シラバス参照

科目名 社会フィールドワーク2 
担当者氏名

井内 尚樹

西山 賢一

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-フィールドワーク・実習部門 
備考  



準備学習・事後学習
江戸時代からの犬山の歴史、名古屋の歴史、日本の戦後史について、準備学習しておいてもらいたい。



毎回、授業時間の2倍の自学自習時間が必要。



授業時間中に行われた課題については、授業内において、継続的な解説、講評等を行う。



期末レポートについては、Campusmate-JまたはWebClassのどちらかで、講評内容を開示する。 
履修上の留意
授業時間内の授業だけではなく、休日などを利用してグループでの活動も行ってもらうので、そうした活動への参加が可能な学生の受講を求める。これらの活動に参加できない場合、単位認定を行うことはできない。



名城の学生は、普段より、企業の採用担当から、「名城の学生はおとなしい」と見られている。会社は、主体的に行動できるような学生を求めているのである。この授業では、自らの力でプランを作り、名城の学生はおとなしいという評価をくつがえせるような、自分が主体的になれる力を身につける。



10月の土日実施の長者町ゑびす祭りでのアンケート収集及び11月の土日実施の犬山城城下町でのアンケート収集、街でのプレゼンに参加できない学生は登録しないでください。 
授業の概要と目的
長者町は、数百年の歴史を有する古くからの街で、第2次大戦後は、日本の三大繊維問屋街の一つとして、活況を呈していた街であった。しかしながら、繊維産業の衰退とともにその賑わいも失われてしまった。犬山市は、近年、人気が上がり、訪問者が増えているものの、滞在時間が短く、あまりお金を落としてもらえないという問題がある。この授業では、実際に長者町と犬山市に入り、街でヒアリングを行い、集めた声をもとに、問題点を克服するようなビジネスプランを作ってもらう。なお、優れたプランがつくれれば、それを実践にうつすチャンスを提供したいと考えている。(科目ナンバリングコード:経済EE11201、産社EI11201)本授業はDP2/CP2、3に関連する。 
サブタイトル
長者町ににぎわいをつくる。犬山市にさらなるにぎわいをつくる。 
到達目標
評価に値する街の活性化の事業計画書を作成できる能力を身につける。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス1  長者町の歴史について 
2. ガイダンス2  長者町の現状と課題について 
3. ガイダンス3  犬山市の歴史について 
4. ガイダンス4  犬山市の現状と課題について 
5. 長者町界隈のお店を調べる1  長者町地域一帯の商業地図の作成(1) 
6. 長者町界隈のお店を調べる2  長者町地域一帯の商業地図の作成(2) 
7. 犬山城城下町界隈のお店を調べる1  犬山城城下町地域一帯の商業地図の作成(1) 
8. 犬山城城下町界隈のお店を調べる2  犬山城城下町地域一帯の商業地図の作成(2) 
9. 長者町界隈の消費者へのアンケート  プレ作業としての消費者アンケート 
10. 犬山城城下町界隈の消費者へのアンケート  プレ作業としての消費者アンケート 
11. 長者町繊維問屋経営者のヒアリング  長者町の繊維問屋経営者にたいして、長者町の活性化イメージの聞き取り 
12. 犬山城城下町経営者のヒアリング  犬山城城下町経営者にたいして、活性化イメージの聞き取り 
13. ヒアリングまとめ  経営者へのヒアリングを整理し、その活かし方を考える 
14. アンケートの項目作成(1)  ゑびす祭りでの消費者アンケート項目の作成作業、選択項目の作成など(1) 
15. アンケートの項目作成(2)  ゑびす祭りでの消費者アンケート項目の作成作業、選択項目の作成など(2) 
16. アンケートの項目作成(1)  犬山城城下町の消費者アンケート項目の作成作業、選択項目の作成など(1) 
17. アンケートの項目作成(2)  犬山城城下町消費者アンケート項目の作成作業、選択項目の作成など(2) 
18. アンケートの収集(1)  3500枚のアンケート収集作業1 
19. アンケートの収集(2)  3500枚のアンケート収集作業2 
20. アンケートの収集(1)  3500枚のアンケート収集作業1 
21. アンケートの収集(2)  3500枚のアンケート収集作業2 
22. アンケート集計分析(1)  アンケート集計分析ソフト利用による集計と分析1 
23. アンケート集計分析(2)  アンケート集計分析ソフト利用による集計と分析2 
24. アンケート集計分析(3)  アンケート集計分析ソフト利用による集計と分析3 
25. アンケート集計分析(4)  アンケート集計分析ソフト利用による集計と分析4 
26. 街の活性化提案発表(1)  アンケートの集計結果をもとに犬山市の活性化についてプレゼン(1) 
27. 街の活性化提案発表(2)  アンケートの集計結果をもとに犬山市の活性化についてプレゼン(2) 
28. 街と祭りの活性化提案発表(1)  アンケートの集計結果をもとに長者町のゑびす祭りなどの活性化についてプレゼン(1) 
29. 街と祭りの活性化提案発表(2)  アンケートの集計結果をもとに長者町のゑびす祭りなどの活性化についてプレゼン(2) 
30. まとめ及びレポート提出  これまでの総まとめを行い、レポートを回収する 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
演習+フィールドワーク 
成績評価方法及び評価基準
平常点(積極的な学生を評価する)



グループ作業(20%)



グループプレゼン及び個人報告(40%)



提出物(40%)



アンケート活動、最終プレゼンに参加できない場合、評価対象外。 
受講生へのメッセージ
ゑびす祭り当日及び犬山市土日にそれぞれ3500枚を目標としたアンケートを収集。収集したアンケートを分析し、犬山市及び長者町でプレゼンテーションを行います。



教室を出て、でかけることが多いので、積極的な学生を求めます。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/02/10 17:57


PAGE TOP