シラバス参照

科目名 経済理論入門(経済学科1年次) 
担当者氏名

杉本 大三

全開講対象学科 経済学部経済学科
経済学部産業社会学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 前期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-専門基礎部門 
備考  



準備学習・事後学習
必要に応じて準備学習のために課題を出すので、しっかり取り組んでほしい。また、講義中はしっかりメモを取り、講義の終了後にはノートを整理して知識の確実な習得に努めること。毎回,授業時間の2倍の自学自習が必要です。授業期間中に出した課題については,授業内において継続的な解説,講評等を行う。定期試験については,Campusmate-Jの「講義連絡登録」により,受講者に講評を通知する。 
履修上の留意
私語には厳しく対処します。 
授業の概要と目的
モノやサービスの価格はどのように決まるのか、企業の利潤はどこから発生するのか、働く人々の給料はどのように決まるのか、一国の経済成長とはどのようなことを指し、その源泉はどこにあるのか、急激に進む技術革新は経済とどのような関係にあるのかなど、経済学を学び始めようとする人がまず考えてみたいと思うことを、理論的に検討します。講義の後半では、国家と経済の関係や、デフレーション、金融制度など応用的な問題を取り上げて講義します。日々生起する社会問題と向き合うことができるような、現実に即した経済理論の習得を目指す講義です。(科目ナンバリングコード:経済EE11003、産社EI11003)本授業はDP2/CP2に関連する。 
サブタイトル
資本主義社会の仕組みを解きほぐす 
到達目標
1.市場の機能について説明できる。



2.利潤の源泉を説明できる。



3.経済成長が生じるための諸条件を説明できる。



4.社会システムの時間的可変性と空間的多様性を理解できる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 経済学とはどのような学問か  過去数百年ほどの間に人々がどのような社会問題に直面したのかを整理し、経済学が生まれてきた背景や経済学の諸潮流を解説する。 
2. 市場という制度  市場が成立する前提条件としての社会的分業を検討し、市場の諸機能を解説する。 
3. 資本と労働  資本主義経済システムの特徴を解説したうえで、剰余が利潤として生産されることと、資本と労働が原理的に対立関係にあることを明らかにする。 
4. 剰余の生産  剰余生産物の歴史的諸形態について解説する。また国民経済計算体系の中で、剰余生産物がどのように位置づけられるのかを検討する。 
5. 平均利潤率の成立  同一部門内での特別剰余価値をめぐる諸資本の競争と、より高い利潤率を求める資本の部門間移動を通じて、平均利潤率が成立することを明らかにする。 
6. 地代の成立  平均利潤率が成立する仕組みをふまえて、なぜ土地を借りると地代を支払うことになるのかという問題を考える。 
7. 技術変化とはなにか  技術変化が経済成長や社会システムに及ぼす影響について、具体的事例を通じて検討する。 
8. 技術変化と経済  技術変化が経済成長や社会システムに及ぼす影響について、理論的に検討する。 
9. 資本蓄積と経済成長 1  世界各国の経済成長の歴史を経済的諸変数とともに明らかにし、経済成長の諸要因を明らかにする。 
10. 資本蓄積と経済成長 2  日本の高度経済長を素材として、資本蓄積と経済成長について具体的に解説する。 
11. 産業構造の転換  エンゲルの法則に基づいてペティ=クラークの法則を解説する。さらに、明治期以降の日本における産業構造の転換過程を具体的に説明する。 
12. 日本の通貨制度  日本の通貨制度を中央銀行の役割を中心に概説する。 
13. 日本の金融政策  近年の日本の金融政策について解説する。 
14. 国家と財政  国家の役割とそれを果たすための機構について検討したうえで、国家による経済活動、国家の経済への介入、それらの歴史的変遷について解説する。 
15. 講義のまとめ  これまでの講義を改めて振り返り、知識の整理を行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 指定しない。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 入門社会経済学  宇仁宏幸、坂口明義、遠山弘徳、鍋島直樹  ナカニシヤ出版 
授業方法の形式
講義形式 
成績評価方法及び評価基準
レポート100%。 
受講生へのメッセージ
特になし。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/07/03 10:59


PAGE TOP