シラバス参照

科目名 基礎ゼミナール 
担当者氏名

高山 晃郎

全開講対象学科 経営学部経営学科
経営学部国際経営学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール部門 
備考  



準備学習・事後学習
授業前は、経営経済に関する新聞記事を読んでおくこと(2時間)。授業後は、学んだ内容について、さらに各自で調べ、自分の言葉で説明できるようにすること(2時間)。 
履修上の留意
毎日、新聞を読む習慣をつけてほしい。 
授業の概要と目的
本授業はCP3およびDP3に該当する。
本格的な研究となる専門ゼミナールへの準備として、初学者に必要となる“読む”、“調べる”、“考える”、“書く”、“発表する”技術の基礎固めを目的とする。後半においては、学生自らがテーマを決定し、調査を行い、発表するという“研究の実習”を行う。プレゼンテーション、ディスカッション、ディベートを行うほか、適宜少人数のグループに分かれてグループワークを行う。発表や課題については、授業内で継続的に解説、講評、質問対応等を行う。講義内容を補足し理解を深めるため、適宜、外部講師による講演を実施する場合もある。
(科目ナンバリングコード:経営BB11701、国際BI11801) 
サブタイトル
2年次から始まる専門ゼミナールへの備え 
到達目標
“読む”、“調べる”、“考える”、“書く”、“発表する”技術の基礎を身につけ、実践することができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  このゼミナールの概要の説明を行う。また受講者それぞれの自己紹介を含めた今後の抱負等も聞き、ゼミナールの中身にできるだけ反映させたいと考えている。 
2. 大学で学ぶこと(1)  先ず、この回では、これから受講者がそれぞれの専門を見つけて勉強していく中で、どのように書物を読んでいけばよいのか、ということについて、担当教員の経験等も含めた話をしていく。また「極めたい本がある」=「極めたい分野がある」との認識から、どのようにその本にたどり着けばよいのかなどについても皆で話し合いたいと思う。 
3. 大学で学ぶこと(2)  通常のゼミナールでは必ず、レジュメを作成して、その内容を報告するのが一般的である。とはいえ、最初からできるはずもないので、この回では、レジュメの作成の方法について説明する。とても重要なノウハウなのできちんと身に付けてほしい。 
4. 図書館ツアー  図書館ツアーを実施する。 
5. 本の読み方(1)  第2回で説明した事項を含め、どのように書物を読んでいくのかを、担当教員の経験を交えながら、学生とディスカッションしながら、授業を進めていく。 
6. 本の読み方(2)  第5回の内容を確認した後で、さらに補足すべき事項について、学生の意見を聞きながら、授業を進めていく。 
7. 資料収集の方法(1)  この回では、資料収集のうち、本、雑誌等について、どのような方法で入手することができるのかを、具体的な方法を提示する形で、説明する。 
8. 資料収集の方法(2)  この回では、資料収集のうち、インターネットで入手可能なものについて、どのような方法で情報を入手することができるのかを、具体的な方法を提示する形で、説明する。 
9. Woomax授業(1)  考える力を高める。 
10. Woomax授業(2)  考える力を高める。 
11. Woomax授業(3)  考える力、伝える力を高める。 
12. Woomax授業(4)  考える力、伝える力を高める。 
13. Woomax授業(5)  考える力、伝える力を高める。 
14. レポート作成と報告  前期の内容を踏まえた上で、受講者が自ら課題を設定し、簡単なレポート報告をしてもらう。その際、自らの力で何らかの統計データも最低一つはつけるようにして欲しい。 
15. 前半のゼミナールのまとめ  前半のゼミナールで学んだことについて、整理する。また受講者にゼミの感想を述べてもらおうと思う。 
16. 個別発表会の説明  この後半から、個別発表会の準備を行う。個別発表会とは、各自がそれぞれにテーマを決めて、調査し、皆の前で発表するものである。この内容について、説明する。 
17. 個別発表会のテーマ設定(1)  この回では、個別発表会のテーマについて、議論し、どのようなテーマを扱うのかを各自それぞれで考えていく。担当教員は、そのテーマを聞き、コメントをする。 
18. 個別発表会のテーマ設定(2)  前回に引き続き、テーマの設定を行う、研究を進めていく上で、テーマというものは非常に重要なものであることを伝えることができればと考えている。 
19. 資料収集の方法の復習  この回では、資料収集の方法についての復習を行う。再度、資料収集の方法を復習することにより、後半に行う個人発表会の内容をより良いものにしたいと考えている。 
20. ワード、エクセル、パワーポイントの使い方の復習  この回では、ワード、エクセル、パワーポイントの使い方の復習を行う。このことにより、、個人発表会の内容をよろ良いものにしたいと考えている。 
21. 個別発表会に向けての準備(1)  個別発表会に向けた準備を行う。具体的に、どのように調べ、研究していくのかをアドバイスする。 
22. 個別発表会に向けての準備(2)  引き続き、前回と同様に、個別発表会に向けた準備を行う。 
23. 個別発表会の中間報告  個別発表会を前にして、中間報告を行い、今後、当日に向けて、どのような準備が必要なのかを、指摘する。 
24. 個別発表会に向けての準備(3)  個別発表会に向けた準備を行う。適宜、資料整理、パソコンの使用方法についてのアドバイスも行う。 
25. 個別発表会(1)  この回から、個別発表会を行う、1回あたり3人もしくは4人を想定している。発表会の際には、司会担当を決め、しっかりと発表会を行う。聞いている人は、報告者の発表について、感想を紙に書いてもらうことにしている。 
26. 個別発表会(2)  引き続き個別発表会を行う。 
27. 個別発表会(3)  引き続き個別発表会を行う。 
28. 個別発表会(4)  引き続き個別発表会を行う。 
29. 今後の大学での学習について  個別発表会の内容を踏まえ、今後の学習においての指針を与えたい。 
30. まとめ  これまでの内容を整理する。受講者には感想を述べてもらい、さらに今後の抱負についても語ってもらいたい。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜指示する。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 読書術  加藤周一  岩波書店 
2. 河合隼雄自伝 未来への記憶  河合隼雄  新潮文庫 
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
平常点50%、プレゼンテーション等の発表やレポート等の課題提出50%。平常点はゼミでの発言態度、質問頻度、授業への参加状況で総合的に判断する。発表や課題については、授業内で継続的に解説、講評、質問対策等を行う。前期に5回以上欠席の場合、または、後期に5回以上欠席の場合、欠格とし、単位不認定とする。発表当日に無断欠席した場合や課題が未提出の場合も単位不認定とする。 
受講生へのメッセージ
1年生という大事な時期に研究の基礎をしっかりと身につけてほしい。 
参考URL
1. 特になし。   
画像
ファイル
更新日時 2020/02/25 13:27


PAGE TOP