シラバス参照

科目名 フランス語初級1 
担当者氏名

堀畑 正樹

全開講対象学科 経営学部国際経営学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 教養教育部門-言語コミュニケーション 
備考  



準備学習・事後学習
「フランス語入門」の授業ですでに述べたように、未習の言語であっても、まず自分で教科書を予習することが重要である。何が書いてあるのか、自分でどこまで理解できるか、試してほしい。授業では、教員が説明を繰り返し、ポイントを指摘するので、メモを取ること。そしてその取りためたメモを何度も読み返してほしい。外国語の入門や初級では、なんといっても復習がものをいう。予習には30分程度、復習にも30分程かける。復習のとき大切なことは、その外国語が隠し持つ論理や考え方に触れようとすることである。それには、自分が感じる素朴な疑問を大事にして、そこを出発点にするとよい。なお、課題(試験やレポート等)については、講評、解説等をまとめたペーパーを、追・再試験終了後に研究室前に設置する。 
履修上の留意
「フランス語入門」を履修していること。この授業でも、新たな外国語フランス語に取り組み、英語や日本語との違いについて考えてほしい。 
授業の概要と目的
本授業はCP1およびDP1に該当する。。
フランス語の基礎を固める授業で、「フランス語入門」を引き継ぎ、フランス語でコミュニケーションを行う上で必要な知識・技能を身につける授業である。 耳と口の訓練を繰り返し行い、 フランス語の聞き取り、 自己表現に必要な文型、 言い回し、 語彙の獲得をめざす。 また、 フランス語でコミュニケーションを行うには、 フランスの生活、 社会、 文化等に関する知識が必要になってくるので、 そうした知識も少しずつ身につけていけるようにする。
(科目ナンバリングコード:BI10607) 
サブタイトル
フランス語基礎の習得とフランスの文化・社会入門 
到達目標
フランス語の発音と初級レベルのフランス語の理解ができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 関係代名詞(1)  《qui, que, où, dont》について。 
2. 複合過去  直説法複合過去の形態と用法について。 
3. 半過去  直説法半過去の形態と用法について。 
4. 単純未来  直説法単純未来の形態と用法について。 
5. 比較と最上級  フランス語の比較級と最上級について。 
6. 受動態  フランス語の受動表現について。 
7. 条件法  フランス語の法と時制、条件法の形態と用法。 
8. 接続法  接続法の形態と用法について。 
9. 現在分詞  現在分詞の形態と用法について。 
10. ジェロンディフ  ジェロンディフの形態と用法について。 
11. 単純過去  直説法単純過去の形態と用法について。 
12. 強調文  フランス語の強調構文について。 
13. 関係代名詞(2)  《 lequel 》型の関係代名詞について。 
14. 数詞  フランス語の数の表し方について。 
15. 総括  これまでの授業の総括を行う。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 新・フランス語文法 三訂版  春木仁孝他  朝日出版社 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. ディコ仏和辞典  中条・丸山・吉川他  白水社 
授業方法の形式
講義 
成績評価方法及び評価基準
平常点60%:予習・復習や質疑応答など、積極的な授業参加度(40%)と授業態度(20%)を評価する。定期試験40%:授業内容の理解度を評価する。
なお、課題(試験やレポート等)については、講評、解説等をまとめたペーパーを、追・再試験終了後に研究室前に設置する。 
受講生へのメッセージ
うまずたゆまずやろう。 とにかく続けること。 そして実際に使ってみよう。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/02/25 13:12


PAGE TOP