シラバス参照

科目名 基礎ゼミナール 
担当者氏名

伊藤 秀俊

全開講対象学科 経営学部経営学科
経営学部国際経営学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール部門 
備考  



準備学習・事後学習
・授業の前提として,研究テーマについて準備しておくこと。 ・各回の授業計画で指定した範囲のテキストの箇所を事前に読んでおくこと。 ・次回の授業範囲を予習し,専門用語の意味などを理解しておくこと。その上で,授業の復習を行うこと。ゼミで取り扱うテーマを新聞や雑誌を読み事前に疑問点や論点を整理しておくこと。次のゼミまでに最低でも準備・事後学習時間を4時間以上確保すること。 
履修上の留意
毎回,必ず予習してくること。授業の理解度を知るために,質問に答えられるようにしてくること。授業の後に,必ず復習すること。 
授業の概要と目的
本授業はCP3およびDP3に該当する。
本格的な研究となる専門ゼミナールへの準備として,初学者に必要となる「読む」,「調べる」,「考える」,「書く」,「発表する」技術の基礎固めを目的とする。前期は業界研究を主眼において研究する。後期においては,学生みずからがテーマを決定し,調査を行い,発表するという「研究の実習」を行う。毎回ディスカッション等のアクティブラーニングを行う。講義内容を補足し理解を深めるため,適宜,外部講師による講演を実施する場合もある。
(科目ナンバリングコード:経営BB11701、国際BI11801) 
サブタイトル
2年次から始まる専門ゼミナールへの備え 
到達目標
「読む」,「調べる」,「考える」「書く」,「発表する」技術の基礎を固める。ゼミ生全員に,自分で選んだ業界研究のレポートを執筆してもらい,発表してもらう。全員がプレゼン能力の基礎を習得することができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  各自,自己紹介をしたあとで,経営学部は社会科学の一分野であることを前提に,大学とは何を学ぶところかを議論してもらう。5月の1週目から各自,関心のある業界の研究をして,報告してもらうことを周知する。 
2. 大学で学ぶこと 1  各自、大学でどんな勉強をしたいのか,また大学での勉強の目的とは何かなどについて論議する。 
3. 大学で学ぶこと 2  大学と高校との違い,学習と勉強(研究)の違い,大学生として何を目標に生活するのかなどを議論する。 
4. 図書館ツアー  図書館の利用のしかたを学ぶと同時に、資料室のそれも学ぶ。 
5. ディスカッションのテーマ
(その1) 
各自、関心のある業界についてレポートをし、それをめぐって全員でデスカッションを行う。 
6. ディスカッションのテーマ
(その2) 
各自、関心のある業界についてレポートをし、それをめぐって全員でデスカッションを行う。 
7. ディスカッションのテーマ
(その3) 
各自、関心のある業界についてレポートをし、それをめぐって全員でデスカッションを行う。 
8. ディスカッションのテーマ
(その4) 
各自、関心のある業界についてレポートをし、それをめぐって全員でデスカッションを行う。 
9. ディスカッションのテーマ
(その5) 
各自、関心のある業界についてレポートをし、それをめぐって全員でデスカッションを行う。 
10. ディスカッションのテーマ
(その6) 
各自、関心のある業界についてレポートをし、それをめぐって全員でデスカッションを行う。 
11. ディスカッションのテーマ
(その7) 
各自、関心のある業界についてレポートをし、それをめぐって全員でデスカッションを行う。 
12. ディスカッションのテーマ
(その8) 
各自、関心のある業界についてレポートをし、それをめぐって全員でデスカッションを行う。 
13. ディスカッションのテーマ
(その9) 
各自、関心のある業界についてレポートをし、それをめぐって全員でデスカッションを行う。 
14. ディスカッションのテーマ
(その10) 
各自、関心のある業界についてレポートをし、それをめぐって全員でデスカッションを行う。 
15. ディスカッションのテーマ
(その11) 
各自、関心のある業界についてレポートをし、それをめぐって全員でデスカッションを行う。 
16. ディスカッションの希望とその決定  企業社会の諸現象の中から、受講生が希望する論議のテーマを決定し、以下、毎回、同様の方法でディスカッションやコメントを加えて授業を進めていくことにする。各自,テーマを発表し,何故そのテーマとしたかを報告してもらう。 
17. ディスカッションのテーマ
(その1) 
企業社会の諸現象の中から、受講生が希望する論議のテーマを決定し、以下、毎回、同様の方法でディスカッションやコメントを加えて授業を進めていくことにする。 
18. ディスカッションのテーマ
(その2) 
企業社会の諸現象の中から、受講生が希望する論議のテーマを決定し、以下、毎回、同様の方法でディスカッションやコメントを加えて授業を進めていくことにする。 
19. ディスカッションのテーマ
(その3) 
企業社会の諸現象の中から、受講生が希望する論議のテーマを決定し、以下、毎回、同様の方法でディスカッションやコメントを加えて授業を進めていくことにする。 
20. ディスカッションのテーマ
(その4) 
企業社会の諸現象の中から、受講生が希望する論議のテーマを決定し、以下、毎回、同様の方法でディスカッションやコメントを加えて授業を進めていくことにする。 
21. ディスカッションのテーマ
(その5) 
企業社会の諸現象の中から、受講生が希望する論議のテーマを決定し、以下、毎回、同様の方法でディスカッションやコメントを加えて授業を進めていくことにする。 
22. ディスカッションのテーマ
(その6) 
企業社会の諸現象の中から、受講生が希望する論議のテーマを決定し、以下、毎回、同様の方法でディスカッションやコメントを加えて授業を進めていくことにする。 
23. ディスカッションのテーマ
(その7) 
企業社会の諸現象の中から、受講生が希望する論議のテーマを決定し、以下、毎回、同様の方法でディスカッションやコメントを加えて授業を進めていくことにする。 
24. ディスカッションのテーマ
(その8) 
企業社会の諸現象の中から、受講生が希望する論議のテーマを決定し、以下、毎回、同様の方法でディスカッションやコメントを加えて授業を進めていくことにする。 
25. ディスカッションのテーマ
(その9) 
企業社会の諸現象の中から、受講生が希望する論議のテーマを決定し、以下、毎回、同様の方法でディスカッションやコメントを加えて授業を進めていくことにする。 
26. ディスカッションのテーマ
(その10) 
企業社会の諸現象の中から、受講生が希望する論議のテーマを決定し、以下、毎回、同様の方法でディスカッションやコメントを加えて授業を進めていくことにする。 
27. ディスカッションのテーマ
(その11) 
企業社会の諸現象の中から、受講生が希望する論議のテーマを決定し、以下、毎回、同様の方法でディスカッションやコメントを加えて授業を進めていくことにする。 
28. ディスカッションのテーマ
(その12) 
企業社会の諸現象の中から、受講生が希望する論議のテーマを決定し、以下、毎回、同様の方法でディスカッションやコメントを加えて授業を進めていくことにする。 
29. ディスカッションのテーマ
(その13) 
企業社会の諸現象の中から,受講生が希望する論議のテーマを決定し,以下,毎回,同様の方法でディスカッションやコメントを加えて授業を進めていくことにする。 
30. まとめ  1年間の総括を各自行ってもらい,ディスカッションする。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. その都度指示する。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 追って指示する     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
平常点50%,プレゼンテーション等の発表やレポート等の課題提出50%。平常点は,ゼミでの発言頻度,質問頻度,授業への参加状況で総合的に判断する。発表や課題については,授業内で継続的に解説,講評,質問対応等を行う。前期に5回以上欠席の場合,または,後期に5回以上欠席の場合,欠格とし,単位不認定とする。発表担当日に無断欠席した場合や課題が未提出の場合も単位不認定となる。 
受講生へのメッセージ
1年生という大事な時期に研究の基礎をしっかりと身につけてほしい。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/02/25 09:52


PAGE TOP