シラバス参照

科目名 基礎ゼミナール 
担当者氏名

堀川 新吾

全開講対象学科 経営学部経営学科
経営学部国際経営学科
年次 1年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育部門-ゼミナール部門 
備考  



準備学習・事後学習
 テレビ・新聞・雑誌・インターネット等、メディア・ジャンルを問わず、ありとあらゆるニュースを毎日40分以上(=毎週280分以上)かけてフォローしておくこと。 
履修上の留意
 図書館ツアーは下記計画より時期が前後する可能性がある。 
授業の概要と目的
 本授業はCP3およびDP3に該当する。
 本格的な研究となる専門ゼミナールへの準備として、初学者に必要となる“読む”、“調べる”、“考える”、“書く”、“発表する”技術の基礎固めを目的とする。後半においては、学生自らがテーマを決定し、調査を行い、発表するという“研究の実習”を行う。プレゼンテーション、ディスカッション、ディベートを行うほか、適宜少人数のグループに分かれてグループワークを行う。発表や課題については、授業内で継続的に解説、講評、質問対応等を行う。講義内容を補足し理解を深めるため、適宜、外部講師による講演を実施する場合もある。
(科目ナンバリングコード:経営BB11701、国際BI11801) 
サブタイトル
2年次から始まる専門ゼミナールへの備え 
到達目標
“読む”、“調べる”、“考える”、“書く”、“発表する”技術の基礎を身につけ、実践することができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  ゼミナールの概要 
2. 大学で学ぶこと 1  大学と専門学校等はどのように違うのか 
3. 大学で学ぶこと 2  卒業後の就「業」に向けて学ぶべきこと 
4. 図書館ツアー  大学附属図書館の活用方法を学ぶ 
5. 読む 1  印刷された「本」の読解とインターネットでの情報収集 
6. 読む 2  印刷された「本」の読解とインターネットでの情報収集 
7. 書く 1  自分の考えを論理的に文章化する 
8. 書く 2  自分の考えを論理的に文章化する 
9. 伝える 1  自分の考えをメールなどで伝える電子コミュニケーションの実践 
10. 伝える 2  自分の考えをメールなどで伝える電子コミュニケーションの実践 
11. 練習課題の決定 1  練習課題を決定していく 
12. 練習課題の決定2  練習課題を決定していく 
13. 課題発表  プレゼンテーションを行い、相互に評価する 
14. 課題発表  プレゼンテーションを行い、相互に評価する 
15. 課題発表  プレゼンテーションを行い、相互に評価する 
16. レポート作成法 1  レポートのテーマの選び方と構成 
17. レポート作成法 2  レポートのテーマの選び方と構成 
18. レポートのテーマの選定 1  レポートのテーマを決定していく 
19. レポートのテーマの選定 2  レポートのテーマを決定していく 
20. 資料収集 1  資料収集とグループ討論 
21. 資料収集 2  資料収集とグループ討論 
22. 資料収集 3  資料収集とグループ討論 
23. アウトライン作成 1  レポートのアウトライン作成 
24. アウトライン作成 2  レポートのアウトライン作成 
25. レポート作成 1  レポートの作成と修正 
26. レポート作成 2  レポートの作成と修正 
27. レポート作成 3  レポートの作成と修正 
28. レポート作成 4  レポートの作成と修正 
29. レポート作成 5  レポートの作成と修正 
30. まとめ  レポートのプレゼンテーション 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 大学生の学習テクニック 第3版  森靖雄  大月書店 
2. ※ほか適宜、掲示板にて指示する。     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
 平常点50%、プレゼンテーション等の発表やレポート等の課題提出50%。平常点は、ゼミでの発言頻度、質問頻度、授業への参加状況で総合的に判断する。発表や課題については、授業内で継続的に解説、講評、質問対応等を行う。前期に5回以上欠席の場合、または、後期に5回以上欠席の場合、欠格とし、単位不認定とする。発表担当日に無断欠席した場合や課題が未提出の場合も単位不認定となる。 
受講生へのメッセージ
1年生という大事な時期に研究の基礎をしっかりと身につけてほしい。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/02/25 13:00


PAGE TOP