シラバス参照

科目名 専門ゼミナール1 
担当者氏名

山本 雄吾

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 2年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール部門 
備考  



準備学習・事後学習
毎回の授業について,準備学習2時間,事後学習2時間の自学自習が必要である。準備学習としては,テキスト等の該当箇所を熟読し不明な用語・概念等は調べておくこと。事後学習としては,当日のレジメ・ノートを確認し要点を纏めておくこと。また,課題(宿題)を課すので,指定の期日までに提出のこと。課題に対するフィードバックとしては,授業時間中に随時講評・解説および添削等を行う。 
履修上の留意
交通論,物流論,サービス経済論を履修すること。全30回の授業中11回以上欠席の場合は欠格とする。また,授業時間中に質問や意見の表明を行わない場合は出席とはみなさない。 
授業の概要と目的
本授業の目的は,交通・物流サービスの現状と課題を理解することである。授業の進め方としては,予め報告者を定め,パワーポイントを用いてレジメを作成の上,プレゼンテーション,ディスカッションを行う。またレポート執筆のため,原稿の添削と講評,修正を指導する。本授業はDP2,CP2および3に該当する。科目ナンバリングコード:経済学科EE21101,産業社会学科EI21101 
サブタイトル
交通・物流サービスの諸問題 
到達目標
1.交通・物流の諸問題とその対策について,パワーポイント等を用いてプレゼンテーションができるようになる。2.交通・物流の諸問題とその対策について,適切なレポートを執筆できるようになる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  本ゼミナールの目的,授業方法等について説明する。 
2. 交通経済の基礎  テキスト第1章に基づき「交通経済の基礎」についてプレゼンテーション,ディスカッションを行う。 
3. 交通サービスの特徴と交通需要  テキスト第2章に基づき「交通サービスの特徴と交通需要」についてプレゼンテーション、ディスカッションを行う。 
4. 交通の供給と費用  テキスト第3章に基づき「交通の供給と費用」についてプレゼンテーション,ディスカッションを行う。 
5. 交通インフラの特徴  テキスト第4章に基づき「交通インフラの特徴」についてプレゼンテーション,ディスカッションを行う。 
6. 交通インフラの評価と費用便益分析  テキスト第5章に基づき「交通インフラの評価と費用便益分析」についてプレゼンテーション,ディスカッションを行う。 
7. 交通インフラの財源と運営  テキスト第6章に基づき「交通インフラの財源と運営」についてプレゼンテーション,ディスカッションを行う。 
8. 交通サービスの規制と競争政策  テキスト第7章に基づき「交通サービスの規制と競争政策」についてプレゼンテーション、ディスカッションを行う。 
9. 交通サービスの運賃規制  テキスト第8章に基づき「交通サービスの運賃規制」についてプレゼンテーション,ディスカッションを行う。 
10. 交通サービスの料金体系  テキスト第9章に基づき「交通サービスの料金体系」についてプレゼンテーション,ディスカッションを行う。 
11. 交通サービスの課税と補助  テキスト第10章に基づき「交通サービスの課税と補助」についてプレゼンテーション,ディスカッションを行う。 
12. 規制緩和と残された課題  テキスト第11章に基づき「規制緩和と残された課題」についてプレゼンテーション,ディスカッションを行う。 
13. 人口減少・高齢化社会における地域交通のあり方  テキスト第12章に基づき「人口減少・高齢化社会における地域交通のあり方」についてプレゼンテーション,ディスカッションを行う。 
14. 物流(ロジスティックス)  テキスト第13章に基づき「物流(ロジスティックス)」についてプレゼンテーション,ディスカッションを行う。 
15. 交通・物流施設視察  名古屋市周辺の交通・物流施設の現地視察を行う(視察先未定)。 
16. 各自研究テーマの選定  年度末のレポート執筆に向けて各自研究テーマを検討・選定する。 
17. スケルトン作成  選定した各自の研究テーマに基づくスケルトンを作成する。 
18. 各自研究テーマの報告  選定した各自の研究テーマについてプレゼンテーション,ディスカッションを行う。 
19. 先行研究の収集・分析  選定した各自の研究テーマに応じた先行研究を収集・分析する。 
20. 先行研究の報告  選定した各自の研究テーマに応じた先行研究についてプレゼンテーション,ディスカッションを行う。 
21. 提言(結論)の考察  選定した各自の研究テーマに応じた提言(結論)を検討する。 
22. 提言(結論)の報告  選定した各自の研究テーマに応じた提言(結論)についてプレゼンテーション,ディスカッションを行う。 
23. レポート1次稿作成  前回までの考察に基づきレポート1次稿を作成する。 
24. レポート1次稿の校閲・添削  作成されたレポート1次稿について,問題点の指摘,修正指示等を行う。 
25. レポート2次稿作成  レポート1次稿に対する校閲・添削を踏まえて,2次稿を作成する。 
26. レポート2次稿の校閲・添削  作成されたレポート2次稿について,問題点の指摘,修正指示等を行う。 
27. レポート3次稿作成  レポート2次稿に対する校閲・添削を踏まえて,3次稿を作成する。 
28. レポート3次稿の校閲・添削  作成されたレポート3次稿について,問題点の指摘,修正指示等を行う。 
29. レポート最終稿作成  レポート3次稿に対する校閲・添削を踏まえて,最終稿を作成する。 
30. まとめ  本ゼミナールの総括を行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 交通経済のエッセンス  田邉勝巳  有斐閣 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 現代交通問題考  衛藤卓也編  成山堂書店 
2. 交通政策入門(第2版)  衛藤卓也/大井尚司/後藤孝夫  同文舘出版 
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
演習への積極的参加(報告,質疑,課題の提出等)50%,授業外レポート50% 
受講生へのメッセージ
各回の授業内容および現地視察日程については,授業の進捗状況等により多少前後する場合がある。上記授業計画に加えて,岩手県岩泉町との連携により,同町の観光開発施策の検討(課題解決型学習:PBL)を実施予定(詳細は調整中)。 
参考URL
1. 国土交通省交通関連統計資料集 交通・物流にかかわる最も基本的な統計ウェブサイトです。 
画像
ファイル
更新日時 2020/02/10 17:56


PAGE TOP