シラバス参照

科目名 専門演習2 
担当者氏名

野上 博義

全開講対象学科 法学部法学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
配布されたテキストの内、その週に取り上げる部分を読んでくること。特に読み上げを担当する者は、漢字を調べ、内容を理解した上で、務めを果たすこと。そして日常的に世界、特にヨーロッパの出来事に注意を払い、授業で学んだことを肉付けするように努めること。

授業の最後に、勉強だけではなく、大学生活や就職活動を含めた、4年間の総括をレポートにまとめてもらうが、その感想については、研究室で個別に語り合うことになる。 
履修上の留意
3年次に専門演習Ⅰ(西洋法制史)を受講した者に限る。 
授業の概要と目的
第二次世界大戦直後、「ヨーロッパ」が胎動を始めた時代、フランスの歴史家リュシアン・フェーヴルが行った連続講義「『ヨーロッパ』とは何か?」を学ぶ。講義は28回、各回が本にして15頁ほどであり、一部抜けている部分があるが、一回が90分、30回のこの演習にぴったり収まる分量になっている。まず講義に接し、次いでそのテーマについて語り合うことになる。(科目ナンバリングコード:LL41101)本授業はCP3およびDP1に該当する 
サブタイトル
「ヨーロッパ」の歴史を学び、現在のEU(ヨーロッパ連合)の姿に触れながら、「ヨーロッパ」と世界の未来を考える。 
到達目標
大学での最後の1年、さらに認識を深め、視野を広げ、知的に飛翔すること、そして大学生活を締めくくること。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. コレージュ・ド・フランスにおけるリュシアン・フェーヴルの連続講義  講義の概要とリュシアン・フェーヴル教授の紹介 
2. ブリジット・マゾンによる序文  手書きのノートに始まるこの書物の時代的役割 
3. 第1課  概論-「ヨーロッパ」の定義 
4. 第2課  いかにして「ヨーロッパ」は命名されたか 
5. 第3課  ヨーロッパ、ヘレニズム、地中海 
6. 第4課  ヨーロッパ、ローマ帝国、地中海 
7. 第5課  ローマ帝国の滅亡とヨーロッパの出現 
8. 第6課  フランク王国(カロリング朝)-ヨーロッパの予示 
9. 第7課  前課の続き-カール大帝とカロリング帝国 
10. 第8課  ヨーロッパ、その萌芽-カロリング帝国 
11. 第9課  ヨーロッパとキリスト教世界 
12. 第10課  ヨーロッパと封建制 
13. 第11課  ヨーロッパと経済復興 
14. 第12課  ヨーロッパと経済復興-金貨の歴史 
15. 第13課  東方に対するヨーロッパの劣等感とその払拭 
16. 第18課(第14課から17課までは抜け落ちている)  16世紀とヨーロッパ 
17. 第19課  キリスト教を理念とするヨーロッパの世界制覇 
18. 第20課  16世紀末から17世紀のヨーロッパ 
19. 第21課  18世紀のヨーロッパ 
20. 第22課  『法の精神』とヨーロッパ 
21. 第23課  革命-ヨーロッパという幻想と、「国民」の衝突、そして沈没するヨーロッパ 
22. 第24課  ナポレオンとヨーロッパ 
23. 第25課  もうひとつの暗礁、「民族」 
24. 第26課  妄想としてのヨーロッパ 
25. 第28課(第27課は抜け落ち)  結論-ヨーロッパを作り上げることの可能性 
26. 付録1  避けることのできない問題、すなわち、2つの世界大戦とヨーロッパ 
27. 付録2  フェーヴルの講義に対する批判的考察 
28. 現在のヨーロッパを考える(1)  「ヨーロッパ連合EU」の歴史と現状 
29. 現在のヨーロッパを考える(2)  「ヨーロッパ連合EU」の未来を考える 
30. 総括  卒業演習レポートの準備 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. ヨーロッパとは何か?  リュシアン・フェーヴル  刀水書房 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
平常点(授業態度)が50%、年度末のレポートが50%。 
受講生へのメッセージ
特になし 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2019/12/27 16:31


PAGE TOP