シラバス参照

科目名 人間と環境 
担当者氏名

相川 奈美

五十畑 浩平

瀬川 新一

田中 武憲

中川 宏道

長尾 晃宏

新美 潤一郎

堀川 新吾

堀畑 正樹

槇野 均

宮崎 信二

村上 広一

柳田 純也

田澤 宗裕

全開講対象学科 経営学部経営学科
経営学部国際経営学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 後期 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 教養教育部門-基軸科目 
備考  



準備学習・事後学習
各回講義の「内容欄」に記されている説明文を読み、理解できない語彙や事柄について、準備学習として2時間下調べをしておくこと。また、講義後は復習として2時間、各回の講義中に紹介された参考文献を読み、各テーマについて自らの考えを深めること。課題(レポート)については、学生ポータルサイトの「講義連絡」において、成績発表日以降の一定期間、講評等を掲載する。 
履修上の留意
①必要に応じて講義資料プリントを配布するが、その回の出席者にしか配布しないので注意すること。 
②本講義に関する連絡は、掲示板やポータルサイトを通じて行うので、掲示連絡をチェックするよう注意すること。
③やむを得ない事情で講義順序の変更、担当者変更などが生じる場合があるかもしれない。その場合は事前に連絡する。 
④毎回、講義の最後15分間でレポートを作成してもらう。その際に学籍番号をマークする箇所があるので、しっかりとマークすること。          
授業の概要と目的
本授業はCP1およびDP1に該当する。
人間をとりまく環境には自然環境、生活環境、文化環境、社会環境など様々な側面がある。本講義ではこのような認識のもと、人間と環境の関わりについて学び、そこに存在する諸問題について考察を深めていく。さらにそれらを解決するために我々ができることを共に考えていく。
(科目ナンバリングコード:経営BB10001、国際BI10001) 
サブタイトル
人間と自然環境・生活環境・文化環境・社会環境 
到達目標
「21世紀型市民」として生きるために必要な基盤的教養を養成することができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 「ガイダンス」
担当:瀬川新一 
本講義の概要と目的、授業の進め方、履修・受講時の注意事項、評価方法、到達目標と準備学習・事後学習の行い方について説明する。(キーワード:自然環境・生活環境・文化環境・社会環境) 
2. 「地球・人類史からみた企業経営」
担当:宮崎信二 
人類史の中での企業経営の位置を示すとともに社会科学としての経営学をどのように見ればよいかを考える。また、現代の企業経営の課題を、イノベーション、成長、格差社会、環境問題等で見ることとする。(キーワード:企業経営、イノベーション、成長、格差社会、環境問題) 
3. 「愛知とトヨタのものづくり」
担当:田中武憲 
愛知県は1977年以後ものづくり日本一を続けており、その筆頭がトヨタをはじめとした自動車産業である。自動車産業が「100年に一度」の変革期を迎えるなか、愛知とトヨタのものづくりの特徴と課題を考える。(キーワード:トヨタ生産方式、CASE、MaaS) 
4. 「キャリア形成―夢とキャリアの関係性」
 担当:五十畑浩平 
自分が思い描く「夢」は、とことん追求すべきものなのか?それとも、「現実」と折り合いをつけ、あきらめるべきものなのか?夢か現実か?自身のキャリアを決定していく際、重要なテーマのひとつとなる。本講義では、キャリア理論を踏まえながら、その謎を解き明かすとともに、自身の将来のキャリアについて考えを深めてもらう。 (キーワード:キャリア、クランボルツ、計画的偶発性) 
5. 「内部留保を考える」
担当:柳田純也 
本講義では、第一に内部留保とは何か?について検討する。第二に、内部留保の活用策について考えていく。(キーワード:内部留保、ステイクホルダー) 
6. 「生活と金融」
担当:田澤宗裕 
金融にかかわる出来事は私たちの普段の生活の中に数多く存在している。本講義では、身近な話題を取り上げながら、金融に関わる諸問題について一緒に考えていく。(キーワード:金融リテラシー、パーソナル・ファイナンス、資産形成) 
7. 「生活と原価」
担当:相川 奈美 
本講義では、様々な企業(産業)が提供する製品やサービスの価格の構成要素である原価に注目し、原価の本来の意味を知ることによって、一般の生活の中でも損をしない意思決定や買い物が出来るような知識や方法を身につけられる講義をしていく。(キーワード:原価、利益、価格) 
8. 「なぜ思わず買ってしまうのか?」
担当:中川宏道 
消費者はなぜ「思わず買ってしまう」のか?本講義では、消費者が買い物をするときに得(損)と感じるメカニズムを理解することを通して、消費者心理学を学んでいく。(キーワード:プロスペクト理論、フレーミング効果、心理的財布) 
9. 「マーケティングとデータ分析」
担当:新美潤一郎 
近年では企業におけるデータに基づいた意思決定の重要性が高まっている。本講義ではデータ活用が必要となる背景や実際のデータの種類、マーケティングへの応用における問題点など企業のデータ活用の現状について幅広く学習する。(キーワード:ビッグデータ、データ分析、マーケティング) 
10. 「マーケティングと地球環境」
担当:長尾晃宏 
本講義では、ソーシャル・マーケティング、グリーン・マーケティング、グリーン・コンシューマーなどの視点からマーケティングと地球環境の係わりについて考察する。(キーワード:消費社会、地球環境問題、グリーン・マーケティング) 
11. 「メディアとコミュニケーション」
担当:堀川新吾 
メディア特にSNSなどについて、コミュニケーションのモード、メディアの特性とその適切な使い方を学ぶ。(キーワード:コミュニケーション、メディア、SNS) 
12. 「生活とからだ」
担当:槇野 均 
社会環境の複雑化により日常生活や労働の自動化(機械化)が進んだ影響で、体力の低下や食文化の変化による栄養の過剰摂取等、メタボリック症候群と同じ生活習慣病(成人病)が若年層に増えている。本講義ではその対策について学んでいく。 (キーワード:健康管理・身体活動・生活習慣) 
13. 「コンプライアンスと法」
担当:村上広一 
会社は法律とどう向き合うか。まず、法は、ビジネスを行う上で常識として身につけておくべき知識やセンスである。経営者や法務部の人だけが理解していればよいものではない。また、法令違反などの企業不祥事が、株主・取引先・消費者などに重大な影響を与えるだけでなく、業績の悪化につながり、会社の存続そのものを揺るがすこともある。会社と法とのつきあいかたについて考える。(キーワード:企業経営と法、コンプライアンス) 
14. 「なぜ外国語を学ぶのか?」
担当:堀畑正樹 
エリ・ヴィーゼルの『夜』などを具体例にして、外国語を学ぶことによって、われわれの何が変わるのか?外国語を学ぶ意義について述べる。(キーワード:ものの見方、言語と思考、相対化) 
15. 「講義の総括とまとめ」
担当:瀬川新一 
基盤的教養の養成・習得の観点に立ち、「人間と環境」の関係について、多様な視点から再分析と総括を行う。(キーワード:21世紀型市民・教養教育・生涯学びを楽しむ) 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 必要に応じて講義資料プリントを配布する。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 各回の講義で指示する     
授業方法の形式
リレー講義形式 
成績評価方法及び評価基準
各回の講義の最終15分でレポートを作成し提出してもらう。全レポートの合計点(100%)で成績評価する。課題(レポート)については、学生ポータルサイトの「講義連絡」において、成績発表日以降の一定期間、講評等を掲載する。
  
受講生へのメッセージ
①本講義を通して、各回講義テーマについて自分自身で考察し、自分の言葉で自分の考えを文章にするという習慣を身につけること。そしてそれを通して、能動的な学習態度の養成につなげてもらいたい。 
②我々をとりまく環境について問題意識を高めるため、日頃から積極的に報道などに接して関心を深めるようにすること。 
参考URL
1. 必要に応じ適宜指示する   
画像
ファイル
更新日時 2020/02/25 10:09


PAGE TOP