シラバス参照

科目名 専門演習2 
担当者氏名

松田 真治

全開講対象学科 法学部法学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
卒業論文の執筆に向けた準備を行う。

報告や成果物に対して、適宜コメントを行う。 
履修上の留意
教科書・参考書は、学生により異なるので、掲載しない。 
授業の概要と目的
 本演習は、3年次に決めたテーマについて研究活動を行い、報告とコメントを繰り返して、最終的に卒業論文を書き上げることを目的とする。

 なお、授業計画上は、報告を毎回するかの如くであるが、受講者が少ないので、読みたいけど一人で読むのは難しい文献を一緒に読んでいきたいのであれば、ゼミの時間を利用してもらって構わない。各人の研究に必要な行為には柔軟に対応する。(科目ナンバリングコード:LL41101)本授業はCP3およびDP1に該当する 
サブタイトル
商取引法ゼミ 
到達目標
自分の設定したテーマについて、調べ、まとめることができる。 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. イントロダクション  研究テーマの確認 
2. 研究計画の報告  研究計画の内容を報告する。 
3. 報告1  進捗の報告と相談 
4. 報告2  進捗の報告と相談 
5. 報告3  進捗の報告と相談 
6. 報告4  進捗の報告と相談 
7. 報告5  進捗の報告と相談 
8. 報告6  進捗の報告と相談 
9. 報告7  進捗の報告と相談 
10. 中間報告に向けた準備1  プレゼンテーションを意識したペーパーを作り、学生間で見せ合う 
11. 中間報告に向けた準備2  プレゼンテーションを意識したペーパーを作り、学生間で見せ合う 
12. 中間報告に向けた準備3  プレゼンテーションを意識したペーパーを作り、学生間で見せ合う 
13. 中間報告1  学生が報告を行い、他の学生と担当者が質問を行う。 
14. 中間報告2  学生が報告を行い、他の学生と担当者が質問を行う。 
15. 前期まとめ  中間報告を経て、今後の方向性を確認する。 
16. 後期の予定確認と進捗確認  後期のスケジュールを説明する。また、中間報告後の進捗を確認する。 
17. 中間報告の再確認  夏休みをはさむと、(書いた内容を若干忘れるから)、自分の書いたものを客観視できるようになるであろう。その意味で、もう一度確認することは、見直しの契機となる。 
18. 論文執筆1  成果物の作成を行い、相談を行う。 
19. 論文執筆2  成果物の作成を行い、相談を行う。 
20. 論文執筆3  成果物の作成を行い、相談を行う。 
21. 論文執筆4  成果物の作成を行い、相談を行う。 
22. 論文(仮)提出  この時点での成果物を担当者が読んで指摘を行う。 
23. 論文修正1  修正したものを担当者に見せて、調整する。 
24. 論文修正2  修正したものを担当者に見せて、調整する。 
25. 論文修正3  修正したものを担当者に見せて、調整する。 
26. 最終報告準備1  プレゼンテーションを意識したペーパーを作り、学生間で見せ合う 
27. 最終報告準備2  プレゼンテーションを意識したペーパーを作り、学生間で見せ合う。 
28. 最終報告1  自己の研究テーマについて、最終的な報告を行う。 
29. 最終報告2  自己の研究テーマについて、最終的な報告を行う。 
30. まとめ  全体的な講評を行う。 
テキスト
参考文献
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
到達目標を達成したかどうかは、報告(50%)と卒業論文(50%)という成果物で評価する。 
受講生へのメッセージ
自分のしたことに誇りをもてるようにしてください。 
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/01/24 18:52


PAGE TOP