シラバス参照

科目名 専門演習2 
担当者氏名

長谷川 乃理

全開講対象学科 法学部法学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
3年生の時のゼミでの経験を活かし、「活字になっているものをそのまま鵜呑みにしない」「考える癖をつける」努力を怠らないでください。週に2~3日、都度1時間程度をかけて、新聞記事を(できれば数紙を比較しながら)読み、当該企業のHP等をチェックするようにしてください。


最終レポートについては、適宜解説と評価方法についての説明を行います。 
履修上の留意
原則として、3年次の専門演習から継続して履修する方を対象とします。 
授業の概要と目的
前期:新聞記事などから商法・会社法に関するものを選び、分析する

後期:現在進行形で問題となっている論点とは何かを考え、理由も含めた立法提案を行う

(科目ナンバリングコード:LL41101)本授業はCP3およびDP1に該当する 
サブタイトル
企業法(商法・会社法) 
到達目標
企業をめぐる法的紛争の実態を捉え、その問題点を明らかにできる。

単なる問題の指摘ではなく、改善案を提示することができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス  ゼミの進め方についての相談、成績評価の方法 
2. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  会社法に関する近時の話題を探し、分析する1 
3. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  会社法に関する近時の話題を探し、分析する2 
4. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  会社法に関する近時の話題を探し、分析する3 
5. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  会社法に関する近時の話題を探し、分析する4 
6. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  会社法に関する近時の話題を探し、分析する5 
7. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  会社法に関する近時の話題を探し、分析する6 
8. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  会社法に関する近時の話題を探し、分析する7 
9. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  会社法に関する近時の話題を探し、分析する8 
10. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  会社法に関する近時の話題を探し、分析する9 
11. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  会社法に関する近時の話題を探し、分析する10 
12. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  会社法に関する近時の話題を探し、分析する11 
13. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  会社法に関する近時の話題を探し、分析する12 
14. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  会社法に関する近時の話題を探し、分析する13 
15. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  会社法に関する近時の話題を探し、分析する14 
16. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  新しい会社法の条文をつくる1 
17. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  新しい会社法の条文をつくる2 
18. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  新しい会社法の条文をつくる3 
19. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  新しい会社法の条文をつくる4 
20. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  新しい会社法の条文をつくる5 
21. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  新しい会社法の条文をつくる6 
22. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  新しい会社法の条文をつくる7 
23. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  新しい会社法の条文をつくる8 
24. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  新しい会社法の条文をつくる9 
25. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  新しい会社法の条文をつくる10 
26. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  新しい会社法の条文をつくる11 
27. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  新しい会社法の条文をつくる12 
28. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  新しい会社法の条文をつくる13 
29. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  新しい会社法の条文をつくる14 
30. 第2回目以降は、ガイダンスでの話し合いにより決定します。  新しい会社法の条文をつくる15 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 会社法  中東正文他  有斐閣 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
演習形式 
成績評価方法及び評価基準
報告(内容・方法)70%と、授業における発言・質問30%とで総合的に判断します。

なお、欠席5回で欠格とします。 
受講生へのメッセージ
初回のゼミのときにお話しします。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/03/11 16:04


PAGE TOP