シラバス参照

科目名 専門演習2 
担当者氏名

菊地 秀典

全開講対象学科 法学部法学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
演習前にこれまで民法科目で使用したテキストをよく読んでおく必要がある。自分の担当回には選択したテーマについて教員の指示する他の文献にもあたってレジメを作成する必要がある。演習後の早い段階で復習を行って学習した内容について反復整理をすると効果的である。 
履修上の留意
専門演習1に引き続き民法(財産法)判例を検討する。遅刻、無断欠席をしないこと。 
授業の概要と目的
ゼミ参加者は各自の興味等により教員が用意したテーマ一覧から各自が担当するテーマを選択する。選択したテーマについて充分な学習をしたうえでレジメを作成しゼミにおいて研究報告をする。報告者でない者も当該テーマについて予習をしたうえでゼミに参加する。ゼミにおいては、報告者の報告の後、それをもとに全員で議論をする。

教員は適宜、基本的事項の確認と整理を行う。報告者の理解の不正確な点やあいまいな点について指摘し指導する。(科目ナンバリングコード:LL41101)本授業はCP3およびDP1に該当する 
サブタイトル
民法(財産法)の重要問題について理解を深める。 
到達目標
民法財産法における主要な論点について理解を深める。理解したことを書面と口頭で表現して他者へ伝え議論をする能力を身に付ける。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス等  自己紹介をしてもらう。テーマ一覧を配布する。授業の進め方について説明する。 
2. 各人の担当を決定、レジメの作り方等  ゼミで取り上げるテーマについて教員から説明し、各人の希望により担当テーマを決定する。その後、事前学習の仕方、資料検索の方法、レジメのまとめ方等について話す。 
3. 予備  事前学習の仕方、資料検索の方法、レジメのまとめ方等について補足する。図書館のデータベースのなかのLEX/DBや法律文献総合INDEXの利用の仕方等について説明する。 
4. 報告1  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
5. 報告2  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
6. 報告3  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
7. 報告4  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
8. 報告5  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
9. 報告6  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
10. 報告7  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
11. 報告8  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
12. 報告9  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
13. 報告10  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
14. 報告11  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
15. 報告12  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
16. 報告13  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
17. 報告14  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
18. 報告15  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
19. 報告16  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
20. 報告17  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
21. 報告18  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
22. 報告19  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
23. 報告20  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
24. 報告21  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
25. 報告22  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
26. 報告23  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
27. 報告24  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
28. 報告25  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
29. 報告26  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
30. 報告27  担当者からの報告の後、教員の質問に対して報告者が答える。その後、全員で討論する。教員が議論を整理して解説を加える。 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 民法科目の授業で使用したテキスト     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 授業で指示する。     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
報告内容とレジメのでき80%、授業態度等平常点20% 
受講生へのメッセージ
資格試験・公務員試験等を受験する場合に民法は避けて通れない科目である。楽に済ませる方法はないかなどと考えないで、覚悟を決めて地道な努力を継続してもらいたい。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/03/11 16:00


PAGE TOP