シラバス参照

科目名 社会フィールドワーク1 
担当者氏名

太田 志乃

渋井 康弘

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-フィールドワーク・実習部門 
備考  



準備学習・事後学習
自分の周りに戦争体験者がいたら、その人の体験談に耳を傾けましょう。



毎回、授業時間の2倍の自学自習が必要です。



レポート・報告に対する講評は、授業の中で行います。成績評価の根拠はオフィス・アワーでお伝えします。 
履修上の留意
現代資本主義入門、日本経済史などが関連科目です。 
授業の概要と目的
愛知が激しい空襲に見舞われた事実を、産業構造との関連を踏まえて検証します。(科目ナンバリングコード:経済EE11201、産社EI11201)本授業はDP2/CP2、3に関連する。 
サブタイトル
愛知空襲と愛知の産業構造 
到達目標
資料を読んで事実を追うところから始めて、最後には自分自身の取材によって、埋もれていた歴史の一端を明らかにできるようになりましょう。



自分で発掘した事実をもとに、理論を実証するレポートを書くことを目標にしてください。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 愛知が経験した激しい空襲  東京に次ぐ弾薬投下量であった愛知空襲 
2. 愛知空襲と産業構造との関連  県下にあった多数の軍事工場 
3. 鷹来農場と陸軍工廠(1)  名城大学農場の前身 
4. 鷹来農場と陸軍工廠(2)  工廠に落ちたパンプキン爆弾と冷戦 
5. 鷹来農場見学(1)  農場本館見学 
6. 鷹来農場見学(2)  パンプキン爆弾の着弾地見学 
7. 中間報告第1回  レポート作成と発表 
8. 中間報告第1回  レポート作成と発表 
9. 第2次世界大戦における豊川海軍工廠の位置(1)  豊川地域に登場した海軍工廠 
10. 第2次世界大戦における豊川海軍工廠の位置(2)  豊川海軍工廠が果たした役割 
11. 豊川海軍工廠の生産体制(1)  工廠内の生産システム 
12. 豊川海軍工廠の生産体制(2)  外注先となった部品メーカー 
13. 豊川海軍工廠と学生たち(1)  動員された少年・少女 
14. 豊川海軍工廠と学生たち(2)  激しい空襲に見舞われた動員学徒 
15. 豊川海軍工廠跡見学(1)  桜ヶ丘ミュージアムでの資料集め 
16. 豊川海軍工廠跡見学(2)  工廠周辺の地域見学 
17. 中間報告第2回  レポート作成と発表 
18. 中間報告第2回  レポート作成と発表 
19. 朗読会「愛知空襲を読む」  緑風の会による戦時下の日記・書簡・手記朗読 
20. 朗読会「愛知空襲を読む」  緑風の会による戦時下の日記・書簡・手記朗読 
21. ピースあいち見学(1)  愛知空襲の事実検証 
22. ピースあいち見学(2)  学徒動員の歴史検証 
23. 中間報告第3回  レポート作成と発表 
24. 中間報告第3回  レポート作成と発表 
25. 愛知時計の空襲検証(1)  飛行艇を運び出した堀川 
26. 愛知時計の空襲検証(2)  機銃掃射を受けた工場の壁 
27. 愛知の産業構造(1)  繊維に始まるものづくりの伝統 
28. 愛知の産業構造(2)  繊維から機械へ:ものづくりが兵器づくりに転用される背景 
29. 最終報告  自説の発表と質疑応答 
30. 最終報告  自説の発表と質疑応答 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 『フィールドワーク・豊川海軍工廠』  豊川海軍工廠跡地保存をすすめる会  平和文化 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
フィールドワーク・演習 
成績評価方法及び評価基準
毎回の授業での討論への参加の仕方とレポート・報告の内容によって評価します。各回のコメントで50%、最終のレポート・報告で50%の判定内訳となります。 
受講生へのメッセージ
見学の際のバス利用と指導の都合上、履修者を20名以内に制限します。初回の授業で履修者を確定しますので、必ず出席してください(欠席だと履修できません)。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 10:57


PAGE TOP