シラバス参照

科目名 専門演習2 
担当者氏名

平井 亮輔

全開講対象学科 法学部法学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
演習の進捗に応じて次回の講読部分をよく読み、自分なりの意見や疑問を携えて演習に臨み(1時間程度の予習)、演習をふまえて自身の考えを深め(1時間程度の復習)、あわせて、各自の卒業論文のテーマを決定し、卒論の準備・作成に努めること。 
履修上の留意
特になし 
授業の概要と目的
専門演習1に引き続き、法と正義に関する原理的諸問題に関する文献の講読と討論を少人数で積み重ねることで高い思考力を身につけるとともに、専門演習1でのレポートを発展させて、あるいは新たに関心をもったテーマについて卒業論文を完成し、論文集を作成する(科目ナンバリングコード:LL41101)本授業はCP3およびDP1に該当する 
サブタイトル
法と正義をもっと哲学する 
到達目標
法と正義に関して深く考える力と、主体的な学習・研究遂行力を磨く。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. はじめに  演習の進め方について説明し、講読文献の決定などを行う。 
2. 文献講読と討論1  講読文献の該当章について討論を行う。 
3. 文献講読と討論2  講読文献の該当章について討論を行う。。 
4. 文献講読と討論3  講読文献の該当章について討論を行う。 
5. 文献講読と討論4  講読文献の該当章について討論を行う。 
6. 文献講読と討論5  講読文献の該当章について討論を行う。 
7. 文献講読と討論6  講読文献の該当章について討論を行う。 
8. 文献講読と討論7  講読文献の該当章について討論を行う。 
9. 文献講読と討論8  講読文献の該当章について討論を行う。 
10. 文献講読と討論9  講読文献の該当章について討論を行う。 
11. 文献講読と討論10  講読文献の該当章について討論を行う。 
12. 文献講読と討論11  講読文献の該当章について討論を行う。 
13. 文献講読と討論12  講読文献の該当章について討論を行う。 
14. 文献講読と討論13  講読文献の該当章について討論を行う。 
15. 文献講読と討論14  講読文献の該当章について討論を行う。 
16. 卒業論文テーマ発表  各自の卒論のテーマと構想を発表する。 
17. 卒業論文報告1  各自の卒論の進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
18. 卒業論文報告1  各自の卒論の進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
19. 卒業論文報告1  各自の卒論の進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
20. 卒業論文報告2  各自の卒論の進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
21. 卒業論文報告2  各自の卒論の進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
22. 卒業論文報告2  各自の卒論の進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
23. 卒業論文報告3  各自の卒論の進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
24. 卒業論文報告3  各自の卒論の進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
25. 卒業論文報告3  各自の卒論の進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
26. 卒業論文報告4  各自の卒論の進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
27. 卒業論文報告4  各自の卒論の進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
28. 卒業論文報告4  各自のレポートの進捗状況を中間報告し、互いに討論する。 
29. 卒業論文発表会  各自の卒論を提出・発表し、互いに講評する。 
30. 卒業論文発表会  各自の卒論を提出・発表し、互いに講評する。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 問いかける法哲学  瀧川裕英編  法律文化社 
2. その他相談の上で決める     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 適宜紹介する。     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
演習への参加と参加姿勢、分担報告、討論での発言を総合した平常点(50%)と卒業論文(50%)により評価する。卒業論文を提出しない場合は欠格とする。 
受講生へのメッセージ
学生生活の集大成として卒業論文に取り組んでみませんか。 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2020/03/11 16:05


PAGE TOP