シラバス参照

科目名 専門演習2 
担当者氏名

北見 宏介

全開講対象学科 法学部法学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
報告の担当に際しては、十分な準備を行うこと。また、世の中で、行政が介在している場面に意識を向けること。 
履修上の留意
就職活動等でやむを得ず欠席する場合には必ず連絡をすること 
授業の概要と目的
自ら発見し、設定した問題について、調査・検討したものを発表し、他の参加者との議論をしてもらうことを数ヶ月の間に複数回行う。これを通じて自らの問題意識を洗練化し、年度の終わりには、問題に対するその時点での自身の見解を論文として提示してもらう。(科目ナンバリングコード:LL41101)本授業はCP3およびDP1に該当する 
サブタイトル
特になし 
到達目標
批判的視点から参加者自身が設定した問題に対し、諸文献や他の参加者との議論等を通じて得られた自分なりの視座に基づく問題に対する回答を、一定の様式(学術論文とほぼ同様の体裁)で示すことを目標とする。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. ガイダンス(1)  年間スケジュールの検討、報告内容案の提示、報告グループの決定、報告順の決定 
2. ガイダンス(2)  前期報告内容の検討 
3. ガイダンス(3)  前期報告内容の決定、論文作成の説明(1) 
4. 報告(1)  報告(1) 
5. 報告(2)  報告(2) 
6. 報告(3)  報告(3) 
7. 報告(4)  報告(4) 
8. 報告(5)  報告(5) 
9. 報告(6)  報告(6) 
10. 報告(7)  報告(7) 
11. 報告(8)  報告(8) 
12. 報告(9)  報告(9) 
13. 報告(10)  報告(10) 
14. 後期テーマの検討  テーマ案の提示、関連参考文献の提示、後期報告順の決定 
15. 後期テーマ決定  後期テーマの決定、論文作成の説明(2) 
16. 報告(11)  報告(11) 
17. 報告(12)  報告(12) 
18. 報告(13)  報告(13) 
19. 報告(14)  報告(14) 
20. 報告(15)  報告(15) 
21. 報告(16)  報告(16) 
22. 報告(17)  報告(17) 
23. 報告(18)  報告(18) 
24. 報告(19)  報告(19) 
25. 報告(20)  報告(20) 
26. 報告(21)  報告(21) 
27. 報告(22)  報告(22) 
28. 論文作成に関する説明(3)  論文の構成・形式に関する説明(3) 
29. 予備(1)  ※日程の中で、図書館ガイダンスを1回(あるいは2回)受講することを予定している(すでに、専門演習で受講している者も含む) 
30. 予備(2)  ※論文の形式・各種執筆に関する基礎的な知識については、各報告の様子、テーマに応じて補足を行う(これが1回分) 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 特になし     
授業方法の形式
ゼミ形式 
成績評価方法及び評価基準
論文による(100%)。 
受講生へのメッセージ
批判的精神を持ってゼミに参加してもらうことを希望する。自己の経験からは、ゼミというのは相当のエネルギーを要するけれども、その分だけ、得るものも多いと思う。とりわけ忙しい4年生にとってはそうであると思う。 
参考URL
1. 特になし   
画像
ファイル
更新日時 2020/01/25 18:48


PAGE TOP