 
13. ゼミ研究に向けた検討  学期末に完成させるゼミ研究に向け、研究計画作成および準備を進める 
14. ゼミ研究に向けた検討  学期末に完成させるゼミ研究に向け、研究計画作成および準備を進める 
15. 前期のまとめ  前期の活動の総括。夏休み中の課題の確認。 
16. 後期ガイダンス  後期のゼミナールに関する説明。 
17. ゼミ研究に向けた検討  学期末に完成させるゼミ研究に向け、研究発表する 
18. ゼミ研究に向けた検討  学期末に完成させるゼミ研究に向け、研究発表する 
19. ゼミ研究に向けた検討  学期末に完成させるゼミ研究に向け、研究発表する 
20. ゼミ研究に向けた検討  学期末に完成させるゼミ研究に向け、研究発表する 
21. ゼミ研究に向けた検討  学期末に完成させるゼミ研究に向け、研究発表する 
22. ゼミ研究に向けた検討  学期末に完成させるゼミ研究に向け、研究発表する 
23. ゼミ研究に向けた検討  学期末に完成させるゼミ研究に向け、研究発表する 
24. ゼミ研究に向けた検討  学期末に完成させるゼミ研究に向け、研究発表する 
25. ゼミ研究に向けた検討  学期末に完成させるゼミ研究に向け、研究発表する 
26. ゼミ研究に向けた検討  学期末に完成させるゼミ研究に向け、研究発表する 
27. ゼミ研究に向けた検討  学期末に完成させるゼミ研究に向け、研究発表する 
28. ゼミ研究に向けた検討  学期末に完成させるゼミ研究に向け、研究発表する 
29. ゼミ研究発表  研究成果を発表する 
30. 全体のまとめ  1年を通したふりかえり 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業内で指定する     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業内で指定する     
授業方法の形式
ゼミナール形式 
成績評価方法及び評価基準
ゼミナールでの、積極性(発言、ゼミ運営、参加態度等)40%、発表の有無10%、理解度・考察の出来ばえ50%、による総合的な評価 
受講生へのメッセージ
積極的に参加のこと 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/03/03 15:06


PAGE TOP