シラバス参照

科目名 専門ゼミナール3 
担当者氏名

伊藤 秀俊

全開講対象学科 経営学部経営学科
経営学部国際経営学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール部門 
備考  



準備学習・事後学習
・授業の前提として,テキストを読んでおくこと。
・各回の授業計画で指定した範囲のテキストの箇所を事前に読んでおくこと。
・次回の授業範囲を予習し,専門用語の意味などを理解しておくこと。その上で復習を行うこと。その他,新聞,雑誌,ニュース等で情報を収集・整理しておくこと。準備・事後学習時間を4時間以上確保すること。 
履修上の留意
毎回必ず予習してくること。自分の力で卒論の題目と構成を決めること。卒論作成のための資料蒐集を必ずすること。少しずつ自分の能力を最大限に使って卒論を書いていくこと。 
授業の概要と目的
本授業はCP3およびDP2に該当する。
日本の主要な業界、例えば自動車、エレクトロニクス、情報通信、流通などの業界の現状について研究する。それと並行して企業の成長性と倒産の危険性(安全性)の分析や、どのような商品を販売し、どのような組織になっているのかなどについての研究も行っていきます。こうした企業の経営や業界の現状分析を行っていくことを通じて、広い視野から日本経済や企業経営の現状を分析し、判断し,表現することができる。指導教授と主にディスカッションのアクティブラーニングを行う方法を採用する。講義内容を補足し理解を深めるため,適宜,外部講師による講演を実施する場合もある。
(科目ナンバリングコード:経営BB41701、国際BI41801) 
サブタイトル
財務会計学を理解すると同時に企業の財務諸表を読みこなし、自分で判断し、表現する能力を身に付けるためのゼミナール-企業の経営分析と業界研究- 
到達目標
企業の経営分析技法(財務諸表の比率分析法)のマスターとプレゼンテーション能力の向上、および財務会計学の高度な専門性の全般的理解ができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 卒業論文作成のためのガイダンス  卒業論文の位置づけ、テーマの選定方法、論文の書き方等について具体的なガイダンスを行う。その上で、次回までに各自、卒論テーマの課題とそのテーマ選定理由、および問題意識などを考えてもらう。他方、財務会計学のテキストのレポーターを決める。 
2. 卒業論文の課題、問題意識等の討議  記の課題について、各自1人ずつプレゼンテーションをしてもらい、それをめぐってディスカッションを行う。また、次回までに1人ずつ卒論のテーマに関する文献を一つ以上集め、その文献の要約を発表してもらう。 
3. 卒業論文作成のための文献内容
報告と討議(1) 
上記の課題について、各自1人ずつ文献内容のレジュメに沿って報告し、その後、全員でディスカッションを行い、報告者のために有用な意見をのべる機会を設ける。 
4. 卒業論文作成のための文献内容報告と討議(2)  上記の課題について、各自1人ずつ文献内容のレジュメに沿って報告し、その後、全員でディスカッションを行い、報告者のために有用な意見をのべる機会を設ける。 
5. 卒業論文作成のための文献内容報告と討議(3)  上記の課題について、各自1人ずつ文献内容のレジュメに沿って報告し、その後、全員でディスカッションを行い、報告者のために有用な意見をのべる機会を設ける。 
6. 卒業論文作成のための文献内容報告と討議(4)  上記の課題について、各自1人ずつ文献内容のレジュメに沿って報告し、その後、全員でディスカッションを行い、報告者のために有用な意見をのべる機会を設ける。 
7. 卒業論文作成のための文献内容報告と討議(5)  上記の課題について、各自1人ずつ文献内容のレジュメに沿って報告し、その後、全員でディスカッションを行い、報告者のために有用な意見をのべる機会を設ける。 
8. 卒業論文作成のための文献内容報告と討議(6)  上記の課題について、各自1人ずつ文献内容のレジュメに沿って報告し、その後、全員でディスカッションを行い、報告者のために有用な意見をのべる機会を設ける。 
9. 卒業論文作成のための文献内容報告と討議(7)  上記の課題について、各自1人ずつ文献内容のレジュメに沿って報告し、その後、全員でディスカッションを行い、報告者のために有用な意見をのべる機会を設ける。 
10. 卒業論文作成のための文献内容報告と討議(8)  上記の課題について、各自1人ずつ文献内容のレジュメに沿って報告し、その後、全員でディスカッションを行い、報告者のために有用な意見をのべる機会を設ける。 
11. 卒業論文作成のための文献内容報告と討議(9)  上記の課題について、各自1人ずつ文献内容のレジュメに沿って報告し、その後、全員でディスカッションを行い、報告者のために有用な意見をのべる機会を設ける。 
12. 卒業論文作成のための文献内容報告と討議(10)  上記の課題について、各自1人ずつ文献内容のレジュメに沿って報告し、その後、全員でディスカッションを行い、報告者のために有用な意見をのべる機会を設ける。 
13. 卒業論文作成のための文献内容報告と討議(11)  上記の課題について、各自1人ずつ文献内容のレジュメに沿って報告し、その後、全員でディスカッションを行い、報告者のために有用な意見をのべる機会を設ける。 
14. 卒業論文作成のための文献内容報告と討議(12)  上記の課題について、各自1人ずつ文献内容のレジュメに沿って報告し、その後、全員でディスカッションを行い、報告者のために有用な意見をのべる機会を設ける。 
15. 卒業論文作成のための文献内容報告と討議(13)  上記の課題について、各自1人ずつ文献内容のレジュメに沿って報告し、その後、全員でディスカッションを行い、報告者のために有用な意見をのべる機会を設ける。 
16. 卒業論文作成のための文献内容報告と討議(14)  上記の課題について、各自1人ずつ文献内容のレジュメに沿って報告し、その後、全員でディスカッションを行い、報告者のために有用な意見をのべる機会を設ける。 
17. 卒業論文作成のための文献内容報告と討議(15)  上記の課題について、各自1人ずつ文献内容のレジュメに沿って報告し、その後、全員でディスカッションを行い、報告者のために有用な意見をのべる機会を設ける。 
18. 卒業論文作成のための文献内容報告と討議(16)  上記の課題について、各自1人ずつ文献内容のレジュメに沿って報告し、その後、全員でディスカッションを行い、報告者のために有用な意見をのべる機会を設ける。 
19. 卒業論文作成のための中間報告と討議(1)  卒業論文の作成の途中経過を中間報告というかたちで1人ずつ行い、さらにディスカッションによって完成に近づける作業を行う。毎回2人ずつの予定で進めていく。 
20. 卒業論文作成のための中間報告と討議(2)  卒業論文の作成の途中経過を中間報告というかたちで1人ずつ行い、さらにディスカッションによって完成に近づける作業を行う。毎回2人ずつの予定で進めていく。 
21. 卒業論文作成のための中間報告と討議(3)  卒業論文の作成の途中経過を中間報告というかたちで1人ずつ行い、さらにディスカッションによって完成に近づける作業を行う。毎回2人ずつの予定で進めていく。 
22. 卒業論文作成のための中間報告と討議(4)                         卒業論文の作成の途中経過を中間報告というかたちで1人ずつ行い、さらにディスカッションによって完成に近づける作業を行う。毎回2人ずつの予定で進めていく。 
23. 卒業論文作成のための中間報告と討議(5)  卒業論文の作成の途中経過を中間報告というかたちで1人ずつ行い、さらにディスカッションによって完成に近づける作業を行う。毎回2人ずつの予定で進めていく。 
24. 卒業論文作成のための中間報告と討議(6)  卒業論文の作成の途中経過を中間報告というかたちで1人ずつ行い、さらにディスカッションによって完成に近づける作業を行う。毎回2人ずつの予定で進めていく。 
25. 卒業論文作成のための中間報告と討議(7)  卒業論文の作成の途中経過を中間報告というかたちで1人ずつ行い、さらにディスカッションによって完成に近づける作業を行う。毎回2人ずつの予定で進めていく。 
26. 卒業論文作成のための中間報告と討議(8)  卒業論文の作成の途中経過を中間報告というかたちで1人ずつ行い、さらにディスカッションによって完成に近づける作業を行う。毎回2人ずつの予定で進めていく。 
27. 卒業論文の草稿の発表(1)  卒業論文作成の完成に向けて、最終の発表と討議の機会にする。 
28. 卒業論文の草稿の発表(2)  卒業論文作成の完成に向けて、最終の発表と討議の機会にする。 
29. 卒業論文の草稿の発表(3)  卒業論文作成の完成に向けて、最終の発表と討議の機会にする。 
30. 卒業論文の草稿の発表(4)  卒業論文作成の完成に向けて、最終の発表と討議の機会にする。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. その都度指示する。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
卒業論文 100% 
受講生へのメッセージ
ゼミナールは、講義を行う場ではなく、学生自らが主体的に討議を行い、分析や研究の成果をプレゼンテーションする場であると位置づけています。したがって、受け身の姿勢ではなく、自発的に進んで自ら研究課題に取り組んだり、問題解決のために努力する姿勢が要求されます。こうした姿勢を自覚することができるようになれば、将来どんな道に進んでも必ず自分で納得できる人生を歩むことができるはずです。ますます不安定な社会の中で生きていくことを余儀なくされる今日だからこそ、ゆるぎない自分の生き方を模索する必要があると思います。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/02/25 09:56


PAGE TOP