シラバス参照

科目名 経済史総論1 
担当者氏名

折原 卓美

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-専門基礎部門 
備考  



準備学習・事後学習
毎回、授業時間の2倍の自学自習が必要です。シラバスに沿って講義を進めていきますので、予習・復習を必ず行ってください。



 定期試験については、講評を行って、Campusmate-Jの「講義連絡登録」により、受講者に送信する。 
履修上の留意
今日の社会を形成している経済の仕組みがどのようにして成り立っているのか、またどのようにして変化してきたのかを理解してもらうことが、この講義の目的です。学生諸君は、このことを十分理解した上でこの講義を受講してください。 
授業の概要と目的
この講義の目的は、大学で経済学を学ぼうとする学生に対して経済学の基礎となる歴史認識を涵養することにあります。経済学は言うまでもなく人間社会の経験的事実を研究対象としており、歴史認識と深く関わりながら発展してきた学問です。したがって、この講義では、現代の私たちの日々の生活の基礎となっている資本主義経済の仕組みがどのように形成され、発展してきたかを歴史的に見ていくことにします。(科目ナンバリングコード:経済EE11005、産社EI11005)本授業はDP2/CP2に関連する。 
サブタイトル
歴史的視点から現代経済社会を理解する。 
到達目標
現代の経済システムに対する歴史的認識を深めること、及び経済学の基礎概念を習得すること。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  授業の進め方、テキスト、定期試験、成績評価等の説明。 
2. 経済史について  経済史とはどのような学問か。どのような発展をたどってきたのか等について。 
3. 東西文明の興隆  生産の開始と文明の誕生。中国、オリエント、インダスの農業。 
4. 古代地域国家の経済制度  古代中国、ギリシア・ローマ、イラン古代王朝、インド古代王朝について。 
5. 民族移動と経済制度の変質  中国、インド、ローマ帝国における民族移動と経済変化について。 
6. 東西世界の対立と交流  隋・唐王朝の「世界帝国化」、イスラームの誕生と拡大。 
7. ゲルマン人国家とキリスト教社会  ヨーロッパ封建制の芽生え 
8. 東アジア・西アジア・ヨーロッパ諸勢力の対決と交流  ウマイヤ朝・フランク王国の対決、唐・アッバース朝の対決、イスラーム教国とキリスト教国の対決。 
9. 東西アジアの融合  東の世界の商業活動、西の世界の商業活動。 
10. アジア近世帝国の時代  明、モンゴル、ムガル帝国、オスマン帝国について。 
11. ヨーロッパ近世王国の時代  百年戦争と中央集権国家の確立、ロシア、地理上の発見などについて。 
12. 資本主義の生成と近代社会の登場  前近代の市場経済と近代の市場経済。近代国家資本主義の歴史的前提の東西比較。 
13. 封建制の崩壊と資本主義の生成  集権的封建制、分権的封建制、「市民革命」、「上からの変革」などについて。 
14. 産業革命と「近代」社会の登場  産業革命の歴史的意義、イギリス産業革命について。 
15. 授業のまとめ  これまでの授業で学んできたことについて総括する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 世界経済の歴史  金井・中西・福澤編  名古屋大学出版会 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
講義 
成績評価方法及び評価基準
レポートの評価を100%とします。 
受講生へのメッセージ
授業においては、学習の便宜のためにサブノート形式のプリントを配布するが、漫然と板書されたものを記述するだけでなく、講義に集中してほしい。どのような質問でも歓迎します。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 11:01


PAGE TOP