シラバス参照

科目名 基礎ゼミナール 
担当者氏名

田代 樹彦

全開講対象学科 経営学部経営学科
経営学部国際経営学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール部門 
備考  



準備学習・事後学習
本ゼミナールではグループワークでの取り組みが主体となる。授業後は、毎回、最低4時間程度、各グループで集まり、授業の振り返りと次回授業における発表等の準備に取り組むこと。発表や課題については、授業内で継続的に解説、講評、質問対応等を行う。 
履修上の留意
演習形式で授業を行うため、必ず毎回出席すること。
授業計画については、受講生の興味・関心や理解度等に応じて、受講生に相談の上、一部変更する場合がある。 
授業の概要と目的
本授業はCP3およびDP3に該当する。
本格的な研究となる専門ゼミナールへの準備として、初学者に必要となる“読む”、“調べる”、“考える”、“書く”、“発表する”技術の基礎固めを目的とする。後半においては、学生自らがテーマを決定し、調査を行い、発表するという“研究の実習”を行う。グループワークによるディスカッションとプレゼンテーションを中心とするPBLを行う。発表や課題については、授業内で継続的に解説、講評、質問対応等を行う。講義内容を補足し理解を深めるため、適宜、外部講師による講演を実施する場合もある。
(科目ナンバリングコード:経営BB11701、国際BI11801) 
サブタイトル
2年次から始まる専門ゼミナールへの備え 
到達目標
“読む”、“調べる”、“考える”、“書く”、“発表する”技術の基礎を身につけ、実践することができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  ガイダンス、自己紹介 
2. 図書館ツアー  図書館の利用方法を知ろう 
3. 大学で学ぶこと1  課題とは? ディスカッションとは? FSPの取り組みについて 
4. 1社目企業からの課題提示  企業担当者から課題を受け取る 
5. グループ活動  第1次報告に向けて準備 
6. 1社目企業への第1次報告  第1次報告会、企業担当者からフィードバックを受け取り課題や自分たちの取り組み姿勢について再考する 
7. グループ活動  最終報告に向けて準備 
8. 1社目企業への最終報告・評価  最終報告会、企業担当者からの評価を受け取る 
9. 振り返り・スキル紹介  前半のプロジェクトの振り返り、チーム再編、クリティカル・シンキングについて 
10. 2社目企業からの課題提示  企業担当者から課題を受け取る 
11. グループ活動  第1次報告に向けて準備 
12. 2社目企業への第1次報告  第1次報告会、企業担当者からフィードバックを受け取り課題や自分たちの取り組み姿勢について再考する 
13. グループ活動  最終報告に向けて準備 
14. 2社目企業への最終報告・評価  最終報告会、企業担当者からの評価を受け取る 
15. 全体の振り返り  後半のプロジェクトの振り返り、今後の学びについて考えてみよう 
16. 大学で学ぶこと2  前期の振り返りを行い、今後の学修について考える。社会人基礎力について考える 
17. 専門ゼミの選び方  専門ゼミナール説明会に参加し、ゼミ選択について考える 
18. プレゼンテーションとレポート(1)  分かりやすい説明について考える 
19. プレゼンテーションとレポート(2)  文章例を用いて、文章の推敲に挑戦してみよう 
20. プレゼンテーションとレポート(3)  プレゼンテーションの基礎と実践 
21. Woomax授業1  考える力を高める 
22. Woomax授業2  考える力を高める 
23. Woomax授業3  考える力、伝える力を高める 
24. Woomax授業4  考える力、伝える力を高める 
25. Woomax授業5  考える力、伝える力を高める 
26. 研究テーマを考える  問題発見・問題解決型学習とは何か 
27. 研究を進める(1)  問題解決の方法、資料のまとめ方 
28. 研究を進める(2)  情報を持ち寄って分析しよう 
29. 卒業したらどうするか  働くことの意味について考えてみよう、仕事と自分の関係について考えてみよう 
30. まとめ  社会人基礎力とは、1年間を振り返ってみよう、2年次以降の目標を設定しよう 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. PROJECT SUPPORT NOTEBOOK  ベネッセコーポレーション  ベネッセコーポレーション 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜、紹介する。     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
平常点50%、プレゼンテーション等の発表やレポート等の課題提出50%。平常点は、ゼミでの発言頻度、質問頻度、授業への参加状況で総合的に判断する。発表や課題については、授業内で継続的に解説、講評、質問対応等を行う。前期に5回以上欠席の場合、または、後期に5回以上欠席の場合、欠格とし、単位不認定とする。発表担当日に無断欠席した場合や課題が未提出の場合も単位不認定となる。 
受講生へのメッセージ
1年生という大事な時期に研究の基礎をしっかりと身につけてほしい。 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2020/02/25 10:16


PAGE TOP