シラバス参照

科目名 (特1)金融機関論 
担当者氏名

西垣 鳴人

全開講対象学科 経営学部経営学科
経営学部国際経営学科
年次 3年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-国際経営・経済学部門 
備考  



準備学習・事後学習
前の回に事前配布するプリント(初回のみ当日配布)を読み込んで、わからない用語を調べておいてください。事後的には授業中の演習問題を中心に振り返ってください。以上について毎週合計4時間取り組んでください。 
履修上の留意
「ファイナンス入門」「金融論」および前期開講の「金融システム論」の知識が前提となります。それらの単位を取得していることが望ましいですが、本科目の履修要件にはしません。ただし習得上の有利不利を決めることは間違いなく、未履修者はより一層の努力が求められます。
授業形態としては講義と演習問題を交互に行い、知識の定着を図ります。定期試験の7割は授業中の演習問題から(計算問題の場合は数値だけ変えて)出題されます。残り3割は配布プリントに書かれたこととその他授業中扱った内容を出題範囲とします。単位取得、特にハイスコアのためには上に書いた準備学習・事後学習が要と言ってよいでしょう。 
授業の概要と目的
本授業はCP2およびDP2に該当する。
各金融機関がターゲットとする利用者との関わり方、立地する地域とのかかわり方について、実例を交え具体的にイメージできるよう講義したいと思います。
講義内容を補足し理解を深めるため、適宜、外部講師による講演を実施する場合もある。 
サブタイトル
日本の金融機関の経営について深く知ろう 
到達目標
日本における各金融業態(銀行・証券・保険等)に固有な経営内容を説明できる一方で、特徴的な経営を行っている個別金融機関のコンピタンスについて説明できる。業態別の規制に関して必要となる各種計算が出来る。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 日本における金融機関の概要  日本で活動する金融機関の全体を概観します。 
2. 銀行/預金取扱金融機関(1)  銀行(預金取扱金融機関)の基本業務について知識の確認をした上で,銀行の基本ビジネス・モデルについて考察します。 
3. 銀行/預金取扱金融機関 (2)  銀行が直面する諸リスクについて学び,事前的プルーデンス政策を概観します。 
4. 銀行/預金取扱金融機関(3)  バーゼル規制と早期是正措置,バーゼルⅡおよびバーゼルⅢについて学びます。 
5. 銀行/預金取扱金融機関(4)  事後的プルーデンス政策,不良債権区分,不良債権の処理手続き,リレーションシップバンキングについて学びます。 
6. 日本の金融行政機関  金融庁とその他金融行政機関の役割につて学びます。 
7. 生命保険 と 損害保険 (1)  保険の基本的な仕組みや保険契約について学びます。 
8. 生命保険 と 損害保険 (2)  保険料の算定方法,損害保険の保険金,生命保険の余剰金と保険会社自身のリスクについて学びます。 
9. 生命保険 と 損害保険 (3)  各種の損害保険商品、損害保険商品、第三分野の保険商品について広く学びます。 
10. 生命保険 と 損害保険 (4)  保険法と保険業法,保険会社の経営形態,保険契約者の保護等について学びます。 
11. 証券会社の経営 (1)  わが国証券業の 歴史と現状,証券会社業務の全体,グローバルに事業展開する証券会社の事例等について学びます。 
12. 証券会社の経営 (2)  地場証券の事例研究,及び信用取引のメリットとデメリットについて学びます。 
13. 政府系金融 と 財政投融資 (1)  明治から20世紀末に至るわが国政府系金融の歴史について学びます。 
14. 政府系金融 と 財政投融資 (2)  政府系金融の役割,財投改革と郵政民営化,現代の政府系金融機関について学びます。 
15. SDGsとフィンテック  フィンテックを利用した新しい金融ビジネス,ソーシャルファイナンスなどの潮流について金融機関側の観点から考察します。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. テキストの代わりに毎回資料プリントを配布  担当者が作成   
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜、紹介する     
授業方法の形式
講義 
成績評価方法及び評価基準
課題レポート(2回)50%、定期試験50%。 
受講生へのメッセージ
身につけることは少なくないですが,準備学習・事後学習がしっかりしていれば高いスコアが期待できます。 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2020/02/17 11:09


PAGE TOP