シラバス参照

科目名 専門演習2 
担当者氏名

近藤 敦

全開講対象学科 法学部法学科
年次 4年次 
クラス  
講義学期 通年 
単位数
必選区分  
学期・曜日・時限  
部門 専門教育科目-演習部門 
備考 学生便覧に基づき全体として講義時間の2倍程度の事前・事後学習が必要です 



準備学習・事後学習
専門演習のときに選択したテーマについてあらかじめ新たな文献を調べておくこと。授業後に文献を調べ、論文を執筆する。課題については、適宜、質問を受けつける。 
履修上の留意
原則として専門演習からの継続履修。憲法1と国際人権法が関連科目です。 
授業の概要と目的
専門演習で調べた憲法に関する各自のテーマをさらに発展させることを目的とし、社会と人間に対する原理的考察力を修得する。(科目ナンバリングコード:LL41101)本授業はCP3およびDP1に該当する 
サブタイトル
到達目標
卒業論文の完成 
授業計画
【項目欄】 【内容欄】
1. 卒業演習の進め方  各ゼミ生の論集テーマの決定、報告の順番等の決定。 
2. 卒業演習の進め方  1回目と同じ。 
3. 各個別報告1  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
4. 各個別報告2  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
5. 各個別報告3  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
6. 各個別報告4  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
7. 各個別報告5  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
8. 各個別報告6  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
9. 各個別報告7  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
10. 各個別報告8  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
11. 各個別報告9  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
12. 各個別報告10  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
13. 各個別報告11  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
14. 各個別報告12  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
15. 各個別報告13  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
16. 各個別報告14  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
17. 各個別報告15  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
18. 各個別報告16  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
19. 各個別報告17  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
20. 各個別報告18  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
21. 各個別報告19  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
22. 各個別報告20  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
23. 各個別報告21  各ゼミ生があらかじめ決めた論集のテーマを報告、討論、資料の追加等のアドバイス 
24. 論集作成の打ち合わせ1  校正・再提出のスケジュール 
25. 論集作成の打ち合わせ2  校正・再提出のスケジュール 
26. 論集作成の打ち合わせ3  校正・再提出のスケジュール 
27. 論集作成の打ち合わせ4  校正・再提出のスケジュール 
28. 論集作成の打ち合わせ5  校正・再提出のスケジュール 
29. 論集作成の打ち合わせ6  校正・再提出のスケジュール 
30. 反省会  出版完成の反省会 
テキスト
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 『人権法』(第2版)  近藤敦  日本評論社 
参考文献
【書籍名】 【著者】 【出版社】
1. 憲法判例百選1  芦部ほか  有斐閣 
授業方法の形式
演習 
成績評価方法及び評価基準
発表と(50%)論文(50%) 
受講生へのメッセージ
参考URL
画像
ファイル
更新日時 2020/03/11 15:08


PAGE TOP